世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#265 チェコで1000円コンサートに行ってみた。(2009.8)

f:id:mura306:20200604214236j:plain

プラハでクラッシックのコンサートに行ったので、その時のことを今回は書きます。

 

 

f:id:mura306:20200527095147j:plain

気がつけば4時半。お城近辺に何時間いたんだろうか?笑

で、カレル橋の方に戻ろうとすると、コンサートのチラシがちらほら配られていました。1枚目は4曲のパイプオルガンコンサートでした。しかし、知っている曲がなくて、イマイチピンと来なかったのです。

 

 

f:id:mura306:20200620213701j:plain

もう少し歩いたら、2枚目のチラシをゲットしました。それはバイオリンのコンサートで、15曲くらいのセットリストを見ると、知っている曲が半分くらいでした。てことで、その場でチケット購入。 開演時間までスタバで時間を潰し、いざ会場へ。

 

  

 

f:id:mura306:20200418122035j:plain
5名の演奏者でのクインテッド演奏でした。1曲目はモーツァルトのLittle Night Musicで、私の中で一気にテンションが上がりました。プロの生演奏は本当に迫力があります。他には、トロイメライ美しく青きドナウ、天国と地獄を演奏してくれ、最後のアンコールがハンガリー舞曲でした。

 

 

f:id:mura306:20200604212951j:plain

あっという間の1時間で、思わずCDまで買ってしまいました。笑

 

 

なお、ドレスコードのないカジュアルなコンサートなのですが、チェコ人はドレスなどで着飾っていて、大変素敵でした。まぁ、カジュアルな恰好でも浮くことはないので全然大丈夫でしたよ。ドレスで着飾るチェコ美女は本当に美しかったです。

 

 

f:id:mura306:20200604213450j:plain

その後、夕食は1人でチェコ料理のレストランへ行き、チェコ料理を初体験。

 

 

f:id:mura306:20200604213354j:plain

単品をいくつか頼み、約6000円ほどの高級ディナーでしたが、チェコ料理、ウマイんです。こちらは牛肉のグラーシュ。元々はハンガリー料理のグヤーシュかな?ビーフシチューですね。大好きな味で、1人でウマイ、ウマイと小声でつぶやきながら食べました。

 

 

f:id:mura306:20200604213546j:plain

最後にはスイーツも注文。スタッフのお兄さん(なぜか、ボブサップみたいな黒人)もいい人で、私が1人だからか、気さくに話しかけてきてくれたのも嬉しかったです。

 

 

f:id:mura306:20200620214418j:plain

個人的には、酸味の強いポーランド料理はあまり口に合わなかったので、チェコでおいしい料理に出会えたのは本当にありがたかった!!なお、今気付いたのですが、このレストランの店名がMUCHA(ミュシャで、絵もありますね。笑

 

 

f:id:mura306:20200620214652j:plain

そうこうしてるうちに、20:00になりました。やっと暗くなったって時刻です。 旧市街に行ったら、ライトアップされた夜景がきれいでした。 昼間に見た風景なのに、全然違って見えました。

 

 

f:id:mura306:20200620214833j:plain

この天文時計は旧市庁舎塔の下部にあり、2つの円が並んでいるのがユニークです。感想を言うならば、時間が読めねーーー。笑

それもそのはず、上の円は太陽と月などの動きと共に、年月日と時刻を表しているようです。この写真は2009年8月7日午後6時45分頃に撮ったと思うのですが、読めねーーー !

 

 

f:id:mura306:20200620215419j:plain

下は黄道12宮と農村における式の作業を描いた暦で、一日に1目盛り動くらしいです。

 

 

f:id:mura306:20200620220512j:plain

翌日は、チェスキークルムロフに日帰りで行ってきました。そのことは次回書きます。

#264 プラハ城に行ってみた。(2009.8)

f:id:mura306:20200614105437j:plain

プラハは、高台におびえており、ヴルタヴァ川(=モルダウ川)からだと、オレンジ屋根群の頂にあります。

 

 

f:id:mura306:20200620205059j:plain

前回書いた通り、像の立ち並ぶカレル橋を渡り、プラハ城に行きました。

 

 

f:id:mura306:20200614105514j:plain

その途中で、日本を出てからまだ数日ですが、醤油が恋しくなったので、中華料理屋に行って焼きそばをいただきました。

 

 

f:id:mura306:20200614110939j:plain

えぇ、京都飯店と言う名のお店で。笑

 

 

f:id:mura306:20200620205030j:plain

満腹になったところで、マラー・ストラナ広場に着きました。後述しますが、この広場では、コンサートを楽しむことができました。

 

 

f:id:mura306:20200620205512j:plain

マラー・ストラナ広場からプラハ城はもうすぐなのですが、上り坂を上っていかなければいけません。

 

 

f:id:mura306:20200620205850j:plain

途中でマスクを売っているお店がいくつかありました。なぜか、チェコではこのようなマスクがやたらと売られています。笑

 

f:id:mura306:20200620210157j:plain

坂を上りきると、先ほどまで自分がいた東岸の景色が突然現れました。突然現れた絶景に感動しました。

 

 

f:id:mura306:20200620210319j:plain

ようやくプラハ城の入口に到着しました。プラハ城は9世紀半ばに建築が始まり、現在のような姿になったのは14世紀のカレル4世の頃のようです。プラハ城とひとくくりにする中には、王宮だけでなく教会や美術館、修道院、果ては大統領府まで敷地内にあります。そのため、チケットも全ての建築物に入れるものから、1つの建築物に絞られたものまであります。

 

 

f:id:mura306:20200620210839j:plain

プラハ城内には、衛兵さんの姿も。

 

 

f:id:mura306:20200620211125j:plain

交代式は毎正時に行われています。某歩き方によると、プラハ城の衛兵は美形が多いと評判らしいです。笑 

 

 

f:id:mura306:20200614111037j:plain

プラハ城の一番有名な建築物は、聖ヴィート大聖堂だと思います。中庭をいくつか抜けると、急に目の前にそびえたつゴシック建築様式の大聖堂はとても迫力がありました。写真を撮ろうとしても、全体を写そうとするとかなりしゃがまないと撮れないくらい。なお、私はここに入れるチケットを買わなかったため中に入っていませんが、大聖堂内のステンドグラスも美しく、中にはチェコ出身の芸術家ミュシャチェコ語ではムハ)作のステンドグラスもあるとのこと。当時の私はミュシャを存じ上げていなかったので、見ていないのが悔やまれる…。

 

 

 

f:id:mura306:20200620211459j:plain

こちらが大統領府。今、これを書いていて知りました。笑

 

 

f:id:mura306:20200620211310j:plain

このかわいらしい建物は聖イジー教会です。

 

 

・・・ごめんなさい、プラハ城のことをあんまり覚えてないので説明が雑ですね。

 

 

あ、でも、次の写真のことはよく覚えています。

 

 

f:id:mura306:20200620212324j:plain

聖イジー教会の近くの路地を進むと、道路工事をしていました。8月だし暑いのはわかりますが、水着姿で、しかもやる気なく作業する美女の姿が衝撃でした。潮干狩りでもしているのかな?と言うか、チェコは美女が多い!私がこれまでに訪れた国の中で、チェコ女性がナンバーワンだと思います。異論は認めます。笑

 

 

 

f:id:mura306:20200620212018j:plain

そんな工事中の道を抜けたところに黄金小路と呼ばれる通りがありました。

 

 

f:id:mura306:20200620213019j:plain

ここでの目玉はこの青い家です。

 

 

f:id:mura306:20200620213128j:plain

作家のカフカの家とのことで作業場として使われていたそうです。『変身』で有名ですね。

 

 

f:id:mura306:20200527095147j:plain

 そろそろ帰ろうと思った時に、撮った一枚。

 

 

f:id:mura306:20200620213328j:plain

ほんと、チェコはどこを切り取っても絵になる景色です。

 

 

f:id:mura306:20200620213701j:plain

次回はコンサートについて書こうと思います。

 

 

#263 プラハのカレル橋を歩いてみた。(2009.8)


f:id:mura306:20190624123744j:image

2009年の8月に、チェコ旅行に行った時のことをまだ書いてなかったので何回かに分けて書こうと思います。あれからもう10年半経過していることにビックリ。当時の記憶やSNSに残っている日記を参考に書きます。ずっと書きたかったのですが、いつも遠回しにしてました。笑

 

 

正直、チェコにはそれほど期待してなかったのですが、結論から言うと訪れて大正解でした!これまで訪れた国の中で、景色の美しさではベスト5に入ります。

 


f:id:mura306:20200527112656j:image

どうして寄ったのかというと、日本→ポーランド→北欧を廻る際に、たまたま途中にチェコがあり、地球の歩き方ポーランドチェコスロバキアがセットで掲載されていたから『じゃあ寄ってみるか…。』と言う感じで寄ったのです。

 

 

ちなみに話は少し逸れますが、プラハチェコ語でPrahaなのですが、英語ではPragueとなります。まぁ「ニホン・ニッポン」と「Japan」の表記差と同じなのですが、私は初めPrague=プラハとは思わなかったため、念のため説明させて頂きました。

