世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#282 デンマークで初めてmixドミトリーに泊まってみた。(2009.8)

f:id:mura306:20200808230554j:plain

最近はもっぱら国内旅行についての記事を書いてましたが書きたいことはとりあえず書き終えたため、今回はチェコ旅行の後に訪れたデンマーク旅行について書きます。(#266の続きです)

 

 

今から10年以上前の旅行ですが、旅の記録として今更ながら残します。元々、2009年夏の旅行の目的は北欧4か国への訪問だったんですよ。

 

 

f:id:mura306:20210126194525j:plain

チェコからデンマークへの移動は、時間短縮のため飛行機を使いました。

 

 

f:id:mura306:20210126194649j:plain

朝10時位に後ろ髪引かれつつもチェコを出発し、

 

 

f:id:mura306:20210126194756j:plain

コペンハーゲンに正午過ぎに到着。

 

 

f:id:mura306:20210126194924j:plain

電車に乗って、コペンハーゲン駅へと向かいました。

 

f:id:mura306:20210126195024j:plain

ちなみに、500円くらいの運賃だったのですが、日本の新幹線並の豪華列車でした。車内もオシャレだったんです。さすが北欧。

 

 

f:id:mura306:20210126195208j:plain

駅からホテルまでは、それほど遠くないと思い、ひたすら27kgくらいのスーツケースを片手に歩いて移動をしました。

 

 

f:id:mura306:20210126195302j:plain

おなかが空いていたので途中でハードロックカフェに寄りました。

 

 

f:id:mura306:20210126195416j:plain

デンマークっぽさはないメニューですが、普通に美味しかったです。

 

f:id:mura306:20210126202605j:plain

途中でチボリ公園がありました。コペンハーゲンにある遊園地です。

 

 

f:id:mura306:20210126203415j:plain

デンマーク出身の童話作家アンデルセンは チボリ公園に足を運んでは童話の構想を練ったとのこと。

 

 

f:id:mura306:20210126203615j:plain

チボリ公園で子どもたちが遊ぶ様子を眺めているのでしょうか。素敵な演出ですね。

 

 

f:id:mura306:20210126195529j:plain

それから迷いつつも予約していたユースホステルに到着しました。

 

 

デンマ-クは日本以上に物価が高い国なので、mixドミトリー(男女混合の大部屋)を利用することにしました。ドミ自体は利用したことがありますが、男女混合の、しかも大部屋は初体験だったんですよ。ドミは若者が集うところなので、そこで日本人女性と会って、あわよくば一緒にごはんとかできたらいいなぁーなんて思っていたんです。

 

 

話は少し逸れますが、2020年現在でも一人旅は気楽で好きなのですが、食事の時だけは誰かいるといいなぁって思います。おいしさを共有したいし、色々な料理を試したい時は複数の方がいいのです。まぁ、最近では東南アジアの安食堂をよく利用するので、一人ごはん上等になりつつありますが。さ、寂しくなんかないもん!!笑

 

 

とまぁ、そんな感じでパートナーを探していたのですが…。結果として、10人中、女性は私1人だけの部屋でした…。ちーん!!

 

 

f:id:mura306:20210126195707j:plain

コペンハーゲンの滞在は1泊2日なのですが観光時間は実質半日なので、宿に荷物を置いて、即観光に出かけました。とっても可愛らしい街並みでした。

 

 

f:id:mura306:20210126195843j:plain

途中で、色々なパフォーマーに遭遇。

 

 

f:id:mura306:20210126195916j:plain

この人はずっと微動だにしませんでした。笑

 

 

f:id:mura306:20210126200238j:plain

ギネスワールドレコーズミュージアムは今思えば行けばよかったなぁ…。絶対、楽しそうでしょ???時間がなかったのが悔やまれる…。

 

 

f:id:mura306:20210126204908j:plain

デンマークは王室があるため、至る所にロイヤルシンボルがありました。

 

 

f:id:mura306:20210126204815j:plain

赤色が抜群におしゃれなんですよ。

 

 

f:id:mura306:20210126200448j:plain

まずは、運河が流れているニューハウン(Nyhavn)に行きました。

 

 f:id:mura306:20200808230554j:plain

私の中では、コペンハーゲンと言ったらニューハウンで、みなさんも、運河の両側を色とりどりの建物が並ぶ写真を見たことがあるはずです。これを見たいがためにデンマークに寄ったのです。

 

 

f:id:mura306:20210126200931j:plain

スモーキーな色の塗料で塗られた建物がとてもおしゃれでした。

 

 

f:id:mura306:20210126201442j:plain

その後は、運河ツアーというものに参加し、船に乗ってコペン市内を簡単に観光しました。

 

 

f:id:mura306:20210126200755j:plain

途中で人魚姫像も見ることができました。まぁ、思いっきり後ろ姿ですがね。笑

 

 

世界三大ガッカリと言えば

f:id:mura306:20200808231720j:plain

マーライオンシンガポール

 

 

f:id:mura306:20200808231748j:plain

②オペラハウス(オーストラリア・シドニー

 

 

f:id:mura306:20210126200755j:plain

③人魚姫像(デンマークコペンハーゲンらしいのですが、まぁ納得かなぁ?私も後でわざわざ人魚姫像を正面から見に行こうとは思いませんでした。笑

 

 

f:id:mura306:20210126200905j:plain

あと、乗っておいてなんですが、私はクルーズ船が苦手なんです。船酔いしやすいのが原因ではありません。じゃあ、なぜかと言うと、すぐに眠くなってしまうのです。

 

 

f:id:mura306:20210126201203j:plain

あの横に揺れる感じが心地良いのか、私は10分も乗っていればウトウトしてしまうのです。船酔いするよりは幾分マシですが、大事なシャッターチャンスを逃すことはよくあると思います(寝ているから知らないけど)。

 

 

f:id:mura306:20210126201059j:plain

でも、船酔い中も写真撮影どころではないと思うので、やはり寝てしまう方がマシかなぁ?笑

 

 

そういえば今思い出したのですが、シドニー短期留学時代に、オペラハウスを毎日フェリーから眺めて通学していましたが、その時も通学3日目からオペラハウスのありがたみがわからずに爆睡していました。色々と思い出のある場所なので、オペラハウス自体は好きですよ。でも、中には一度も入りませんでした。…よくわからないけどごめんなさい。笑


 

f:id:mura306:20210126201402j:plain

その後は、救世主教会というところに行きました。

 

 

f:id:mura306:20210126201656j:plain

ガイドブックで見て、ソフトクリームのような形の建物が面白いと思ったのです。建物の外側にある螺旋階段を上ると高いところまで行けるらしいのです。

 

 

f:id:mura306:20210126201818j:plain

私は高所恐怖症ではないですが、足元が見えると怖いんです。なるべく外の景色を見ながら、

 

 

f:id:mura306:20210126201844j:plain

螺旋階段を上りきると、チェコとはまた違う絶景を見ることができました。キレイだったけれど、怖かった…。

 

 

f:id:mura306:20210126202126j:plain

そんな感じでたった半日のコペン観光に満足し、お土産を買うことにしました。ショッピング街に行こうとしたら、道が閑散としていて、店がやけに閉まってる…。

 

