世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。なお、このブログ内の画像の無断転載は禁止とさせていただきます。

#290 京都で『たぬきうどん』を食べてみた。(2021.3)

京都でうどんを食べるまで、油揚げが載った『きつねうどん』に対して、『たぬきうどん』には天かすが載っていると言うのが私の常識でした。だが、しかし!京都では違うんですよ!!今回はそのことについて書きます。 そもそも、なぜきつねとたぬきなのか? …

#289 スーパーホテル京都四条河原町に泊まってみた。(2021.3)

すみません。ずっと旅ブログを放置してました。 生きてます。笑 京都旅行で利用した宿について途中まで書いたものの、何かイマイチ面白くないためボツにしようかと思いつつ放置すること早3か月…。うーん、確かに面白くないのは変わらないのですが、もしかし…

#288 ヨーロッパ大陸最西端に行ってみた。(2016.7)

ヨーロッパ最西端のロカ岬はポルトガルにあります。ここに行こうとした理由はバックパッカーのバイブルである、沢木耕太郎さん著の「深夜特急」がきっかけでした。沢木さん扮する「私」がニューデリーからロンドンを乗り合いバスで旅する途中でポルトガルに…

#287 リスボン観光をしてみた。(2016.7)

今回はポルトガルの首都、リスボンについて紹介します。リスボンはA Cidade das Sete Colinas(七つの丘の街)と呼ばれるほど坂道だらけなのです。下り道は平気だけども、バックパックを背負って上り坂を歩く時は修行のようでした。笑 さて、そんなリスボン…

#286 日本からポルトガルまで移動してみた。(2016.7)

前回、ヨーロッパ最北端のノールカップ(ノルウェー)に行った話を書いたのですが、その際にヨーロッパ最西端に行った時のことを書いていなかったことが判明しました。まだまだ海外に行けそうにないので、今後もこうやって過去の海外旅行話をボチボチ書いて…

#285 ヨーロッパ大陸最北端に行ってみた。(2009.8)

フィンランドで撮った写真の膨大なる写真データがこちらのミスで消えてしまったため、今回の記事は写真が少なめです。フィンランドではヘルシンキを中心に4日ほど過ごしました。『かもめ食堂(群ようこ作)』の舞台であるカフェ スオミ(=Cafe Suomi。日本人…

#284 ノーベル博物館に行ってみた。(2009.8)

2009年のデンマーク旅行の次の行き先はスウェーデンです。以降の北欧写真のデータは保存ミスによりほぼ消えてしまったため、書くのをためらいましたが、旅の備忘録としてSNS上にわずかに残っている写真を使って記事を書こうと思います。写真が少なくてすみま…

#283 サルミアッキを食べてみた。(2009.8)

サルミアッキ(Salmiakki)はフィンランド人の愛するグミキャンディーです。フィンランドの国民食なのでスーパーで普通に売られています。なので、お土産としてすぐに手に入ります。値段も1ユーロ(≒2009年8月当時で130円。今は物価が上がってるかも…)な…

#282 デンマークで初めてmixドミトリーに泊まってみた。(2009.8)

最近はもっぱら国内旅行についての記事を書いてましたが書きたいことはとりあえず書き終えたため、今回はチェコ旅行の後に訪れたデンマーク旅行について書きます。(#266の続きです) 今から10年以上前の旅行ですが、旅の記録として今更ながら残します。元々、…

#281 『安藤昇の世界』を覗いてみた。(2021.1.22)

本日、『安藤昇の世界』と言う作品展に行ってきたので緊急投稿です!笑 安藤昇さんは愛知県出身のアールブリュットアーティストで、障害者支援施設で陶芸やちぎり絵の制作をしている方です。 ※同姓同名で道を極めた方がいらっしゃいますが別人です。汗 これ…

#280 ドーミーインに泊まってみた。(2021.1)

ドーミーインは、日本全国にあるホテルチェーンで、コンセプトは「快適に、シンプルに、住むホテル」だそうです。今月初め(緊急事態宣言発令寸前)に三重県のドーミーイン津を利用したのですが、かなり快適だったのでここでも皆様にオススメしたいと思いま…

#279 京都駅前の激安宿を利用してみた。(2020.11)

天橋立旅行編ラストは、Kさんと合流する前に前泊した京都駅から徒歩圏内にある激安オススメ宿について書きたいと思います。天橋立に行く前の話なので、時系列としては逆になってしまいますが、やっぱりどうしても書きたいので。笑 その名は京舞イン。『きょ…

#278 天橋立で松葉ガニを堪能してみた。(2020.11)

松葉ガニとは山陰地方で捕れた雄のズワイガニの名称であり、タラバガニや毛ガニ等と比べると確かに松葉のように細長い手足を持ったカニです。ちなみに今調べたところ、「ズワイ」と言う言葉も、細い木の枝を表す古語の「楚(すわえ)」が由来のようですね。 …

#277 傘松公園で股のぞきをしてみた。(2020.11)

『股のぞき』は天橋立の名物であり、天橋立北側の傘松公園ですることができます。お立ち台に立ち、股から覗く天橋立は竜が昇っているように見えることから、傘松公園からの景観は昇龍観と呼ばれています。 股のぞきがやりたくて、傘松公園までやってしました…

#276 傘松公園までリフトで移動してみた。(2020.11)

モーターボートで天橋立の南側から北側まで移動した私たちが次に目指すところは府中駅です。 府中駅では、傘松公園までのリフトとケーブルカーに乗ることができるのです。 リフトもケーブルカーも値段が一緒のため共通券を購入することになるのですが、1時…