 

 

 

f:id:mura306:20200527092105j:plain

ちなみにポーランドでは友達Mに会ったり、アウシュビッツに行ったりしたのですが、残念ながら写真のデータが飛んでしまったため、一旦省きます。デジカメでたくさん撮ったのになー。

 

 

f:id:mura306:20200527092039j:plain

ガラケーに残っているのは数枚の写真だけ…。

 

 

 

f:id:mura306:20190728225120j:plain

ワルシャワ22:40発予定の夜行バスでチェコの首都プラハに向かいました。何だかんだで23:15過ぎにバスが到着したり、eチケットを見せたら書類が足りないと言われた(けど、ネイティブ通訳Mの説明で解決)り、ほぼ満席の車内では隣のスペイン人と肘掛け争奪戦をしたり、トイレ休憩でチェコに入国したと思って両替したらまだポーランドだったり、自販機で間違えてコーラを買ってしまったり(私は炭酸が苦手なのです)と、一晩で色々ありました。号泣

 

 

でも、そんな不幸続きの私のテンションがアガる光景が。チェコに入国したとたん、オレンジ色の屋根の家ばかりが見えてきたのです。 そして、プラハに到着。

 

 

f:id:mura306:20190728225014j:plain

フローレンツ・バスターミナルに到着しましたが、辺鄙な場所のホテルを予約したため、タクシーで宿まで移動(今ならタクシー移動するような立地の宿なんてありえないけど、当時の私はお金で安全を買ってましたw)し、荷物を宿に置いてから地下鉄でプラハ中心部まで移動しました。某歩き方にホテル情報はおろか、宿周辺地図すらも載ってなかったし。号泣

 

 

f:id:mura306:20190728225228j:plain

地下鉄駅構内はこんな感じ。ポーランド同様、質素で無機質な感じが東欧だなぁと思いました。

 

 

  

 f:id:mura306:20190728225334j:plain

パリほどではないけど、近未来っぽいスタイリッシュなデザインのプラットホームは、 メタリックで巨大なレゴブロックが壁中に貼られているような感じでした。レトロ電車はなぜか3人がけの向かい合わせで、きれいだし、おしゃれでした。

 

f:id:mura306:20190728225420j:plain

f:id:mura306:20190728225457j:plain

f:id:mura306:20190728225550j:plain

駅ごとに違うデザインが面白かったです。

 

 

f:id:mura306:20200524001624j:plain

地下鉄Náměstí Republiky駅から出るとすぐに火薬塔が見えましたが、歩いてカレル橋を目指しました。チェコのガイドブックでは、この橋の写真がよく載ってるので、とりあえず行ってみようと思ったのです。ちなみに、夜中から何も食べておらず、かなりの空腹状態だった私は、カレル橋を適当に渡って、その先で早くごはんを食べたいって気分で地下鉄に乗っていました。

 

 


f:id:mura306:20190624123952j:image

しかし、着いてこの絶景を見たとたん、思わず鳥肌。 今まで見てきたどの風景よりも美しい景色がそこにはあり、 思わず涙ぐんじゃいました。見渡す限り、オレンジ屋根の建物と、その頂にあるプラハ城。 そして、この絶景を映すモルダウ川。そう、スメタナ作曲の『モルダウ』はここプラハにあるのです。上手く表現できないんだけど、本当に美しかったです。さっさと素通りするはずが、写真を撮ったりして、何だかんだで30分はこの景色を眺めていました。笑

 

 

そうそう、このモルダウ川ですが、チェコ語ではヴルタヴァ川(Vltava)と言います。モルダウ(Moldau)はドイツ語読みです。某歩き方ではヴルダヴァ表記なので要注意です。

 

 

 

f:id:mura306:20200524001320j:plain

これ以降、私はオレンジ屋根の広がる世界遺産の虜となり、いくつか廻ることになります。(この写真はポルトガルポルト歴史地区)


 

 

f:id:mura306:20200418122320j:plain

カレル橋には石像がたくさん設置されています。その多くがキリスト教に関するものです。

 

 

f:id:mura306:20200527095214j:plain

聖人像は全部で30体。十字架像を背負った「THE キリスト教」なものもあるのですが、

 

 

f:id:mura306:20200418123451j:plain

たぶん、チェコ的に見てほしいのはこれ。唯一のブロンズ像の聖ヤン・ネポムスキー像で、ここにある聖人像の中では最古のようです。

 

 

f:id:mura306:20190718102920j:image

彼の足元にはこんなモニュメントも発見。

 

 f:id:mura306:20200418122912j:plain

たくさんの観光客が触れたことがわかります。触ると幸運が訪れると言う、世界中の観光地でよくあるやつです。もちろん、私も触りました。笑

 

 

f:id:mura306:20190624124052j:image

クリスチャンではない私にも馴染みのあるものがありました。空に手を仰いでいる、この石像の頂にいる人物は誰だと思いますか?答えは、宣教師フランシスコ・ザビエルです。特徴的な頭の頂点が見えませんが、社会の時間に勉強した「あの肖像画」は本人ではないという説もあるようですよ。笑

 

 


f:id:mura306:20190624124414j:image

ザビエルの足元には髷を揺った日本人の姿も。侍がザビエルを支えているのは、鎖国寸前にキリスト教が大流行した日本の様子を表現しているのだろうか?いろいろな顔や衣服の人間に支えられていることから、アジアでのキリスト教布教の成功を表しているようにも見えます。

 

 

 

 

 

 f:id:mura306:20190624123744j:image

この橋ではパフォーマーもいます。似顔絵描きがたくさんいる中、私が夕方に通ったときはマリオネットカルメン(ビゼー作曲)に合わせてギターを弾いているパフォーマーのおじさんがいました。音に合わせてマリオネットが器用に動く様子はまるで生きているみたいでした。

 

 


f:id:mura306:20200527112656j:image
たぶん、このおじさん、地球の歩き方2006&2007版」の表紙絵のモデルですよ。

 

 

f:id:mura306:20200527095147j:plain

橋を渡れば、プラハ城は目の前。で、京都と言う名の中華料理屋で安く昼食を済まし、プラハ城へ。 そこは高台にあるので、さっき橋から見た景色とは反対側の景色が見えました。 これまた絶景。全然見飽きなくて、ずーーーっと見てました。詳しくは次回で書きたいと思います。 

 

#262 インドのカースト制度について思うこと。

f:id:mura306:20170825193046j:plain

カースト制度とはヒンドゥー教における身分制度のことで、インドではジャーティとかヴァルナと呼ばれ、後述する4つの階級に分けられますが、その中でも細分化されており、同じ階級内でも身分の上下があるようです。細かく分けると、その階級の数は3000とも言われています。

 

 

f:id:mura306:20200523230216j:plain

1950年にインドの憲法が改正されたことによりカーストは廃止されたと言われていますが、現在も根強くインドに残っているように思えます。現インド憲法では、カーストの異なる者同士の結婚が認められているようですが、実際には同じカーストか近いカースト同士での結婚が好ましいとされています。実際、私がインドのベナレスで泊まった宿のオーナーも、親が決めたお見合い結婚だったと言っていました。なお、以前ネパール人の知り合いからカーストの話を聞いたことがあるので、ヒンドゥー教徒が大半を占めるネパールでもカースト制度は残っているようです。

 

 

インドの4つのカーストですが、高い身分から順に挙げると、

バラモン(司祭)

神聖な職に就けたり、儀式を行える身分。

 

クシャトリヤ(王族・武人)

王や貴族など武力や政治力を持つ身分。

 

③ヴァイシャ(市民・商人)

製造業に従事する身分。

 

シュードラ(奴隷・労働者)

農牧業や手工業など生産に従事する身分。

となります。当然、ピラミッドのように身分の高い人の割合ほど少なくなります。

 

 

f:id:mura306:20170603000211j:plain

カーストは、職業で分けられているのですが、その職業は世襲制となっており、先祖代々の職業を子孫が受け継ぐ形となります。親がリキシャーワーラー(人力車の運転手)なら、子も孫もリキシャーワーラーなのです。IT産業などの新しい分野でも、その人の元々のカーストによって上下関係があるとのこと。

 

 

f:id:mura306:20200523233355j:plain

日本の飲食店だと、ホールとキッチンのように係分担がされていても忙しい時はキッチン係が料理を提供したりするし、テーブルのお皿を片付けている店員に注文や会計をお願いしても問題ありません。しかし、インドでは清掃係に料理の注文をすることはできません。係が細かく分けられており、一般的に汚い仕事ほどカーストが下になると言われています。例えば、テーブル掃除と床掃除では、テーブル清掃係の方がカーストが上になるのです。世襲制カースト制度には、雇用安定の意味もあるようなのですが、「それは私の仕事ではありません」が良くも悪くもまかり通っているのも何だかなぁ…。

 

 

f:id:mura306:20200523230349j:plain

また、警察官は③ヴァイシャに属するとインド人から聞いたのも意外でした。だから、ACなしの2等車で移動していたのかな…?