 

「あ、今日、日曜日だった…。」

 

 

f:id:mura306:20210126201947j:plain

日曜日のため定休日か午後5時閉店の店が多かったのにもかかわらず、夜までやっている運河ツアーに先に行ってしまったことを後悔。でもまぁ、物価が高いから、店が開いていてもきっとたくさんのものは買わなかったはず…と、前向きに思うことにします。

 

 

f:id:mura306:20210126204510j:plain

と、当時の私の日記にはそう書いてましたが、わざわざ本まで買って研究していたスーパーIrmaには行きたかったし、デンマークのかわいい雑貨を見たかったという思いは今振り返ってもありますねぇ…。2009年当時も、北欧雑貨がじわじわと日本で流行ってきた時期だったので…。まぁ、その後スウェーデンのイケアやフィンランドマリメッコには行きましたが…。

 

 

そして、部屋に帰ると、同部屋の日本人のおじさまがいて話しかけられました。彼とは同郷&同業者という縁で、仕事の話で盛り上がりました。全然気がつかなかったのですが、同じ飛行機でコペンに来たようでした。世間は狭いですね。で、おじさまとしゃべってたら、10人部屋の全員がほぼ集合。男性陣は上半身裸でくつろいでて、うらやましかったです…。私は紅一点として、着替えがしづらかったですが…。

 

 

f:id:mura306:20210126204545j:plain

夕食は、日曜で店が閉まっているし、物価の高さで何も買う気になれず、日本から持ってきたカルビーのポテチでしのぎました(確か、おじさまもどん兵衛を食べていたはず。笑い)。食事に関しては、THE・デンマークというものを食べられなかったですね。その原因は物価の高さもあるし、滞在時間の短さと曜日のセレクトミスですね。デンマークにはレゴランドもあるし、またいつかリベンジかなぁ。

 

 

そして、翌朝5時に起き、スウェーデンに飛び立つために空港へ。行き同様、駅まで27kgのスーツケースを持って歩いて移動しました。ちなみに、飛行機の中で爆睡してしまい、離陸したことにも気がつきませんでした。どうやら、私の席の横に座っていた全身タトゥーの兄ちゃんの肩を借りて爆睡してたようで…。お兄さん、本当にごめんなさい。見かけによらず、いい人で良かったです。笑

 


f:id:mura306:20210126205352j:image

で、この後訪れたスウェーデンフィンランド旅行なのですが、保存していたはずのデータが飛んでしまいました。ちなみに、チェコ前に訪れたポーランドの写真も現地のネットカフェでデータを保存したのですが、なぜか開けない状態…。それでも、写真はほんの少しだけ残っていますので、また更新しようと思います。

#281 『安藤昇の世界』を覗いてみた。(2021.1.22)

本日、安藤昇の世界』と言う作品展に行ってきたので緊急投稿です!笑

 


f:id:mura306:20210122225750j:image

安藤昇さんは愛知県出身のアールブリュットアーティストで、障害者支援施設で陶芸やちぎり絵の制作をしている方です。

※同姓同名で道を極めた方がいらっしゃいますが別人です。汗

 

 

これまでも、アールブリュット(障害者アートのこと。外国では犯罪者のアートも含む場合もある)についての記事をいくつか挙げてきた私ですが、その原点は県主催で毎年無料開放されている障害者アートの作品展なんです。安藤さんの所属する施設の方の作品も見たことがあるのですが、安藤さん自身やその作品については実は最近まで知りませんでした。

 


 

 

 

たまたま愛知県のアールブリュット展を検索していたところ、今週末のみ愛知県蒲郡市で作品展が開催されることがわかったので、宿直明け(5時起き)の体で行ってきました。笑

 


f:id:mura306:20210122225829j:image

蒲郡クラシックホテルはかつては蒲郡プリンスホテルと呼ばれており、職員旅行で超高級ランチを食べに行った記憶があります。100年以上の歴史もあり、皇室との縁もあるんですよ。名古屋城と同じ、このエメラルドグリーン色の屋根が明治時代の建物って感じですね。

 


f:id:mura306:20210122225913j:image

で、今回の『安藤昇の世界』が開催されているのは蒲郡クラシックホテルのバンケットホールでした。ホテル手前の上り坂途中にありました。消毒と体温確認があり、いざ中へ!!

 

 

と思ったのですが、コロナ対策で入場制限がされていました。たまたま障害者施設の方々の団体の訪問と重なったのです。空いたらスタッフの方が呼びに来て下さるとのことなのでロビーでのんびり待ちました。

 


f:id:mura306:20210122225939j:image

15分ほど待って入場すると、動物がお出迎えしてくれました。会場に入る時、「今回はどんな面白い作品が待っているのだろうか?」って毎回ワクワクが止まらないんです。睡眠時間4時間なのに眠気どころかアドレナリン全開です。笑

 


f:id:mura306:20210122225955j:image

会場内はそこまで広くないのですが、その中に作品がびっしりと飾られてました。陶芸作品は中央、ちぎり絵は外側にありました。

 


f:id:mura306:20210122230008j:image

まずは陶芸の方を見ました。かわいらしい顔の動物に何だかほっこりします。

 


f:id:mura306:20210122230030j:image

作品説明によると、安藤さんは動物に必ず肛門を作るのがこだわりだそうです…あ、ほんとだ!!

 


f:id:mura306:20210122230055j:image

カメやワニもリアルなんだけど、可愛らしいのはなぜでしょう?きっと、安藤さんの優しい人柄があらわれているのかな…。

 


f:id:mura306:20210122230110j:image

ミニサイズ、

 


f:id:mura306:20210122230125j:image

はたまたミニミニサイズの動物達もいました。

 


f:id:mura306:20210122230138j:image

もちろん、こちらにもそれぞれキュートな肛門が。笑

 


f:id:mura306:20210122230154j:image

続いて、ちぎり絵コーナーへ。蒲郡プリンスホテル(現、クラシックホテル)を作ったものもありました。

 


f:id:mura306:20210122225829j:image

写真と比べてみてもよく特徴を捉えています。素材には、折り紙だけじゃなく、広告紙も使われているそうです。

 


f:id:mura306:20210122230715j:image

名古屋城などのお城シリーズ。

 


f:id:mura306:20210122230742j:image

ちなみに安藤さんは私の出身高校のすぐ隣の施設に入所していたため、作品のモデルとなる建物が、全国的には超ローカルな建物でも私界隈では超メジャーなものだったりします。こちらは私が以前住んでいた町の最寄駅です。たぶん、この駅を描いたプロアーティストは安藤さんだけでは??何だか、安藤さんがますます身近な存在に感じます。

 


f:id:mura306:20210122230310j:image

個人的に一番良かったのはこれ!!今は亡き志村けんのミュージカル「志村魂」のパンフレットを見て、ちぎり絵にしたものです。バカ殿の特徴をよく捉えてますねーー。着物の模様も細かい!