#275 天橋立をモーターボートで渡ってみた。(2020.11)

京都府宮津市の観光名所である天橋立は松島(宮城県)と宮島(広島県)と共に日本三景に選ばれています。 私は2012年8月に松島を、 2016年3月に宮島には訪れたことがあるのですが、 天橋立は行く機会がないまま令和を迎えてしまいました。以前来日…

#274 京都市内⇔天橋立を移動してみた。(2020.11)

天橋立は京都府宮津市にあり、『股のぞき』で有名な観光名所です。日本海に面しているため、冬は松葉ガニ(=ズワイガニ)が名物となり、カニ好きが集まるのです。もちろん、私もその一人なのですが。笑 これから何回かに分けて天橋立について書こうと思うの…

#273 東寺の弘法市に行ってみた。(2020.11.21)

京都の東寺では、毎月21日に弘法市が行われているのをご存知でしょうか?私は最近まで知らなかったのですが、京都に詳しい方に旅行日を告げたところ、21日に京都にいるなら行ってみては?と薦められたのです。と言うことで、2020年の11月21日(三連休の初日)…

#272 高山で飛騨牛を堪能してみた。(2020.10)

少し前に、高山市にある山下清原画展について書いたと思うのですが、その前に飛騨牛を堪能してきたので、その時のことについて書こうと思います。 なお、私は東海地方に住んでいるのですが、小中学生の頃に親と一緒にユニー(スーパーマーケットで、今ではピ…

#271 約20年ぶりにうるし美術博物館に行ってみた。(2020.9)

うるし美術博物館は福島県の喜多方市にあります。実は、福島県を訪れるのは高校の修学旅行以来でして、かれこれ約20年以上ぶりの再訪なのです。喜多方ラーメンを食べるために喜多方を訪れることは何となく決めていたので、修学旅行当時のスナップ写真を懐か…

#270 喜多方ラーメンを食べてみた。(2020.9)

喜多方ラーメンは日本の三大ラーメンの1つで、太くて平たい麺が特徴です。(ちなみに、画像の地図からわかる通り、残り2つの三大ラーメンは札幌と博多ラーメンです。) 高校の修学旅行で喜多方に行った時にも、『まこと食堂』で喜多方ラーメンを食べました…

#269 諸橋近代美術館に行ってみた。(2020.9)

諸橋近代美術館は福島県北塩原村にある私設美術館で、サルバドール・ダリの作品収蔵数は世界有数(世界第4位で、スペイン以外ではアメリカに次いで第2位)なんだとか。まるで迎賓館のような美しい美術館は昨年創立20年を迎えたとは思えないほどです。 https:…

#268 郡山で廻らない寿司屋に行ってみた。(2020.9)

郡山でシースーを喰らいました。 9月初めに、福島県に行ってきましたので、その時のことを書こうと思います。愛知から福島は遠いように思えますが、新幹線を利用すればわずか3時間で行くことができます。私も行ってみてビックリしたのですが、意外に近いん…

#267 続・山下清原画展に行ってみた。(2020.9)

昨年末に湯布院の山下清原画展に行って以来、清画伯の作品に魅了されてしまった私なのですが、実は岐阜県高山市にも山下清原画展があるのです。ずっと行きたかったのですが、コロナ云々もあったりでなかなか行けず、最近ようやく念願の訪問が叶いましたので…

#266 チェスキー・クルムロフに行ってみた。(2009.8)

チェコ2日目はチェスキー・クルムロフという街に行ってきました。 首都プラハがポーランド寄りであるのに対し、チェスキー・クルムロフはプラハから南へ、 オーストリアとの国境付近に位置します。 日本ではマイナーな観光地ですが、街全体が世界遺産に登録…

#265 チェコで1000円コンサートに行ってみた。(2009.8)

プラハでクラッシックのコンサートに行ったので、その時のことを今回は書きます。 気がつけば4時半。お城近辺に何時間いたんだろうか?笑 で、カレル橋の方に戻ろうとすると、コンサートのチラシがちらほら配られていました。1枚目は4曲のパイプオルガン…

#264 プラハ城に行ってみた。(2009.8)

プラハ城は、高台におびえており、ヴルタヴァ川(=モルダウ川)からだと、オレンジ屋根群の頂にあります。 前回書いた通り、像の立ち並ぶカレル橋を渡り、プラハ城に行きました。 その途中で、日本を出てからまだ数日ですが、醤油が恋しくなったので、中華…

#263 プラハのカレル橋を歩いてみた。(2009.8)

2009年の8月に、チェコ旅行に行った時のことをまだ書いてなかったので何回かに分けて書こうと思います。あれからもう10年半経過していることにビックリ。当時の記憶やSNSに残っている日記を参考に書きます。ずっと書きたかったのですが、いつも遠回しにして…

#262 インドのカースト制度について思うこと。

カースト制度とはヒンドゥー教における身分制度のことで、インドではジャーティとかヴァルナと呼ばれ、後述する4つの階級に分けられますが、その中でも細分化されており、同じ階級内でも身分の上下があるようです。細かく分けると、その階級の数は3000とも…

#261 愛すべきインドのあるあるをまとめてみた。笑 (後編)

♪インドあるあるを 言いたーい♪ ♪インド あるある~♪(RG風) …すみません。笑 前回に続き、インドあるあるについて書きます。今回も、インドを訪れたことのある方なら、頷いていただけると思います。笑 その前に、今回も笑えるインドの写真をどうぞ。このタク…