 

 

私たち旅行者でもカーストの階級は何となくわかります。カーストの高い人は全身スーツやブランド物でビシッと決めていたり、インド人の中では肌が白いです。そして、カースト下位の人の衣服はボロボロだったり、髪の毛がボサボサだったり、肌が黒かったり垢まみれだったりします。全員に当てはまるとは思いませんが、カーストと身だしなみの関係はあるように思えます。

 

 

 

f:id:mura306:20170729233924j:plain

私がインドを旅した時、カースト制度を痛感したことが何度もありました。その時のエピソードを2つ紹介します。

 

 

f:id:mura306:20170904215819j:plain

まずは、インド名物の値段交渉をリキシャーワーラーとしていた時のことです。ワーラーに目的地を告げると強気な値段だったため、いつものようにお互いに値段を言いながら交渉していました。

 

 

すると、ビジネスマン風のインド人男性が現れ「どこに行くの?」と私に尋ねてきました。行き先を告げると、「それなら〇ルピーだ」と言い、ヒンドゥー語でワーラーに強く言いました。言葉は全く分かりませんが、何を話しているのかがわかりました。

すると、その男性は「〇ルピーで行ってくれるよ」と言って去っていきました。そう、インドでは自分より高いカーストの人の言うことには絶対服従なのです。このようなことは、他のお店で値段交渉をしている時にもありました。何も言い返せないワーラーや店主の顔を見て、何だか申し訳ない気持ちを抱いたと同時に、些細な金額でゴネた自分を恥ずかしく思いました。

 

 

f:id:mura306:20170822112850j:plain

#062でも、プシュカル行のバス内でインドカーストの闇を目の当たりにしました。

 

 

 

f:id:mura306:20200523231622j:plain

次に、5つ目のカーストについてのエピソードです。先述の通り、カーストは4階級なのですが、実はカーストに含まれない⑤ダリット(不可触民)が存在します。ダリットはハリジャンガンジーにより命名された、「神の子」と言う意味)とも呼ばれ、カーストに含まれない被差別民のことです。その数は2億人(日本の総人口以上!!!)とも言われてます。具体的には、屠殺や皮革、糞尿処理、遺体処理、葬儀屋などの所謂穢れた仕事を生業としていたり、物乞いなどで貧しい生活をしている人たちもいます。

 

 

f:id:mura306:20200523225655j:plain

日本にもかつて士農工商に含まれない穢多・非人と呼ばれる身分がありましたが、インドと日本では決定的な違いがあります。それは、いくら努力をしても職業が選べない・変えられないことです。現実を受け入れてあきらめるか、改宗して転職するしか生きる術はないのです。

 

 

f:id:mura306:20200523220202j:plain

また、学校に通うこともできず、物乞いをする子どもたちが町中にいます。物乞いにも色々な種類があり、ただお金をせがむ子もいれば、芸をしてチップをもらう子もいます。恐らく、インドを旅したことのある人は、初めて物乞いに出会ったときに戸惑ったのではないかと思います。私もその一人です。物乞いから求められた時、金銭を与えるべきか…?インドに訪れる度に考えさせられますが、4回訪印しても、まだ自分の中で答えは出ていません。ただ、金銭を与えるのも、無視するのも、どちらも間違っていないと思うのです。それぞれが実際に見て、感じて判断して行動すればいいと思います。

 

 

f:id:mura306:20200418001948j:plainそんなカーストも、1年に1日だけ廃止される日があります。それが3月の満月の日に開催される奇祭り、ホーリーです。普段は身分制度に苦しめられている人たちもその日だけは無礼講。ホーリーでは神様がインドからいなくなるので、酒やドラッグもセクハラも無礼講となっている無法地帯ですが、楽しいですよ。行動予測不可能の子どもが怖いし、後始末が大変だけど。笑

 

 

 

f:id:mura306:20200523224745j:plain

と、今回は真面目にインドのカースト問題について書きました。日本は恋愛結婚や職業選択の自由が認められていて、私たちは幸せですね。次回こそは、前々から書きたかった旅行記について書きたいと思います。(ほぼ仕上がっているのに後回し…)インドのこともまだまだ書いていないことがあるので、またそのうち…。

#261 愛すべきインドのあるあるをまとめてみた。笑 (後編)

f:id:mura306:20200417174455j:plain

♪インドあるあるを 言いたーい♪

♪インド あるある~♪(RG風)

…すみません。笑

 

 

前回に続き、インドあるあるについて書きます。今回も、インドを訪れたことのある方なら、頷いていただけると思います。笑


 


f:id:mura306:20200524011449j:image

その前に、今回も笑えるインドの写真をどうぞ。このタクシードライバーは、我々乗客に対して『喉乾いた。水持ってない?』と言い、インド式ラッパ飲みで私の水を搾取したのです。インドでは唾液は不浄とされているため、このような間接的な飲み方になるのですが…。もう既に私が直接口をつけて飲んでるから不浄MAXの水だし、そもそも乗客から水を奪うなよ!!!笑

 

 

 

 

・・・と言うことで、インドあるあるの後編を始めていきます。

 

 

 

⑨返答がみんな違う

道がわからないときにインド人のおじさんたちに聞いてみたら、全員が違う方角を指差したことがあります。『インド人は嘘つきだ』と言う声が聞こえてきそうですが、インド人は嘘つきなのではなくてただ自分の意見を正直に言っているだけなのです。困っている私のために、各々が(正しいかどうかは置いておいて)自分の答えを述べた結果、私をますます困らせてしまったのですが、これも彼らの親切心から来ているものです。インド人がよく口にするフレーズの1つに、『君が幸せなら、僕も幸せだ』と言うものがあるので、誰かの助けになりたいという気持ちは強いと思われます。もちろん、悪徳インド人もいるとは思いますが、私はそのような人には出会ったことがありません。運がいいだけかな?笑

 

 

  f:id:mura306:20170822111220j:plain

でも、さすがにマイナーなバスターミナルに行くのに4時間もインド人に振り回された時は疲れましたけどね。笑


 

 

⑩インド人は地図が読めない

インド人はなぜか地図が読めない人が多いです。そのため、地図を指しながら『ここに行きたい』なんて言ってしまうと、いつも以上にとんちんかんな場所にバシルーラされてしまいます。笑

 

インド人に道を聞くときは、行き先の名前を言ったり、写真を見せたり、他の有名なランドマークの名前を挙げたりするといいです。あと、心配なときは何人に尋ねてみると道順の信憑性が高くなります。笑

 

 

 

ジェスチャーが独特

インド人は『no』の時に首を縦に振り、『yes』の時に首を横にかしげます。だから、例えばタクシーに乗るときに行き先を告げると首をかしげますが、これは『OK』のサインですのでご安心を。わかってない訳ではありません。笑

 

あとは、トイレに行きたいときには小指を立てます。日本で言うところの『彼女』を意味するジェスチャーです。私は使ったことがありませんが、トイレに行きたいときに是非使ってみてください。笑

 

 

 

⑫タクシーで土産物屋に連れていかれる

f:id:mura306:20200417214508j:plainインドには、乗用車のタクシー以外にも、 オート三輪のリキシャー(トゥクトゥクとも呼ばれる)や

 

 f:id:mura306:20170603000211j:plain

人力のリキシャーなどが走っています。特に、リキシャーには観光客プライスがあり、まずは乗る前に値段の交渉から始まります。

 

で、言い値の半分くらいまで落としたらようやく出発なのですが、途中で土産物屋に寄ることがあります。頼んでもいないのに。まぁ、きっとそこの土産物に観光客を連れていくとマージンがもらえるのだと思うのですが、そういう時は『No!!!Go!!!』で、中に入らずに行かせましょう。そんな時にも『君が幸せなら…。』の常套句を言われたことがあります。私の幸せは早く目的地に行くことです。笑

 

土産物屋の代わりに旅行会社に連れて行かれるトラブルも多くあるようですが、幸いなことに私は一度も経験したことがありません。笑

 

オートリキシャーから降りる際に交渉した運賃から元の言い値に戻っている時があるので、そういう時は道端で大喧嘩しましょう。インド人が大好きだからこそ、私は彼らの悪い行動は正します!!笑

 

 

 

⑬真冬でも車内は冷房ガンガン

f:id:mura306:20200417221340j:plain

インドの移動手段として安くて便利なのが電車です。AC(エアコン付き)1等席、AC2等席、AC3等席、AC寝台席、寝台席、2等席のグレードがあり、特に外国人観光客が長距離移動をする際はAC2等席を使うことがメジャーです。

 

 

f:id:mura306:20200418003544j:plain

これがAC2等車内で、夜になると座席が上と下で2段ベッドになり、

 

 

f:id:mura306:20200418003703j:plain

シーツと毛布と枕が配られます。

 

 

f:id:mura306:20200417222002j:plain

インドの電車旅ではエアコンがかなり厄介なのです。ないと困るけど、あってもちょっと困る。めっっっちゃ寒いので、上着必須です。特に、上段はファンが近いから更に寒いです。また、乾燥した車内では喉を痛めるため、私はマスクをつけて寝ます。不思議なのが、インドではなぜか真冬でもエアコンをガンガンかけていること。OFFにできない設定なのかな???笑

 