 


f:id:mura306:20210122230323j:image

で、更にじっくり見てみると、もっと面白いところが。バカ殿の家来である桑マン(そっくり!笑)はちゃんと作ってあるのにダチョウ倶楽部の顔が全然違うんです。たぶん、紳士服の広告モデルの顔を貼り付けたのかなぁ?安藤さんの遊び心が溢れてますねー。見ていてニンマリしてしまいました。

 


f:id:mura306:20210122230344j:image

パンダのちぎり絵なども色合いが素敵でした。色々な緑を使い分けてます。

 


f:id:mura306:20210122230409j:image

竹島を描いたものも…。

 


f:id:mura306:20210122230418j:image

あ、あ、竹島とは、愛知県蒲郡市にある小さな島のことで、某国に不法占拠されている竹島とは違いますので悪しからず。ややこしいですがね。

 


f:id:mura306:20210122230806j:image

私がじっくり何周も「おかわり」してる中、障害者施設の利用者さんと職員の方も楽しみながら鑑賞していました。有名な画家の作品展は私語は慎まないといけないですが、アールブリュットは作品の感想を言い合いながら楽しめるのもいい所なんですよね。だから、大人も子どもも、健常者も障害をもった方も楽しめるんです。

 


f:id:mura306:20210122230817j:image

安藤昇の世界』は2021年1月24日(日)までの超短期開催ですが、もしその時期に蒲郡に行く予定のある方は是非是非!!入場無料です!


 

 

#280 ドーミーインに泊まってみた。(2021.1)

f:id:mura306:20210120215333j:image

ドーミーインは、日本全国にあるホテルチェーンで、コンセプトは「快適に、シンプルに、住むホテル」だそうです。今月初め(緊急事態宣言発令寸前)に三重県のドーミーイン津を利用したのですが、かなり快適だったのでここでも皆様にオススメしたいと思います。

 ちなみに、公式HPはこちら↓ 

 

 

f:id:mura306:20201026235646j:plain

なお、ドーミーインを利用するのは2回目で、初めての利用は福島県のドーミーイン郡山でした。この時に快適だと思ったので、津でも利用しようと思ったのです。



f:id:mura306:20210120215355j:image

ドーミーインはシングル1泊6000円くらいで、近隣に安いホテルはいくつかあったのですが、痒いところに手が届くサービスが素晴らしいので、ここに泊まることにしました。では、その素晴らしい点を順に挙げていきます。

 

 

①立地が良し!

f:id:mura306:20210120215406j:image

ドーミーインは駅前にあることが多いんですよ。目的の駅に到着し、そこから歩いてすぐにホテルがあるというのは、出張でも旅行でも便利ですよねー。到着が遅くなっても安心ですし…。手荷物をチェックアウト後も預かってくださるそうなんですが、そういう時も駅に近いというのはとってもいいことなんですよね。

 

 

②天然温泉がある!

f:id:mura306:20210120215440j:image

ドーミーイン名物と言えば天然温泉です。津の場合は、「けやきの湯」と呼ばれる大浴場があります。お風呂は1種類だけでなく何種類かある上にサウナもありました。

 


f:id:mura306:20210120215654j:image

まぁ、私はサウナに入ったからかのぼせてしまい、バスタオル1枚を巻いたまま脱衣場でしばらく目の前が真っ暗になりましたがね。笑

 


f:id:mura306:20210120215458j:image

なお、女性風呂を利用する際は5桁の暗証番号が必要となります。暗証番号はフロントでもらえるホテル案内の内側に書いてありますので、その番号を暗記するかこの紙を持参するかしないといけないので気を付けてくださいね。

※念のため、一部モザイク加工してあります。

 

 

③夜鳴きそばが食べられる!

f:id:mura306:20210120215633j:image

夜鳴きそばもドーミーイン名物なんです。少し小腹が空いた21:30から、レストランにて夜鳴きそばの無料サービスがあるんです。ハーフサイズなのも嬉しい限り。ちなみに、津では23:00以降はフロントでカップラーメンがもらえるそうです。私は立ち眩みが治った後にレストランに行き、食べましたよ。のぼせた後だろうと、そりゃあ、食べるよね。笑

※写真左の白い紙はマスク入れです。笑 

 

 

④湯上り後にアイスが食べられる!

f:id:mura306:20210120215718j:image

津では、レストラン前にて一口サイズのアイスクリームが自由に食べられるようになっていました。

 


f:id:mura306:20210120215751j:imageのぼせた…、イヤ、火照った体には嬉しいサービスなんです。

 


f:id:mura306:20210120215730j:image

朝になると、代わりに乳酸菌飲料が置いてあります。こういう、さりげないサービスが嬉しいんですよねー。

 


f:id:mura306:20210120215804j:image

のぼせた身体を冷やすために3種類の食べ比べをしました(←都合の良い言い訳)が、全体的に味が薄めでしたねー。

 


f:id:mura306:20210120215816j:image

ソーダかバニラがおすすめ!それでも、やはり味は薄めです…。でもでも、そのお心遣いだけで十分いいんです。

 

 

⑤洗濯機が無料で使える!

f:id:mura306:20210120215954j:image

浴室の脱衣場に洗濯機が数台あり、無料で使えました。液体洗剤も無料です。ただし、乾燥機は有料なので、悪しからず。長期滞在者にも嬉しいサービスですねー。

 

 

⑥ホットコーヒーが無料で飲める!

f:id:mura306:20210120220123j:image

1階のエレベータ横に、無料のコーヒーサービスがあります。チェックイン後や、外出から帰ってエレベータに乗る前にコーヒーを持って部屋に行けちゃいます。普段はコーヒーを飲まない私ですが、冷えた身体を温めるために一杯頂きました。

 

 

⑦漫画が充実!

今回、読む時間がなかったのですが、漫画がたくさん置いてあるようです。連泊しても飽きなさそうでいいですねー。

 

 

⑧アメニティも充実!

f:id:mura306:20210120220010j:image

今時のホテルはアメニティが充実しているのかもしれませんが、ドーミーインもその例に漏れずなわけでして…。こちらは部屋のアメニティ。

 


f:id:mura306:20210120220424j:image

大浴場の脱衣場はこんな感じ。定期的にスタッフが清掃&消毒をされてました。

 


f:id:mura306:20210120220506j:image

化粧水や、大浴場のシャンプー類もPOLAでしたよ。

 


f:id:mura306:20210120220028j:image

個人的には、このジャージー素材の寝巻ラクチンでいいですねー。人間ドックを何となく思い出すビジュアルですが、浴衣みたいにはだけないのがイイ!!

 


f:id:mura306:20210120220042j:image

それから、地味に嬉しいのが消臭スプレー。特に冬場は、同じコートを翌日も着ないといけないからニオイが残ると困るのですが、居酒屋や焼き肉屋などから服がニオイを持って帰ってきてしまっても、これさえあれば大丈夫!!わたくし、私物を持参しましたが無駄でしたわ。笑

 

 

⑨朝食も素晴らしい!

f:id:mura306:20210120230857j:image

朝食は有料のため、1500円追加で食べることができます。

 


f:id:mura306:20210120231001j:image

食事はビュッフェスタイルを取っていますが、主食や汁物はスタッフが配膳してくれ、副菜類は蓋のついた小鉢を客が自由に取るスタイルでした。準備にとても手間がかかると思うのですが、コロナ対策をきちんとした上でビュッフェを催行して下さるホテルの企業努力には頭が下がります…。

 


f:id:mura306:20210120221140j:image

いただきまーす!