 

 f:id:mura306:20170730013119j:plain

エアコンなしの2等車で移動したこともありましたが、固い座席での長距離移動は快適ではありません。(予約していたAC2等のチケットの日付が違っていて、2等しか取れなかったから仕方なかったんだけどね。笑)

 

 

f:id:mura306:20200417223005j:plain

2等車内では、私たちの上の荷台には警察官が寝ていて「何かあったら声をかけるんだぞ!」と言われて心強かったですが、それでもスリが心配で熟睡できませんでした。あと、季節によってはノンエアコンは蒸し風呂です。めちゃ安ですけどね。デリー~ベナレス間が300円とかだし。

 

 

f:id:mura306:20170520140950j:plain

インドの電車は時間通りにまず出発しません。特に、北インドの発生する時期(日本の冬にあたる時期)では、数時間単位で大幅に遅れます。停車駅が多いほど、始発駅から遠いほど予定時刻より遅れるため、始発駅から乗る場合は定刻出発だと言われています。

 

 

f:id:mura306:20170620225608j:plain

電車だけでなく、インドでは時間の流れが緩やかです。イライラせず、チャイでも飲みながらのんびり待ちましょう。人間ウォッチングをしているだけで十分楽しめますよ。面白い人がたくさんいるので。笑

 f:id:mura306:20200417231003j:plain

駅構内に野良牛がいる国なんて、世界広しと言えどもインドくらいなもんでしょう。笑

 

 

 

⑭鳴りやまぬクラクション

f:id:mura306:20200417230004j:plain

インドの道路では四六時中クラクションが鳴っています。ブッブーと言う定番音以外にも♪ドレミドレミ♪のような変わり種まで、とにかくうるさいんです。

 

 

f:id:mura306:20200417224705j:plain

そのクラクションの原因が彼らだったりすることもあるのですが、「牛の耳にクラクション」=いくら鳴らしても無駄ですよ。笑

 

f:id:mura306:20200524103042j:plain

ちなみに、高速道路上を羊の群れが横断することもあるし、歩行者が歩いていることもインドではノープロブレム!だったりします。笑 

 

f:id:mura306:20200417224201j:plain

ただ、インド人がやたらとクラクションを鳴らす理由は他にもあります。日本では、「危ないだろ!」「信号が変わったから早く進めよ!」など、相手にクレームを言いたいときに鳴らすことが多いと思うのですが、インドでは「俺、先に行くよ」「俺、割り込むよ」って感じで自分の意志を相手に伝える意味でクラクションを鳴らしています。で、合流の時なんかは、「俺、先に行くよ」のクラクションの嵐になるのです。そんな、横入りが当たり前なインドではサイドミラーのない車をよく見かけます。合流に失敗して取れたのではないかと、私は勝手に思っています。笑

 

 

 

⑮怪しい誘いに注意

一人旅の日本人女性がインド人男性に暴行を受けるというニュースを時々耳にします。

 

 

f:id:mura306:20200417231345j:plain私はそういう危険な目に遭いそうになったことはありませんが、誘われたことはあります。それは、同行者と別行動を取った時に、いつものボートでガンジス川を渡っている時のことでした。もちろん、即断りましたが、「なんで?」と聞かれたので「あなたのことは好き(like)だけど、loveではないの」と答えると納得?してくれました。それと同時に「宿のオーナーには誘ったことを言わないでくれー」と急に保身に走るボート漕ぎ。え、ワンチャンあると思ってたのかよ?普通の日本人女性は断るぞ?笑 余談ですが、どこで「営む」つもりだったのだろうか?まさかボートの上?笑

 

カースト制度の残るヒンドゥー教の世界では、お見合いで結婚相手を決められ、結婚する時まで相手の顔を知らないということも多いとか。で、日本みたいに学生のうちから簡単に男女交際をすることも、結婚前に性交渉することもあまりないようです。だからこそ「外国人とのワンチャン」を狙っているインド人男性はいて、それがインドでの性的事件の原因の一つになっているように私は思います。インド人と仲良くするのはいいことですが、人気のないところで2人きりで過ごしたり、誤解させたりするような言動をするのはやめましょう。あいまいな態度が一番だめです。ちゃんとNoと言うこと!

 

 

 

⑯ナンはメジャーではない

f:id:mura306:20170821224943j:plain

日本のインド料理屋でカレーを注文するとナンが大抵付いてきます。タンドゥーリ窯で焼かれたナンは大きくてモチモチで美味しいですよね。でも、インドではナンってほとんど見かけません。私も1~2回しか食べたことないし、そもそもメニューにないのです。

 

 

f:id:mura306:20170620215541j:plain

代わりにカレーの友となっているのがチャパティと呼ばれる、丸い形のものです。モチモチの代わりにサクサクで、素朴な味がおいしいんです。薄いピザ生地みたいな感じです。

 

 

f:id:mura306:20200417234642j:plain

チャパティを油で揚げたプーリーもジャンキーでおいしいです。

 

 

f:id:mura306:20200417235251j:plain

本場のインドカレーはスパイシーで、マイルドにしてもらっても辛くて大量の水を要します。特にイスラムカレーは油ギッシュで、胃もたれをすることもしばしば…。オールドデリーの某人気カレー店はカレーの表面が油の海(写真は油を除去した後。これでも十分オイリー状態)で期待ハズレでした。日本のインドカレーに感動して、本場のインドカレーを期待して食べるとたぶんガッカリします。日本のインドカレー、ウマいもんなぁ。苦笑

 

 

 

 

⑱3月の満月は要注意

f:id:mura306:20170520153727j:plain北インドでは、3月の満月の日に、ホーリー(Holi)と呼ばれる色水かけ祭りが行われます。所謂「神無日」で、その間は無礼講となり、カーストも関係なく色水を掛け合います。詳しくは#010で。

 

 

 

f:id:mura306:20170520155523j:plain

このお祭りに参加したくてインドに行ったことがあり、とても楽しかったのですが気を付けた方がいいことがいくつかあります。

 

f:id:mura306:20200418001037j:plain

まず、ホーリー数日前から祭りは始まっており、観光客も攻撃されることがあります。ただの水ならまだしも、大荷物を抱えた移動中に色水をかけられたらたまったもんじゃありません。私は運よく免れましたが、相方Iさんは電車内で外から水をかけられたり、子ども同士の戦いに巻き込まれて色水をかけられたりしてました。数日前から防水対策必須です。笑

 

f:id:mura306:20200418001158j:plain

また、シヴァ神不在のインドでは、飲酒も解禁となり、普段は愛すべきインド人が煩悩の塊=恐怖の存在となります。ガンジャを薦めてきたり、女性の体をベタベタ触ってきたりするので本当に要注意です。

  

 f:id:mura306:20170520160023j:plain

シヴァが正午に戻ってくると、ホーリーは終了。

 

 

f:id:mura306:20200418001828j:plain

インド人はすんなり撤収し、町から人がいなくなります。でも、まだ酔っぱらっているインド人がいるので人気のないホーリー後こそ注意が必要です。あと、ホーリーを楽しんだあとに体に付いた色粉をとるのに相当苦労します。私たちは宿のシャワーで流しましたが、何度髪を洗っても色が出てきます。私は赤い色粉をやたらと付けられたので、帰国後もほんのり赤髪でした。笑

 
f:id:mura306:20200418094820j:image

また、チェックアウト前に部屋内の色粉を極力拭きましたがまだまだ残っていたらしく、あとで宿の方から掃除をするときに苦労をしたと言われました。川などで予め流してから宿に戻ると良かったかもです。でも、川はこんな感じだからなかなか入れねぇし。笑

 f:id:mura306:20200418001806j:plain

ホーリーは宿のテラスから眺めるのは一番安全で手軽で面白いかも。笑

  

f:id:mura306:20200418002138j:plain

ホーリーで「神様」を攻撃したのは誰だ??笑

 

 

 

f:id:mura306:20200417171259j:plain

全部で17のインドあるあるを挙げてみました。インド経験者は納得し、笑っていただけたでしょうか?あぁ、またインドに行って愛らしいインド人達と笑いたいなぁ。

#260 愛すべきインドのあるあるをまとめてみた。笑 (前編)

f:id:mura306:20200417183200j:plain

海外旅行を始めて早17年。訪問国は40ヵ国以上となりました。『一番良かった国は?』と聞かれたら、『日本』と質問をかわす私ですが、『一番楽しかった国は?』と聞かれたら迷わず『インド!』と答えます。ホント、いい意味で日本の常識がこんなに通じない国があるなんて…って思います。この文化の違いを『またインド人が騙してきた!!腹が立つ!!』と思うか、『またインド人がまた面白いことをしてる。笑』と思うかで、インドの印象って変わるんです。私はもちろん後者。文化の違いを受け入れ、その違いを理解した上で楽しむようにしています。笑

 

 

インド旅行前に、インド(人)について予習をしておくと気持ちにゆとりができ、インド旅行が楽しくなるはず…と私は考えています。『インドなんて大嫌い!』と言う声をなくすべく、今回はインドのあるあるを思い付くままに挙げていきたいと思います。たぶん今この記事にたどり着いた方は私の貴重な読者様か、インドに興味がある方か、インド旅行を控えている方だと思うので参考になったら幸いです。

 

 

f:id:mura306:20200417183513j:plain

この写真なんてめっちゃ笑えませんか?ヤギがしれっと原付に乗っているんですよ??コロナ自粛で気分が沈みがちな中、愛すべきインドの話題で笑いましょう。笑

 

 

 

①生水注意

f:id:mura306:20170707221152j:plain

インド旅行で付き物なのが、体調不良です。その原因の1つが生水。飲み物の中に入っている氷はもちろん、生野菜やラッシーにも注意が必要です。レストランで出された空きグラスに残っている数滴の水ですら、『ゲリラ豪雨』の原因となることもあるらしく、胃腸の弱い方はグラスと氷を避けた方がいいです。今ではインドの無料ウォーターサーバーを平気で利用する私ですら、初めてのインド旅行の初日はミネラルウォーターで歯磨きしてました。笑

 

 

f:id:mura306:20200417165102j:plain

なお、私は初インド旅行で、生野菜サラダをうっかり口にしてしまいました。幸い、お腹は無事でしたが、ドブ水の味がしましたね。笑

  

 

f:id:mura306:20170707221215j:plain

が、それから1年半後に、私は怪しい氷で作られたラッシーにやられたことがあります。その怪しい氷とは、2枚前の写真のちゃいろい氷です。あの時はつらかったなぁ…。号泣

 

 

 

②『僕の親戚に日本人がいる』に注意

気さくなインド人たちは日本人観光客に話しかけてきます。そんなフレンドリーなところもインド人の魅力だったりするのですが、中には商魂たくましいインド人もいます。そんな彼らの常套句の1つが『僕の親戚に日本人がいるんだよ』です。親戚と言うのは、例えば兄嫁などです。で、だいたい土産物屋やシルク製品屋をやっていて、名刺をくれてからそのお店まで案内してくれます。実際に、親戚に日本人がいるのは本当だとは思うのですが、そうやって日本人観光客を安心させて、お店に連れていこうと言う作戦です。(付いていったことがないから予測ですが。笑)

 

 

f:id:mura306:20200417165851j:plain

そんな人が何人もいるので、日本人観光客の争奪戦が行われることもあります。『アイツは悪いやつだから気をつけろ!』と教えてくれる人も実は土産物屋だったりするのが笑えるところです。笑

 

 

 

③挨拶はナマステ「だけ」ではない

インドは多民族&多宗教国家のため、崇拝する神様も禁忌も人それぞれです。大まかに分けるとイスラム教とヒンドゥー教が2大国教であり、あいさつも『ナマステ(ヒンディー語)』『アッサラーム アライクム(アラビア語)』となり、ムスリムの方に『ナマステ!』と挨拶をするのは失礼に当たります。ムスリムの方からそのことを教わった時、無知だった私は赤面し、申し訳なく思いました。

 

 

f:id:mura306:20200417184148j:plain

他にも、シク教の方もいらっしゃり、挨拶も異なります。彼らは肌に刃を当ててはいけない文化のため、長い髪の毛を大きなターバンの中に入れています。短剣を身に付けていて、かっこいいんです。そんな彼らが髭や頭髪を短くするときは火を当てて短くするらしく、世界には本当に色々な文化があるんだなーって思います。その文化の違いを知るのもインド旅行の楽しさです。

 

 

 

④至るところに神様あり

f:id:mura306:20200417182109j:plain

宗教が違えば崇める神様も異なりますが、ヒンドゥー教には神様がたくさん存在し、それぞれ推し神様がいるのがヒンドゥー教徒なのです。

 

 

f:id:mura306:20200417170921j:plain

有名どころだと、象の姿をしたガネーシャや、

 

 

f:id:mura306:20200417181528j:plain

孫悟空のモデルとなった猿の神様ハヌマーンや、

 

 

f:id:mura306:20200417182012j:plain

創造と破壊の神様シヴァガネーシャの父)などです。

 

 

f:id:mura306:20170729235845j:plain

私はインド人から、ジャババキーと言う神様を推薦されました。日本で言うところのゲイシャらしい。なんでや!!笑

 

 

f:id:mura306:20200417171144j:plain

一見神様に見えないものも神様だったりします。例えばこれ。私、普通に踏み台にしてました。そしたら、インド人に『踏むな!!』と怒られました。当時はその理由がわかりませんでしたが、これはリンガつまりシヴァのシンボルだったのです。笑

 

 

f:id:mura306:20200417171412j:plain

ヒンドゥー教徒にとっては牛も神様です。そんな神様が野良化し、通行の妨げになっているのもインドの日常の光景です。初めて野良牛に遭遇した時はびっくりしましたがね。笑 

 

 

 

⑤ノーマネーにご用心

 これはインドに限らず、イスラム圏でもあるトラブルなのですが、『ノーマネーでガイドするよ。』と言われてお願いしたら最後にチップを要求されることがあります。イスラム教やヒンドゥー教では喜捨と呼ばれる、恵まれている者は貧しいものに分け与えよと言う教えがあります。また、チップ≠マネーと考えているからか、ノーマネーと言っていても別れ際にチップとしてお金を要求してくることが多いです。とにかく後で揉めるのが嫌な人はノーマネーガイドは無視しましょう。

 

 

f:id:mura306:20200417182626j:plain

ただし、複雑な路地では案内人が必要な場合もあるため、案内をお願いしたら、ノーマネーと言われてもチップをあげる心づもりでいた方がお互いに気持ちよく終われます。ただし、『チップは君の思う金額でいいよ』って言われたから自分が適正だと思う価格(決してケチっていない)を払ったのに『え?これだけ?』とか言われたら私は喧嘩します。笑

 

 

 

⑥インドでは正露丸は無力

 日本では、ゲリラ豪雨にはラッパのマークの正露丸が定番ですが、インドのゲリラ豪雨では完全に無力です。そもそも、インドのゲリラ豪雨は細菌による感染症だったりすることもあるので、胃腸かぜのような症状の時はインドの薬局で売られている薬を買いましょう。

 

 

f:id:mura306:20170707221543j:plain

ちなみに、薬局で英語で『diarrhea(ダイアリーア。リーにアクセント)』と言えば簡単に買えます。セットでOS-1を買うといいですが、インド製はめっちゃ不味いので日本で買ったものを持参すると安心です。笑

 

 

 

⑦どこからか集まってくるインド人

f:id:mura306:20200417184658j:plain

国民の大半がB型だからか?、インド人は好奇心旺盛です。人混みがあったら足を止めて覗くし、見たことのないものがあると質問してきます。初インド旅行の際にマスクを付けていたら「何それ?」と聞かれ、欲しそうな顔をしていたのでマスク(もちろん未使用)をあげたこともあります。笑

 

  

f:id:mura306:20190430085123j:plain

ブータン国境の小さな市場で、ただ米ドルで払っただけで続々と群がってくるインド人達。目をキラキラさせながら「オォーー、米ドルだぞ!!」と回し見する姿がかわいすぎました。笑

 

 

f:id:mura306:20170824213127j:plain

もう1つ、エピソードがあります。私はジョードプルと言う、西インドの町の路上で靴の修理をしてもらったことがあります。ただ、靴修理職人のおじさんの前で、私が彼の修理する様子を見ていただけなんです。

 

 

f:id:mura306:20170824212428j:plain

そしたら、その姿を見て足を止めるインド人が少しずつ増え、気がついたら私の背後に30人以上のインド人ギャラリーがいました。かれこれ30分くらいの出来事です。靴の修理なんて、そんなにめずらしいことでもないだろうに…。何であんなに集まった??そして、彼らはどこから沸いてきた??笑

 

インド人とのコミュニケーションを楽しんでいて、ふと周りを見ると知らないインド人に囲まれていると言うのも、インドあるあるです。

 

 

 

⑧写真を撮ってもらいたがるインド人f:id:mura306:20170903225003j:plain

 

彼らは写真撮影が好きです。写真を撮ることも、写真を撮ってもらうことも大好きです。『俺を撮ってくれ』→パシャッ→『俺達も撮ってくれ』→パシャッ→『俺も』→パシャッ→『俺も…』の無限ループがよくあり、気が付くとカメラ内が知らないインド人達の顔だらけになります。笑

 

 

f:id:mura306:20200417172824j:plain

寝てる人を指さして、『あの人を撮ってやってくれ』とか、

 

 

f:id:mura306:20170729234507j:plain

知り合いをわざわざ連れてきて『この人を撮ってやってくれ』とか言うんです。で、撮った写真を見せると、子どものような無邪気な笑顔で喜ぶんです。もう、そのキラキラした目が可愛いんです。インド人に振り回されてイラつくときもありますが、そんなピュアな姿を目の当たりにするとやっぱりインド人って憎めないんですよねー。

 

 

f:id:mura306:20170730001453j:plain

あと、「日本人と写真を撮ると幸運が訪れる」なんて言うジンクスがあるらしく、観光地でインド人と一緒に写真を撮る機会がよくあります。そういう時は、いつも以上にインド人が集まってくるため、「私も!」「私たちも!」と撮影会が始まります。一度捕まると、なかなか終わりません。この写真のように、朝から電車内でゲリラ撮影会が始まることもあり、気が抜けません。笑