 

 


f:id:mura306:20210120221229j:image

こちらが名物のまむし丼。名古屋名物のひつまぶしのような感じです。以前は鰻が細かく刻まれていたらしいのですが、最近改良されて鰻丼のようになってました。ごはんにもしっかり味がついていておいしかった!!!甘だれは日本人なら大好きな味ですねー。

 

 

⑩スタッフが親切!!

チェックインの際に、温かいおしぼりで迎えて下さったり、シングルを予約したのに空いているからとダブルルームにグレードアップして下さったり、お願いにも笑顔で対応して下さりと、とても感じの良い対応でした。スタッフの対応の良いホテルはまたリピートしたくなりますね!

 

 

⑪部屋も清潔!!

f:id:mura306:20210120221458j:image

エレベータで部屋のある階に行き、廊下を歩いて部屋に入り…。

 


f:id:mura306:20210120221547j:image

カギを差すと、部屋の電気が点きます。オートロック式ドアなので、部屋を出るときはカギを忘れないこと!

 


f:id:mura306:20210120221654j:image

部屋はこんな感じです。ダブルベッドでゆったり眠れました。

 


f:id:mura306:20210120221822j:image

シャープの今は無き世界の亀山モデル』のテレビが置いてあるのも三重県ならではですな。ちなみに、家のテレビと一緒です。どーでもいいですね。笑

 


f:id:mura306:20210120221924j:image

空気清浄機もありました。使ってないけど。

 


f:id:mura306:20210120221951j:image

シャワーもついてますが、湯船はありませんので悪しからず。

 


f:id:mura306:20210120222105j:image

少し見にくいですが、冷蔵庫、給湯器なんかもあります。強いてマイナス面を挙げるとすれば、洗面台の蛇口が捻るタイプなので、コロナ対策としては少しマイナスかなぁー。1人で部屋を使う分には良いけれども…。

 


f:id:mura306:20210120222237j:image

以上、ドーミーインについてまとめてみました。場所によっては上記のサービスがないところもあるかもしれませんので、事前にホームページで調べてから予約をして下さいね。旅行先や出張先にドーミーインがあれば是非利用すべし!!!

#279 京都駅前の激安宿を利用してみた。(2020.11)

f:id:mura306:20210113223025j:image

天橋立旅行編ラストは、Kさんと合流する前に前泊した京都駅から徒歩圏内にある激安オススメ宿について書きたいと思います。天橋立に行く前の話なので、時系列としては逆になってしまいますが、やっぱりどうしても書きたいので。笑

 


f:id:mura306:20210113223415j:image

その名は京舞イン。『きょうまい イン』と読みます。

 


f:id:mura306:20210113223511j:image

場所は京都駅の中央口(北側)を出て、京都タワーが正面に見えたら、ひたすら東に歩きます。

 


f:id:mura306:20210113224309j:image

かなり雑ですが、こんな感じに歩くとあります。笑

 


f:id:mura306:20210114093850j:image

途中、薬局前で信号があります。

 


f:id:mura306:20210113224417j:image

それを越えると『京舞イン』の看板が見えます。京都駅中央口からここまで約3分。いや、もっと近かったか??(公式HPでは、京都駅から徒歩1分と書いてあります)

 


f:id:mura306:20210113224513j:image

外にインターホンがないので、この白いドアを引きました。

 


f:id:mura306:20210113224704j:image

中に入るとエレベータの右側にインターホンがあるため、それを使って、スタッフの方を呼びました。

 


f:id:mura306:20210113224636j:image

すると、エレベータに乗って男性スタッフがいらっしゃいました。超格安で泊めてもらう貧乏旅行者の私なんかに、非常に丁寧で腰の低い対応をして下さるのが申し訳なくなるほど、とても気持ちいい接客でした。

 

 

チェックイン時刻(16:00)前ですが、13時から16時は荷物を預かってくれるので、お願いしました。京都駅付近は昼間に空きコインロッカーを探すのも一苦労なので、これは本当にありがたいです。余談ですが、京都駅のコインロッカーが埋まってしまってどうにも困ったときには四条駅のコインロッカーを使うと良いですよ。でも、それでも空きロッカーがない時は藤井大丸の荷物預かりサービスを使えば大丈夫!!1階のサービスカウンターで300円で預けられる上、店内で買い物をしたレシートを持参すれば0円で預けられます(後払い制)。

 

 

話は戻り、荷物を預けた後にスタッフに宿泊料金を払いました。そのお値段は…。

なんとシングル(素泊まり)で1355円!!

 

 


f:id:mura306:20210114092137j:image

でも、それで驚いてはいけません。2020年11月当時はgotoキャンペーン絶賛実施中だったため、1000円のクーポンが付いたんです。ということで、実質355円で宿泊ですよ???京都駅から徒歩3分の立地でですよ????ちなみに、あらためて今HPを調べたところ、普段はシングル4000円~のようなので、悪しからず。それでも、十分コスパはいいですけどね!!

 

 

 

355円の宿って、インドでももう少し高い宿にしか泊まったことないぞ??(探せばあることは知っているが、南京虫とか怖くて泊まる勇気がない。笑)


 


f:id:mura306:20210113231509j:image

夜に宿に戻ってくると、また同じ手順でスタッフを呼びます。昼と同じ方が、超丁寧な接客をして下さいました。何と言うか…、355円で泊まらせてもらうから、タメ口や命令口調でも当然なはずなのに恐縮です。笑

 



f:id:mura306:20210114093957j:image
スタッフから鍵を受け取ると、『朝はスタッフ不在ですので、鍵を部屋に置いてチェックアウトして下さい』と言うことでした。エレベータで4階に行き、我が部屋を探します。

 


f:id:mura306:20210113231443j:image

こちらが355円のお部屋です。狭いね。三畳ってところでしょうか。ちゃぶ台もあるため、布団を敷くと畳部分はほぼ見えなくなります。縦長が間取りで、この裏側に風呂とトイレがあります。西成のドヤってこんな感じですかね?利用したことないけど。

 


f:id:mura306:20210113231751j:image

灰皿も布団も、昭和で時が止まってますね。ちなみに、私は喫煙者ではないので、禁煙ルームを予約したような気もするのですが、灰皿が置いてありました。もしかしたら禁煙喫煙の部屋分けが元々なかったのかもしれませんが、タバコ臭さはなかったです。

 

 


f:id:mura306:20210113231945j:image

ユニットバスになっています。古い宿ですが、トイレとお風呂はキレイに掃除されてました。カーテンもカビはなく清潔です。

 


f:id:mura306:20210113232043j:image

お風呂はこんな感じ。キレイなのですが、さすがの私でも、この宿での石鹸のシェアはできません…。笑

 