 

 

 

f:id:mura306:20170824034918j:plain

ある観光地にプロのカメラマンがいて私と彼らで写真を撮ったんですよ。そしたら、その写真をなぜかわざわざ買っていたインド人がいました。彼らのスマホでも写真は撮ったし、プロの写真は高いだろうし、観光地に関係ないただの洞窟内で撮ったものだし、幸運を呼ぶ日本人代表が私だし…。号泣

 

 

f:id:mura306:20170903224921j:plain

インド人の『写真を撮ってくれ!』『一緒に写真を撮ろうよ!』は多いに受けましょう。笑

 

 

 

f:id:mura306:20170520160023j:plain

まだまだインドあるあるがありますが、とりあえず8つ挙げてみました。続きは後半で!笑

 

 

#259 神戸のカプセルホテルに泊まってみた。(2020.2)

f:id:mura306:20200407233031j:image

2月の神戸旅行で初めてカプセルホテルに泊まり、安く泊まりたい旅人の皆様に是非オススメしたいと思ったため、書くことにしました。

 

 

ただ、2020年4月初旬現在、新型コロナウイルスが日本中で蔓延しており、狭い空間で宿泊客が集まるカプセルホテルの利用を今することはオススメしません。旅の記録として今書き上げますが、また国内旅行が自由にできるようになった時に利用していただければと思います。

 


f:id:mura306:20200407233433j:image

カプセルホテルとは、簡単に言えば最低限のスペースのある個室です。ドミトリーの完全個室版と言うと分かりやすいでしょうか。私はこれまで利用する縁がありませんでしたが、外国人が来日の際に、日本文化のカプセルホテルにわざわざ泊まりたがると言う話を小耳に挟み、(私は純日本人ですが)旅話のタネに利用してみようと思ったのです。笑

 


f:id:mura306:20200407233815j:image

今回利用したのは、神戸クアハウスと言うカプセルホテルです。ここが本当に居心地良かった!!次に神戸に行くときも絶対にココにお世話になる!!今回はその理由を挙げていこうと思います。

 

 

①立地が良い

f:id:mura306:20200407233939j:image

三宮駅の北側に位置し、歩いて10分位と、徒歩圏内なのです。三宮駅は徒歩圏内に観光地が集まっていたり、色々な路線が通っていたりするので、神戸観光の拠点にピッタリだと思います。ちなみに三宮駅と表記されているのが基本ですが、JRだけ三ノ宮駅になっているのがややこしいのが神戸なのです。笑

 

 

②宿泊費が安い

1泊4000円くらいでした。さらに、某ホテル検索サイトのポイントを使ったので、3500円位で泊まれました。

 

 

③天然温泉に入れる

クアハウスは、日帰り入浴施設が併設されており、天然温泉に浸かることができます。まさか神戸で大浴場に入れるとは思わなかったので嬉しい限りでした。温泉も、炭酸泉など種類豊富でした。

 

 

④朝食無料

f:id:mura306:20200407234512j:image

自分で好きなものを選んで配膳する形式の無料の朝食がついてきます。朝からいっぱい食べちゃった。笑

 

 

⑤施設内が清潔

f:id:mura306:20200407235000j:image

部屋は男女別(宿泊階が異なる)になっており、安心して使えました。また、しっかりと掃除が行き届いていてどこも清潔でした。

 

 

⑥カプセル内もエンターテイメント充実f:id:mura306:20200408000530j:image

部屋は決して広くはないですが、普通体型の女性が使うには十分でした。体を伸ばして十分寝られます。薄い布団しかないため寒くないか心配でしたが、むしろ暑いくらいでした。笑

 

室内設備としては、テレビやアラームも付いてました。テレビに頭をぶつけることがよくあるようなので気を付けてください。部屋の入口にロールカーテンもあるため、最低限のプライバシーは守られます。ただし、話し声は響くので、友人との会話は化粧室などでしましょう。宿泊棟は私語禁止になっています。

 

 

⑦手ぶらで宿泊可能

予約サイトに『手ぶらで来ても大丈夫!』みたいなことが書いてありましたが、アメニティに関しては本当にその通りでした。

 


f:id:mura306:20200407234630j:image

バスタオルやフェイスタオルは自由に使えるし、寝巻きもフリーサイズのピンク色のかわいらしいものがありました。

 


f:id:mura306:20200407234639j:image

化粧水やヘアケア用品なども充実。ヘアドライヤーや綿棒、櫛などは温泉の真下にある化粧室に置いてあります。こだわりがある方は普段使っているものを持参すればいいと思いますが、荷物を極力減らしたい人にはとてもありがたいサービスでした。ほんと、バックパッカー達の強い味方です。

 

 

⑧漫画や雑誌も充実
f:id:mura306:20200407234715j:image

漫画がズラリと置いてありました。あとは、入浴後に利用する化粧室にもテレビや雑誌がありました。たぶん、これがあれば余裕で2週間過ごせます。笑

 


f:id:mura306:20200407234724j:image

漫画は『花とゆめ』が多くを占めてました。『りぼん』派だった私ですが、動物のお医者さんだけは好きで、いまだに実家にコミックが保管されてるほどです。えぇ、夜に少し読み直しましたよ。笑

 

 

⑨送迎バスがある
f:id:mura306:20200407234749j:image

三ノ宮駅までは徒歩圏内ですが、時間が合えば送迎バスを利用できます。あと、要望があれば新神戸駅までも送って下さるそうです。

 


f:id:mura306:20200407234803j:image

これが2020年2月現在のタイムテーブルです。ほんと、至れり尽くせりです。

 

 

⑩セキュリティも万全
f:id:mura306:20200407234831j:image
神戸クアハウスには、日帰り温泉のみを利用する方も訪れます。その関係で、宿泊客には鍵が配られ、それを使わないとお風呂から部屋に戻れないようになっています。トイレや自販機利用も含めて、鍵を持って行き忘れるとオートロックのため部屋に戻れなくなるので注意です。また、貴重品や大荷物に関しても、部屋の近くにロッカーを利用することも可能です。とにかく、セキュリティがしっかりしているのは、安心できました。

 

 

と、このような神対応の素晴らしい宿泊施設なのですが、唯一の気になった点がありました。もしかしたらカプセルホテルあるあるなのかもしれませんが、宿泊棟内に暖房が十分効いているからか、真冬なのにカプセル内が暑かったです。また、乾燥するため、夜中に水分が欲しくなって起きてしまいました。マスクで保湿し、薄着で寝るなどの工夫をするといいかもしれません。

 

 

f:id:mura306:20200407233031j:plain

神戸で格安で泊まりたい方は是非クアハウスへ!!

#258 2800円で神戸牛とそばめしを堪能してみた。(2020.2)

f:id:mura306:20200327214025j:image

神戸名物と言えば神戸牛なのですが、高価なためこれまで食べたことがありませんでした。でも、お値打ち価格で神戸牛を食べられる鉄板焼きのお店を見つけたので、今回はそのことについて書こうと思います。

 

 

Y子ファミリーと淡路島のドラクエ記念碑に行った後、大分在住でおなじみのKさんと神戸の三宮駅で合流しました。


 

神戸と言えばそばめしも名物ですが、そばめしと神戸牛ステーキが一緒に食べられるお店を発見したため、さっそく訪れることにしました。お店は北野地区にあるため、三宮からは少し坂を上っていく感じです。宿に行ってから食べに行くのも面倒なので、荷物を持って坂を上ったところ、結構キツかったです。笑

 


f:id:mura306:20200327214049j:image

あ、私は淡路島で買ったお土産が重かったため、三宮駅小さいスーツケースを買ったんですよ。三宮駅の空港行きリムジンバス乗り場の近くにある、たびサポと言う中古スーツケース屋さんです。安心の日本ブランドACE社のほぼ未使用品が12,900円で買えました。まさか神戸でスーツケースを買って帰るとは思っていなかったのですが、ちょうど小さいスーツケースを探していたので、これも縁だなと思っています。ベビーピンクは普段なら絶対選ばない色だけど、内部がとってもオシャレなんです。荷物預かりサービスもやっているので、神戸で荷物が増えたときには是非。笑

神戸市中央区北長狭通1-30-15
078-327-0868
8:00~19:00

 

 

と、話は戻りまして、異人館周辺の上り坂をスーツケースをコロコロ転がしながら進むのは本当にキツかったです。冬なのに、軽く汗をかいてしまいました。笑

 


f:id:mura306:20200327230417j:image

するとお店を発見。店名はお好み焼き多田で、多田と表記されているグルメサイトもあります。店内はカウンター席とテーブル席があり、鉄板で焼いてくれたものを席に持ってきてくれるスタイルです。店員さんの感じが良く、お母さんと慕いたくなるようなきさくなお2人(姉妹かな?)でした。実際に、お客さんの様子を見ていても、地元の人に愛されているお店だと思えました。

 


f:id:mura306:20200327214213j:image

メニューには鉄板焼きメニューがズラリ。お好み焼き、そばめし、ステーキなどの単品メニューの他に、そばめしとステーキのセットメニューもありました。ステーキ自体も、お値打ちなお肉から神戸牛までグレードがあり、それにより値段が異なります。神戸牛とそばめしセットと、国産牛とそばめしセットを食べることにしました。お肉の焼き加減はミディアムレアでオーダー。

 

 

f:id:mura306:20200327214412j:plain

すると、店員さんが神戸牛の血統書を見せてくれました。そこには、このお店で使われている神戸牛に関する情報と鼻紋がありました。たくさんの愛情を注いで育てて出荷して下さった畜産農家さんと、人間のために命を犠牲にしてくれた神戸牛に感謝して、美味しくいただくことにします。

 


f:id:mura306:20200327214506j:image

カウンター前の鉄板を使って、ママさんが慣れた手つきでそばめしとステーキを作ってくれました。香ばしい匂いと音がして来て、見ていて飽きません。

 


f:id:mura306:20200327214507j:image

しばらくすると、我々のもとに料理が運ばれてきました。まずは神戸牛ステーキを食べました。お肉が柔らかい!!そして、脂が甘くてジューシー。塩コショウだけで味付けされているので、お肉の味がそのまま味わえます。ワサビはお好みで。

 

 

f:id:mura306:20200327214025j:plain

焼き加減も絶妙ですが、ミディアムレアだとお肉の芯が冷たい(冷蔵庫からお肉を出して、表面しか焼いていないから)ので、芯まで温かいお肉の方が好きな方はミディアムの方がいいかもです。そこは本当に好みですね。

 


f:id:mura306:20200327215603j:image

国産牛ステーキの方でも十分おいしく、店員のおばさまもオススメしてました。神戸牛と比べると違いはありますが、2人で来店する場合は私たちみたいに食べ比べをするのも楽しいと思います。

 

 

f:id:mura306:20200327215610j:plain

そばめしが結構ボリューミーに見えましたが、「量が多いってみんな言うんだけど、何だかんだで女性でもペロリと食べちゃうんだよ」っておばさまが言いました。実際、おいしかったのでペロリと完食しましたね。Kさんが食べきれなかった分も私が食べてしまったわ。そばめしを発明した神戸の方、天才だね。笑

 

 

 

f:id:mura306:20200327214328j:plain

リーズナブルな値段で神戸牛とそばめしを食べたい方は「お好み焼き多田」へ是非!!

#257 淡路島のドラクエ聖地に行ってみた。(2020.2)

f:id:mura306:20200326214441j:image

兵庫県の淡路島にドラゴンクエスト記念碑があるのをご存知ですか?私はつい最近まで知りませんでした。

 

 

ドラゴンクエスト(以下、ドラクエ)は脚本を堀井雄二、キャラクターデザインを鳥山明、ゲームサウンドすぎやまこういち三英傑が手掛けているロールプレイングゲームで、初代ドラクエが発売されたのが1986年5月で、その半年後に発売されたドラクエⅡから特に爆発的人気となりました。当時小学校入学したてだった私はドラクエⅡをプレイする兄の背中を眺め、ドラクエⅢにハマり(でもクリアできず。笑)、ドラクエⅣをひたすらやりこんだのです。どれくらいドラクエⅣをやりこんでいたのかと言うと、登場人物ほぼ全員をレベルMAXにするほどです。が、ある日突然冒険の書データが消えてしまい、そのショックはあまりにも重くのし掛かり、小学校中学年の私をドラクエから卒業させました。それ以降、ドラクエシリーズは一切やっておりません。大号泣

 


f:id:mura306:20200327005631j:image

そんな私も大人になり、昨年9月からハマっているのが、スマホゲームのドラゴンクエストウォーク』で、歩きながら地図上に現れるドラクエのモンスターを倒し、ストーリーを進めていくというゲームです。今日もコロナにも負けずに職場まで歩きましたよ。あ、もちろん無課金でやりこんでます。笑

 


f:id:mura306:20200327002354j:image

で、ドラクエウォークには各都道府県でランドマーク4地点ずつあり、そこを訪れると『おみやげ』が(ゲーム上で)もらえるんです。もともと、ゴッホ展に行きたくて兵庫県に行くつもりでいた私は、何となく兵庫県の『おみやげ』と、それがもらえる場所を調べたんですよ。

 


f:id:mura306:20200327002400j:image

んん…淡路島でドラクエ記念碑だと…???

 

 

なぜ淡路島にドラクエ記念碑があるのかと言うと、どうやら堀井雄二氏の出身地だからだそうです。さらに、堀井氏とすぎやま氏が記念碑の前で写真を撮る記事までネット上で発見。勇者としては、『聖地』に行くしかねぇ!!

 

 

という事でゴッホ展に行くついでに訪れることにしました。相方Kさん(最近、毎月会ってるね。笑)と合流するのは土曜夜なので、土曜夕方まで一人で淡路島に行こうと思ったのです。

 

 

淡路島には電車が走っていないため、神戸からだと①バス②自家用車のどちらかを使って行かなければいけません。記念碑は洲本バスセンターの近くにあるようなので、三宮からバスで行こうと思いました。うーん、アクセスが上手くいかないな…。行けなくはないのですが、文字通り、記念碑に行って帰って来るだけで終わってしまいそうです。大阪駅からもバスが出ており、それだと12:00大阪発のバスで14:00頃洲本バスセンターに着く感じでした。うーん、淡路島に行くのにバスだとアクセスが悪いな…。

 

 

そんな時、大学時代の友人Y子のことが頭に浮かびました。久々に会いたいなぁ。神戸市民のY子は以前SNSで淡路島に行ったって書いてたな…。一緒に淡路島に行ってくれないだろうか…。

 

 

あ、一応断っておきますが、神戸に行くときはいつもY子に声をかけ、彼女の都合が良かったら会うようにしてるんですよ。淡路島に行きたいからY子に車を出してもらおうだなんて思ってないですよ!!!いや、あわよくば…と少しは思ったけども、あくまでY子〉〉〉〉〉ドラクエ記念碑ですから!!!!!勘違いしないで下さいね…。言い訳すればするほど、怪しく思われますね。笑

 

 

で、仕事で忙しいY子に出発間近に声をかけるのは大変恐縮だったのですが、旦那様も含めその日は都合が良いから会えるとのことでした!やったーー!!で、どこに行くかと言う話になったときに、淡路島に行きたいと伝えました。

 

 

Y子『淡路島で何したい?』

私『洲本バスセンターの近くにドラクエ記念碑ってのがあるんだけど、そこに行ってみたいな。Nさん(Y子旦那)、ドラクエウォークやってるなら知ってるんじゃない?』

Y子『ドラクエウォーク?そんなんやってないよ。』

あれれ??

 

 

でも、心優しきY子一家は、訪問者の私が行きたいところに連れていってくれることになりました。スパスィーバ!!!

 


f:id:mura306:20200327002603j:image

今回も、直前にバスの予約をしたため、神戸に早く着くバスが満席でした。そのため、大阪駅行きのバスを予約し、大阪から神戸まで電車で乗り継ぐことにしました。大阪~神戸三ノ宮間は新快速で25分と意外に近いのです。まぁ、若干現地で迷いましたが、11:30頃にY子一家の住む最寄駅で合流しました。

 

 

 

Y子たちが なかまに くわわった!!

(ドラクエの仲間が増えたときのBGM♪笑)

 

 


f:id:mura306:20200327002542j:image

神戸から明石大橋を渡るとすぐに淡路島に入れました。あいにくの雨でしたが…。

Y子一家には『ドラクエ記念碑があるなんて、何回も淡路島に行ったことあるけど知らなかったよー』『バスで行ってたら絶対大変だったよー』『神戸から淡路島に行くなら車が便利だよー。明石大橋を渡ったらすぐだし。』『ていうか、アンタ、淡路島に車で行きたいから私たちに声をかけたでしょー』と、早速ツッコまれました。イヤイヤ、ほんのちょっっっとは思ったけど、私は何よりもY子一家に会いたかったのよ!信じて!!笑

 


f:id:mura306:20200326223353j:image

ちょうどお昼時だったので、まずは淡路島の道の駅で腹ごしらえをしました。淡路島と言えば玉ねぎと言うイメージなのですが、ここのレストランではしらす丼が人気でした。ごはんと具材を混ぜると、胡麻油が効いたワカメがいい仕事をして、全体の味を上手くまとめてくれるんです。しらすの塩味もいい感じでおいしかった!

 


f:id:mura306:20200326223748j:image

Y子の娘ちゃんのEちゃんが頼んだお子さまカレーは旗がナイス!!笑

 

 

満腹の私たちが次に目指すのは『ドラクエ記念碑』です。Y子が既に調べた情報によると、イオンがすぐ近くにあるからそこを目指せばいいとのこと。ナイスリサーチ!!笑

 

 

それにしても、行ってみて淡路島の大きさを実感しました。まさか、高速道路を使って移動するような島だとは知らず、一周歩くのに数時間かかる位の島(愛知県で言えば日間賀島)だと思ってました。ほんと、バスで行かなくてよかったわ。笑

 


f:id:mura306:20200327002705j:image

広い島内にはそこまで高い建物がないためイオンは遠くからもすぐにわかりました。とりあえずイオン駐車場に車を停め、聖地つまりドラクエ記念碑を目指しました。

 


f:id:mura306:20200327002731j:image

目的地が近づいて、ややエキサイト気味の私を見て、爆笑&失笑するY子夫婦…。Nさん、ドラクエ世代だよね??Y子もお兄ちゃんいるならドラクエをやりこまなかったのかね??