 


f:id:mura306:20210113232209j:image

このバスマット、おばあちゃん家のものと同じでした。使い古された感じなのですが、さんざん迷った結果、おばあちゃん家のものだと思い込んで入浴後だけ使いました。気になる方は身体を拭いた後のバスタオルをマット代わりにするといいかもですね。

 


f:id:mura306:20210113232356j:image

ドライヤー、ポット、謎のくまさんオブジェ(キッチンペーパーホルダー?笑)かテレビの下にありました。電源はちゃぶ台の下にあります。ポットも何となく使えませんでした。笑

 


f:id:mura306:20210113232633j:image

その他、アメニティはこんな感じ。まさか、布マスクまで頂けるなんて…。

 


f:id:mura306:20210114094936j:image

布団はかなり年季が入ってましたが、カバーはどれも糊でパリッとしており、カバーをすれば特に問題ありませんでした。

 

 

ただ、私はアレルギー持ちなのです…。ダニによる痒みはありませんでしたが、翌朝に咳き込むことがありました。もしかしたら、ハウスダストやダニに反応したのかもしれません。いや、勝手な予想なので、実際は知らないですよ?でも、経験上、そう思うのです。おばあちゃん家の古い布団を使った時にも咳が出たため布団用ダイソンかけたら…。あ、これ以上は自粛します。笑

 


f:id:mura306:20210114091215j:image

素泊まりのため、朝食は自分で調達します。すぐ近くにローソンやファミマがあるため、コンビニで買ってもいいですが、宿近くに本家 第一旭という超有名ラーメン店があり、朝5時から朝ラーをやっています。食べたい!と思い、行ってみたのですが、7時前なのにまさかの長蛇の列で断念…。お時間のある方は是非。(新福菜館と言う、これまた超人気ラーメン店が隣にありますが、こちらは9:00~営業です)

 


f:id:mura306:20210114091323j:image

ポルテを歩いても、7時前からやっている店ってなかなかないんですよ。イノダコーヒーも営業前だったので…。と言うことで、つくもうどんで朝うどんを食べました。

 


f:id:mura306:20210114091333j:image

コスパもいいし、カウンターですぐに受け取るスタイルなのでオススメです。九条ネギうどん、おいしかった!!!

 

 

f:id:mura306:20210113223415j:plain

京舞インは、

①立地が良い

②安い

と言う点では本当にパーフェクトです。私みたいに、翌朝に京都駅から電車やバスで移動する方にはかなりオススメですよ。四条も便利ですが、なんせ地下鉄やバスで移動しないといけないですからね。

 


f:id:mura306:20210114095234j:image

ただし、アレルギー持ちや潔癖症の方は、ご自分の体調や体質と相談してから宿の予約をするようにした方が良いと思います。便利な場所にとにかく安く泊まりたい方には超オススメ宿です。あと、再度書きますが、普段は4000円~の宿のようですので、その点も詳しくはホームページで最新情報をご確認をお願いします!

#278 天橋立で松葉ガニを堪能してみた。(2020.11)

f:id:mura306:20210112200454j:image

松葉ガニとは山陰地方で捕れた雄のズワイガニの名称であり、タラバガニや毛ガニ等と比べると確かに松葉のように細長い手足を持ったカニです。ちなみに今調べたところ、「ズワイ」と言う言葉も、細い木の枝を表す古語の「楚(すわえ)」が由来のようですね。

 

 

f:id:mura306:20210113220446j:plain

北陸で捕れたズワイガニは越前ガニとなり、愛知県在住の私にとって、カニを食べに出かける場所と言えば福井県であり、家族旅行や社員旅行でよく食べに行きました。爪に輝く黄色いタグが越前ガニの印なんです。

 

 

天橋立に行くことが決まり、当初は旅行日を10月末に設定したのですが、松葉ガニは漁の解禁日が決まっており、2020年は11月6日からしか食べられないことが判明しました。だから、10月末で宿を検索しても、カニが食べられるプランがないわけだ…。

 

 

と言うことで、旅行日を11月末に変更しました。せっかくなら、天橋立に行くついでに松葉ガニが食べたい!!!しかも、当時はgotoキャンペーンにより超破格値(1人22,000円→14,300円!!)でカニづくしプラン(カニ刺し付き)が予約できたのです♪9月初めに予約したので、そこから2ヶ月半の間は松葉ガニが私の心の支えでした。笑

 


f:id:mura306:20210113221737j:image

そして、待ちに待った11月の三連休初日になりました。宿に戻ると、もう既に食事会場ではカニたちが私たちを待ち構えてました。

 


f:id:mura306:20210112200515j:image

うぉぉぉ!!!食べる前からテンションが上がります。

 


f:id:mura306:20210112200527j:image

カニづくしプランには

カニ刺し

茹でガニ

カニの甲羅焼き

焼きガニ

カニすき

カニの甲羅茶碗蒸し

カニ雑炊

などのカニ料理が付きました。

 


f:id:mura306:20210112200543j:image

焼きガニはすぐ横でおばちゃんが焼いてくれました。

 


f:id:mura306:20210112215930j:image

見よ、甲羅の切れ目から飛び出す、このカニの身のふくらみを!!!

 


f:id:mura306:20210112220003j:image

焼きたてを『アツッ!』と言いながら手で掴み、頬張るのが本当に幸せでした。個人的意見ですが、カニの甘さに香ばしさも加わる焼きガニは、カニのおいしさを一番引き出してるなぁって思ってます。

 


f:id:mura306:20210112200555j:image

焼いたカニ味噌の焼酎割が出ましたが、私はカニ味噌も苦手な上に下戸なので、相方Kさんにあげました。かなり濃かったようです。お酒を飲む方にはおいしいんだろうなぁー。おいしさが共有できない自分がつらい…。

 


f:id:mura306:20210112200616j:image

カニ刺しも甘くて美味しかったー。氷で身を締めるため、花が開いたような見た目になるんですよねー。カニ身の粒のプチプチした食感が面白いのはお刺身ならではですな。説明が下手くそで申し訳ないけども。

 


f:id:mura306:20210112200641j:image

カニすきは、ポン酢でさっぱりと頂くのでいくらでもいけます。海鮮は茹ですぎると固くなるので、茹でたカニはちょいレアくらいが自分好みです。笑

 


f:id:mura306:20210112221019j:image

カニの足の付け根部分はおいしいけど取りにくいのが難点だと思うのですが、  おばちゃんが「食べきれなかったら雑炊に入れるからね」とおっしゃるので、遠慮なく残しました。笑

 


f:id:mura306:20210112200650j:image

すると、ぜいたくなカニ雑炊が出来上がった状態で登場。ほんと、カニづくしの〆までカニ三昧で、幸せすぎる…。

 


f:id:mura306:20210112221626j:image

骨まで食べられる魚の唐揚げもおいしかったです。某フライドチキンとはまた違う『魔法の粉』がまぶされていて、やみつきになる味とプルプルした食感でした。が、さすがに骨までまるごと食べるのは口腔内に刺さりそうで残してしまいました、ごめんなさい。号泣

 


f:id:mura306:20210112200738j:image

Kさんは普段カニをそこまで食べないらしいのですが、大変感動され、さらにお母様のために松葉ガニを送ってました。素晴らしき親孝行ですな。

 


f:id:mura306:20210112221158j:image

翌朝も朝食にカニのアラ汁が登場しました。カニの付け根部分が具として入っており、そこから出る出汁がたくさん溶け込んでいて美味しかったです。

 


f:id:mura306:20210112221558j:image

と言うことで、天橋立松葉ガニを十分すぎるほど堪能しました。松葉ガニ漁の解禁日は毎年異なるようですので、カニを食べたい場合は事前に調べてから旅行日を決めることをオススメします!

#277 傘松公園で股のぞきをしてみた。(2020.11)

f:id:mura306:20210104113141j:image

『股のぞき』天橋立の名物であり、天橋立北側の傘松公園ですることができます。お立ち台に立ち、股から覗く天橋立は竜が昇っているように見えることから、傘松公園からの景観は昇龍観と呼ばれています。

 

 

f:id:mura306:20210104105945j:plain

股のぞきがやりたくて、傘松公園までやってしました。リフトとの恐怖と戦いながらね。笑

 

 

f:id:mura306:20210103230133j:plain

到着したのは15:55頃のこと。だいぶ日が沈んできたため、天橋立もキラキラと輝いてました。

 

 

股のぞきのお立ち台は3ヶ所あり、傘松公園内で既に覗いた方の会話を耳にしたところ、それぞれの場所から拝める昇り龍の姿は違うとのこと…。

 

 

f:id:mura306:20210104113141j:plain

さて、やってみよう!股のぞき~!!

 

 

うーん、意外に怖いねぇ…。バランスを崩して後ろに倒れたらって思うと…。左右に手すりがあるのも納得ですわ。

 


f:id:mura306:20210104114505j:image

そして、昇り龍…。まぁ、確かに…昇り龍かな…?3ヶ所とも体験してみましたが、本当に微妙に景色が違うような?って感じでした。(怖くてあまり覚えていない。ちなみに↑は単に上下半転しただけの画像なのであくまでイメージ画像です。笑)

 


f:id:mura306:20210110163848j:image

傘松公園ではもう1つの名物があります。それはかわらけ投げと呼ばれる瓦投げです。投げた瓦が輪の中を潜れば幸運が訪れるそう。開運を願って大勢の観光客が挑戦する様子を見ていると、大半の方が失敗する中、女性2人が成功してました。

 


f:id:mura306:20210104114607j:image

かわらけはセルフ形式で3枚200円で売られているので、お金を箱に入れてから瓦を取り出します。

 


f:id:mura306:20210104114620j:image

素焼きの瓦はかなり軽いです。飛ぶのかな、これ?笑

 


f:id:mura306:20210104114637j:image

看板によると、フリスビーを投げるような横投げでスナップを効かせて投げるといいらしいです。輪まではそれほど離れていません。いざ、挑戦!!!

 


f:id:mura306:20210104114708j:image

が、運動音痴の私はもちろん大きく外しまくりました。同行者のKさんだけでなく、他の人も見ているので恥ずかしかったですが、Kさんもあと一歩のところで入らなかったことだけは念のためご報告させていただきます。笑

 


f:id:mura306:20210110163911j:image

映えスポットもありました。最近はこういうものがないと若者が来ないんですかねぇ。夕日をバックに撮っている人が多かったので、私たちも便乗しましたがね。笑

※写真では全体を収めていたのですが、なぜか画像の上半分がぐちゃぐちゃになってました…。パワースポットなのか?笑

 

 

f:id:mura306:20210102223122j:plain

それにしても、本当に美しい眺めだなぁー。松島も宮島も素晴らしかったけれど、日本三景のうち、どこか1か所だけオススメするとしたら、個人的には僅差で天橋立かなぁ。経由地(京都市)からのアクセスがあまり良くないことだけはマイナスだけども…。

 

 

f:id:mura306:20210103230343j:plain

モーターボート がその大きな理由の一つなんです。もし、残り2か所でもモーターボートに乗れるとなると、順位が変わるかも???笑

 


f:id:mura306:20210110164103j:image

ちなみに、天橋立では「股のぞき」というお土産も売られています。

 


f:id:mura306:20210110201303j:image

中身はミルク餡の入った饅頭(『なごやん』とか『ままどおる』系)です。あとは、写真は撮ってこなかったのですが、天橋立限定のキティも股のぞきしてました。ほんと、あの子は〇軽だから、何でもコラボしちゃうんですよね…。気になる方は「天橋立 キティ」でググって見てください。どー見ても兜かぶったようなキティですので。笑

 

 


f:id:mura306:20210110164357j:image

カニポーズで股のぞきをした後は、宿に戻ってカニ三昧。そのことについては次回書きます。

#276 傘松公園までリフトで移動してみた。(2020.11)

f:id:mura306:20210104105745j:image

モーターボートで天橋立の南側から北側まで移動した私たちが次に目指すところは府中駅です。

 


f:id:mura306:20210104105849j:image

府中駅では、傘松公園までのリフトとケーブルカーに乗ることができるのです。

 


f:id:mura306:20210104105904j:image

リフトもケーブルカーも値段が一緒のため共通券を購入することになるのですが、1時間に4本運行しているケーブルカーは17時に終了になるのに対して、いつでも乗ることのできるリフトは16時に終了です。どちらも体験してみたかったため、行きはリフト、帰りはケーブルカーを利用することにしました。

 

 

自転車との共演NGに続き、高1で行ったスキー合宿以来、私にとってはリフトも要注意人物なのです。リフトが来たと思って腰掛けようとしたらまだ来ておらず、私の頭上をリフトが通ったのです。それと同時にリフトが緊急停止し、私の方を一斉に振り返るスキーヤーたち…。本当に恥ずかしかったです。スキー場でリフトが止まると「あー、もうなんで?」とイラつくと思うのですが、止めた原因は私のような迷惑客だと思うので、代表して私が謝罪しておきます。すみませんでした!!!号泣

 


f:id:mura306:20210104110003j:image

とまぁ、話が逸れましたが、そんな感じでリフトも恐怖対象なんですよ。地に足がつかない乗り物はキライだね。でも、自転車と比べれば、気を付ければ大丈夫…。と言うことで、乗ることにしました。

 


f:id:mura306:20210104105932j:image

リフトの恐怖と戦う私のよそに、Kさんは軽やかにリフトに乗っていきました。リフトが太ももの裏に当たったら腰掛ければいいだけなんだよ…。

 


f:id:mura306:20210104105945j:image

と、無事に乗ることができました。やればできるじゃん!!