 


f:id:mura306:20200327002808j:image

ドラクエ記念碑は洲本アルチザンスクエアのすぐ近くにあります。洲本アルチザンスクエアはこの赤レンガの建物です。今回中には入りませんでしたが、定期的にイベントとかをやっている場所のようです。チューリップが咲いていていい感じ。幸いなことに、先ほどまであれほど降っていた雨が止みました。

 


f:id:mura306:20200327002835j:image

これがドラクエ記念碑か!!!!と飛びついたら、紡績に関する記念碑でした。号泣

 


f:id:mura306:20200327002928j:image

気を取り直して、私率いる勇者一味がさらに歩を進めると、1本の木の下に、ネットで見たものと同じ、ロトの剣と盾が飾られた記念碑がありました。

 

 

f:id:mura306:20200326214441j:plain

ドラクエ きねんひを みつけた。

スライムもいました。遂に聖地にたどり着いたのだなぁ…。

 

 

すると、不思議なことに私のスマホカメラの調子が悪くなり、フリーズしてしまいました。私の知り合いがパワースポットのセドナを訪れた際に、携帯の調子が悪くなったって言っていたのを思い出しました。そう、ここはパワースポットです。笑

それでも、何とか写真に納めることができて大満足でした。途中から、先ほどの雨が嘘のように日が差してきたのも、ここがパワースポットだからです。笑

 


f:id:mura306:20200327003044j:image

記念碑の裏側には兵庫県洲本市出身の堀井雄二さんから勇者たちへのメッセージが…。人生はロールプレイング。堀井さん、ドラクエを生み出して下さり、ありがとうございます。ドラクエⅣでヤメてしまった分、ウォークで挽回します。笑

 

 

私たち以外にも、「勇者たち」が結構訪れており、私たちが写真を撮っている後ろには一時期行列ができていました。笑

 


f:id:mura306:20200327003330j:image

聖地を満喫した私ですが、さすがにそれだけではY子ファミリーに申し訳ないため、他の観光地も案内してもらいました。それがここ、のじまスコーラ

 


f:id:mura306:20200327003349j:image

廃校を活用した観光施設で、中にはお土産物屋さんやカフェなどがありました。

 


f:id:mura306:20200327003419j:image

でも、のじまスコーラで密かに有名なのがアルパカのラアルくんで、外で飼育されている動物のうちの1匹です。若い女性からキスをねだられるとキスしてくれると評判で、私もたまたま「月曜から夜更かし」で紹介されているのを見て知っていました。ちなみに、以前Y子ファミリーが訪れた際、EちゃんにはキスしてくれたラアルくんがY子にはしてくれなかったようです。笑

 


f:id:mura306:20200327003440j:image

今回はどうだ!!!!見つめ合う二人。・・・ダメでした。号泣

でもY子の名誉のためにフォローすると、今回はEちゃんがおねだりしてもしてくれませんでした。飼育員さんが不在だとキスはしてくれないようですね…。

 


f:id:mura306:20200327003506j:image

おしゃれカフェではイチゴパフェを堪能しました。店員さんが「アンケートにお答えいただくとお土産のドリンクをプレゼントします」って言うので、書くことにしました。

 

 


f:id:mura306:20200327003543j:image

Q:どうして淡路島を訪れたのですか?

A:ドラクエ記念碑!!

と威勢良く記入したY子、アンタも勇者だね。笑

 

 

のじまスコーラのお土産物店では 
f:id:mura306:20200327003559j:image

塩レモンの瓶や

 


f:id:mura306:20200327003616j:image

玉ねぎスープの素(顆粒コンソメの代わりにもオススメ)、

 

 


f:id:mura306:20200327003635j:image

ご当地うまい棒(風)30本セットなどを購入しました。あと、淡路島模様のマステも。笑

 


f:id:mura306:20200327004509j:image

のんびりカフェで過ごしていたらそろそろお別れの時間となり、初めに集合した場所まで車で送ってもらい、今回の冒険が終了。私のしょーもないワガママに付き合ってくれるY子一家に感謝です。そして、淡路島の先には徳島県が待っているとのことなので、今度は初の四国入りもしたいなぁと思いました。

 

 

淡路島を訪れたのは2月下旬で、新型コロナウイルスの蔓延により中国人や韓国人の渡航制限が始まった頃でした。そのため、すれ違う人たちから聞こえる言葉が日本語ばかりなのが新鮮でした。Y子曰く、昨今の淡路島は中国語が飛び交っていたり、中国人が好みそうな観光地が作られたりしてる感じのようです。外国人を迎え入れる姿勢はとても大切とは思うのですが、最近の日本の観光地は外国人好みの観光地になっていたり外国語での呼び込みばかりがあったりで、本来一番大切にすべき日本人観光客がないがしろにされているように思えます。もちろん、外国人観光客を頼りにしないと経済が回らない地域もあるのはわかりますが、インバウンドだけを頼りにせずに日本人観光客『も』大切にしてほしいと思ってます。ただ、2020年3月末現在は、コロナのさらなる蔓延により、日本全国の観光業が大打撃を受け、大変な思いをされていると思います。コロナが一日でも早く終息し、観光客が淡路島に戻ってきてほしいなぁ。私も落ち着いたら国内旅行で観光支援をしたいと思っています。

 


f:id:mura306:20200327002946j:image

勇者たちよ、淡路島に集合だ!!笑

#256 築地で朝食を食べてみた。(2020.1)

QALライブの翌朝は上野から築地まで朝食を食べに行きました。豊洲市場と迷ったのですが、何となく築地を応援したくなりまして…。

 

 

f:id:mura306:20200326164832j:plain

と言っても、築地市場は既に閉鎖されています(写真は2018年10月末のものです)。が、築地場外市場は現在も営業中で、朝からオープンしているお店が多く、新鮮なお刺身などはもちろん、食材を扱う問屋や定食屋や土産物屋も空いているので、朝の東京観光にはオススメなんです。

 


f:id:mura306:20200325151231j:image

築地ならどこでもハズレなしと思うのですが、私たちが選んだお店は「かん乃」というお店でした。ネットで検索したところ、早朝から営業していることがわかったからです。

 


f:id:mura306:20200325151204j:image

呼び込みのおばちゃんがメニューを持って店の前に立っているのですが、このおばちゃんの笑顔がとっても素敵なんです。

 


f:id:mura306:20200325151245j:image

中に入ると、既にお客さんがたくさんいました。このお店はメニューがたくさんあり、どれもおいしそうなので迷ってしまいました。

 


f:id:mura306:20200325151347j:image

でも、やはり築地に来たらマグロだろうと言うことで、本まぐろ丼(2200)円を選びました。席の前で板前さんが調理して下さいます。黙々と仕事をこなすその姿がかっこよかったです。

 



f:id:mura306:20200325151306j:image
料理はすぐに我々のもとに来ました。お味噌汁付き。

 

 

f:id:mura306:20200323223353j:plain

見よ、このマグロの艶とエビの美しさを!!!

きめ細かい脂が乗ったマグロはやわらかくて本当においしかった!!!!エビも弾力があって甘かった!!!!酢飯も甘めで私好み。当たり前ですが、普段食べている回転寿司のネタとは全然違って、とにかく新鮮。じっくり、ゆっくり、味わいました。早起きして築地に来た甲斐がありましたわ。はぁ、おいしかった…。

 


f:id:mura306:20200325151428j:image

Kさんが注文したアナゴ丼も少し味見しましたが、身がやわらかくてホクホクで、甘いタレとの相性が抜群でした。

 

 

f:id:mura306:20200326175204j:plain

築地に来るのは2度目で、前回は2018年10月にポーランドから来た友人M氏と散策しました。

 

 

f:id:mura306:20200326175406j:plain

今回はしませんでしたが、前回はだし巻き卵を買って食べ歩きをしたり、

 

 

f:id:mura306:20200326165322j:plain

M氏は焼きガキを食べたりしました。

 

 

そうそう、その夜渋谷のハロウィーンに行って惨敗したんだった。笑

 


f:id:mura306:20200325151439j:image

今回はウナギの串焼きをお土産にしました。1本200円と激安!!その場で焼き直してくれるので食べ歩きもできます。御年91歳の祖母が喜んで食べてくれて良かった♪

 


f:id:mura306:20200325151448j:image

すしざんまいの本店があるのも築地だったりします。これは別館ですが、あの社長の像がありました。笑

 

 

f:id:mura306:20200326180156j:plain

お土産物店も朝9時頃から営業していました。陶器のお店もあって、外国人観光客で賑わっています。

 

 

f:id:mura306:20200325151535j:plain

と言うことで、東京での朝食は築地場外市場がオススメ!!おいしいお刺身を是非堪能して頂きたいです♪