 


f:id:mura306:20210104110025j:image

だがしかし、上りと言うのは視界がひたすらリフトが上がっていく様子ばかりなんですよね。当たり前のことなんですが、これってリフト恐怖症からするとキツいんですよ。

 


f:id:mura306:20210104111445j:image

視界に絶景が広がっていれば、恐ろしさは半減だと思うのですが、横を見ても林が広がっているだけだし、前を見てもひたすらリフトが上がっていく光景しかないのはキツイっす。涙

 


f:id:mura306:20210104110103j:image

そして、ケーブルのつなぎ目で時々来るガタンって言う衝撃。怖いんです。

 


f:id:mura306:20210104110049j:image

看板は私の心の声を代弁してくれてます。

 

 

f:id:mura306:20210104111606j:plain

本当、迷惑行為は止めてくださいね。私も止めたことがあるけどさ、こんなところで急停止なんかしたら泣きますからね…。本当にあの時リフトに乗っていたスキーヤーおよびスノーボーダーの皆様、スミマセン。

 


f:id:mura306:20210104111244j:image

突然、振り返ったKさんが「後ろ、天橋立が見えるよ!」って言いました。恐る恐る振り返ると一瞬だったけど確かにキレイでした。でも、やはり振り返るのはバランスが崩れて落ちそうで怖いので、内蔵カメラで背後の様子を撮影したのが↑です。笑

 

 

その時、私は思ったのです。リフトは復路で利用するべきだと…。リフトは16時までの運行なのですが、秋だと15時くらいから西日が天橋立を照らしていてとってもキレイなんです。それを見ながら府中駅まで下りてくるのがベストだと思います。

 


f:id:mura306:20210104110139j:image

そろそろリフトともお別れの時期がやってきました。着地してから外に逸れるのも怖いんです。タイミングを取るのって本当に苦手なんですよ。小学生の時にやった大繩の8の字跳びでも、いつも私の後で連続回数が止まるんですよ。その度に「あ~ぁ」って落胆の声が漏れるんです。かと言って、縄を回す人になっても腕が痛くなるから続かないし…。

 


f:id:mura306:20210104110602j:image

でも、スキーリフトや大繩のトラウマに打ち勝ち、今回は無事に着地することができました。まぁ、みなさんからすれば当たり前のことですよねー。笑

 


f:id:mura306:20210104110207j:image

傘松公園では、かさぼうが『頑張ったね!』と笑顔でお出迎えしてくれます。ありがとね。笑

 


f:id:mura306:20210104110219j:image

傘松公園にはこんな看板もありました。早く言ってよね!!!笑

 


f:id:mura306:20210104113010j:image

帰りに利用したケーブルカーについても書きます。まぁ、いたって普通のケーブルカーですが、1時間に4本(往復ともに毎時00分、15分、30分、45分)しか走っていないので乗り遅れには要注意ですね。

 


f:id:mura306:20210104110301j:image

進行方向を考えると、ケーブルカーの前の方に乗ると天橋立を見ることができます。座席は少ないですが、立っても見ることができるので、前の方に行くことをオススメします。

 


f:id:mura306:20210104111101j:image

ケーブルカーはリフトと比べて安全だし、到着が早いですね。あっという間でした。

 


f:id:mura306:20210104111041j:image

今回は府中駅から傘松公園までのアクセスについて書きましたが、リフトについて書いているだけで手に汗をかいてしまいました。私みたいにリフトが苦手な方は復路にリフトの利用か、往復ケーブルカーの利用をオススメします。共通乗車券なので、その時の気分でどちらにしようかを決められますが、リフトは16時までしか動いていないのでそこだけは十分ご注意ください。

#275 天橋立をモーターボートで渡ってみた。(2020.11)

f:id:mura306:20210103230133j:image

京都府宮津市の観光名所である天橋立は松島(宮城県)と宮島(広島県)と共に日本三景に選ばれています。

 


f:id:mura306:20210104093319j:image

私は2012年8月に松島を、

 


f:id:mura306:20210104093452j:image

2016年3月に宮島には訪れたことがあるのですが、

 

 

天橋立は行く機会がないまま令和を迎えてしまいました。以前来日したポーランド人から「ミヤヅは最高だったぜ!!え、まだミヤヅに行ったことないのかい?信じられないね!!」と言われてしまいました。ミヤヅって…。間違ってないけどさ。笑

 

 

で、いつも旅を一緒にさせていただいている、毎度おなじみのKさん(九州在住)も天橋立に前々から行きたかったらしく、せっかくなら松葉ガニの季節を待って、11月下旬(2020年は11月6日に松葉ガニ漁が解禁された)の連休を使って行くことにしたのです。

 

 

 

f:id:mura306:20210102223122j:plain

まず天橋立に到着してから宿に荷物を預け、傘松公園を目指しました。天橋立には4か所の景観スポットがあるのですが、傘松公園からの眺めは昇竜観昇竜拳ではない。笑)と呼ばれ、「股のぞき」をすると昇り龍が見られるんです。件のポーランド人もこれをやったらしく、写真を送ってくれました。天橋立と言えば「股のぞき」なんですよ。できれば、そこから日没も見たいな…。

 


f:id:mura306:20210103230219j:image

傘松公園に向かうリフト乗り場(府中駅)までは歩いて行けるので、のんびりと歩いて行こうとしました。すると橋の上から気になるものを発見。赤く見えるのはモーターボートじゃありませんか。

 


f:id:mura306:20210103230237j:image

近くまで行ってみると、片道600円と、決して高くないお値段でした。係のおじさんに私たちの希望を伝えると「日没を傘松公園で迎えるのは難しいよ。ロープウェイも17時でなくなっちゃうからねぇ。」とのこと。そうか、じゃあ日没時刻まではいられないんだなぁ…。

 

 

f:id:mura306:20210103230854j:plain

おじさん「行きをモーターボートにして、帰りを自転車にするのはどうだい?天橋立を自転車で通るのはオススメだよ。写真を撮りたくなったら立ち止まればいいし。」

 

 

 

うーん…。

 

 

恥を覚悟で書きますが、私、自転車とは共演NGなんですよ。小学生の頃は普通に乗っていましたが、10歳位で乗らなくなったら平衡感覚を失ってしまいました。おかげで自動車免許を取るときの原付講習では、20人くらいの受講者に教官2人だったけど、気が付けば私だけマンツーマン講習でしたよ。教官が原付を後ろから支え、離す度に私がバランスを崩す…の繰り返しでしたが、最終的には「今、自分だけで走ってるぞー」と教官が後ろから叫んでいたことを20年経った今でも覚えています。まぁ、それでも今でも怖くて乗れませんがね。笑

 

 

Kさんは私が自転車に乗れないことを知っていたっけな?頼む、Kさん。「じゃあ、帰りは自転車にしよう!」って提案しないでおくれ!!

 

 

もしくは、乗れないと知っていても「うーん、でもSさん(=私)が自転車に乗れないから、帰りは歩こうか」っておじさんの前で発言するのもやめてーーー!!!!

 

 

私がそれとなく「の、のんびり歩くのもいいよね…」と言うと、Kさんもおじさんも何かを察したのか「じゃあ、行きはモーターボート、帰りは徒歩だねー」と話がまとまり、一安心。笑

 

 

 

 

 

f:id:mura306:20210103233005j:plain

600円ずつ払い、モーターボートに乗ろうとすると、つい先ほど出発したばかりなので待つように言われました。少し待つことにはなりましたが、次の便の1番乗りなのでタイミングが良かったです。

 


f:id:mura306:20210103230556j:image

そしてモーターボートが戻ってきました。私たちが目指すのは船の先端席です。長い棒状の座席があるので、そこに跨いで座り、進行方向を向いて準備万端です。あとは出発の時を待つのみ…。他には小学生の子どもを含む4人家族がいましたが、子どもたちは私たちの反対側の席で跨って座り、両親は運転席後方の席(屋根付き)に着きました。

 


f:id:mura306:20210103230529j:image

出発すると、なかなかの勢いで湾内を進みました。波もないので風がとても気持ち良かったです。アクロバティックな動きもないため、船酔いしやすい人でも大丈夫だと思います。

 


f:id:mura306:20210103230434j:image

15:30頃に乗船しましたが、既に太陽はだいぶ沈んでいたため、夕日が眩しかったです。

 


f:id:mura306:20210103233238j:image

フェリーも運行しているようです。松島同様、鳥がえさを求めて同行してました。笑

 


f:id:mura306:20210104093339j:image

これは松島のフェリーからの様子。たくさんのプロハンターカモメが追尾する様子はやや恐怖でした。笑

 



f:id:mura306:20210104093648j:image
あっという間に向こう岸に到着してしまいました。5分くらいの乗車時間だったかな?

 

 

f:id:mura306:20210103230503j:plain

もっと乗っていたいくらい楽しかった!!無意味に何往復もしたいほど。

 

 

ちなみに、帰りもモーターボートにしなかった理由は、私たちが傘松公園から戻ってくる頃にはモーターボートの営業が終わっているだろうとおじさんに言われたからです。HPによると、営業時間は8:00~17:00(12~2月は16:30)とのことです。

 

 f:id:mura306:20210104130433j:plain

クロアチアのモーターボートでは、午後の満潮に荒波が加勢し、船内で飛ばされないように踏ん張る私たちに波が容赦なく入ってくるという、バラエティ番組でもなかなか見ないような「罰ゲーム」を経験したので、それと比べると天橋立のモーターボートは物足りなかったですね。あれは本当に悪夢のようでした。しかも、青の洞窟は見れんかったしさ!号泣


 


f:id:mura306:20210103233330j:image

天橋立を歩いて渡っていると、自転車に何回か抜かされました。きっと自転車で駆け抜けるのも気持ちいいんだろうなぁ…。でも、私は足が地につかない乗り物は運転できないんだよー。自転車とか原付とかバイクとか…。あ、馬もだった。Kさんはモンゴルで乗馬をマスターしていたのに、私は最後まで引馬だったし…。うぅぅ・・・。大号泣

 


f:id:mura306:20210103233106j:image

でも、まぁのんびり歩くことで気付く景色もあるし、私は歩く旅が好きですけどね。いや、負け惜しみじゃなくて本当に。

 

 

f:id:mura306:20210103233114j:plain

そして、モーターボートを見かけた橋まで戻ってきました。実はこの橋、大きな船などが来ると、橋の向きを90°変えて船を通す廻旋橋なんですよ。珍しい現象ではなく、一日に何回もそういう時があるそう。京都通の同僚のおじさまからもこの橋のことを教えてもらっていたのですが、この橋がそれだったことを知ったのは帰宅後でした。廻るところ、見たかったなー。橋自体の写真も撮り損ねたし…。

 

 

f:id:mura306:20210103230343j:plain

と言うことで、天橋立でモーターボートを利用した感想を書きました。オススメですよーー。

#274 京都市内⇔天橋立を移動してみた。(2020.11)

f:id:mura306:20210102223122j:image

天橋立京都府宮津市にあり、『股のぞき』で有名な観光名所です。日本海に面しているため、冬は松葉ガニ(=ズワイガニ)が名物となり、カニ好きが集まるのです。もちろん、私もその一人なのですが。笑

 


f:id:mura306:20210102223409j:image
これから何回かに分けて天橋立について書こうと思うのですが、第1回目は交通手段について書きたいと思います。

 


f:id:mura306:20210102223144j:image

で、同じ京都府内でも、京都市内~宮津市は意外に離れており、バスや電車で3時間ほどかかります。公共交通手段としてはバスか電車が一般的で、どちらを使っても所要時間はそれほど変わりません。

 

 

たまたま今回は往路をバス、復路を電車で移動したので、それぞれを比較しながら説明していきたいと思います。先に結論から申し上げますと、安さをとるならバス、早く着きたいなら電車で行くことをオススメします。ただ、バスは本数が少なく、出発時間もやや不便だったりします。また、高速道路を利用するため、渋滞等で遅れる可能性もあります。予定到着時刻に遅れずに着きたい方は電車の方がオススメです。

 

 

①京都駅→天橋立駅のアクセスについて

f:id:mura306:20210103212448j:plain

京都駅の北側に京都府内のバスターミナルがあるため、電車でもバスでも出発地はほぼ同じです。そのため、あとは値段や出発(到着)時刻と相談と言うわけです。

 

 

バス

 8:55京都 → 11:00天橋立

12:40京都 → 14:46天橋立

18:00京都 → 20:03天橋立

値段は片道2900円です。(時刻表、値段ともに2020年11月現在)

 


f:id:mura306:20210103212540j:image

バス車内は2席×2列編成で、席の間にカーテンが設置されているため、1人利用の際にプライバシー空間の確保ができます。コンセントもあり、充電もできます。

 

 

f:id:mura306:20210103212952j:plain

途中、SAで10分ほどのトイレ休憩がありました。

 


f:id:mura306:20210103213057j:image

出発は京都駅烏丸口(駅北側)のC2のりばからで、天橋立が終点ではなく、間人(たいざ)まで行く便でした。メールには20分前に集合と書いてありましたが、乗車時刻までバスが来ないため焦らなくても大丈夫だと思います。

 


f:id:mura306:20210103214840j:image

バスは天橋立駅前に到着するので、便利ですよ。バスの予約は↓から。予約のメールを送ると後日天橋立観光協会から返信があり、予約完了となります。

京都⇒天橋立 | 【天橋立】高速バス予約サイト【伊根】 

 

 

電車(乗換なし)

f:id:mura306:20210103213150j:image

京都駅⇔天橋立駅の移動は、乗換なしで目的地に行けるはしだてが便利です。

 



f:id:mura306:20210103215126j:image
道中は京都丹後⇔JRに自動的に切り替わりますが、乗り換える必要がない直通便なのが素晴らしいんです。

 

 

時刻表は以下の通りです。

はしだて1号  9:24京都→11:30天橋立

はしだて3号 10:25京都→12:34天橋立

はしだて5号 12:25京都→14:32天橋立

はしだて7号 15:25京都→17:28天橋立

はしだて9号(20:37発)は宮津駅行きのため、天橋立駅までは行きません。

 

 

値段は片道4010円(自由席の場合。指定席なら4990円)で、所要時間はバスとほぼ同じ2時間強です。(時刻表、値段ともに2020年11月現在)

 


f:id:mura306:20210103213522j:image

天橋立駅に停車する電車は数多くあれど、京都駅に直接発着するものは1日4~5本ですので、乗り遅れのないようにしましょう。

 


f:id:mura306:20210103213652j:image

駅員さんから乗車券を買うと2枚もらえます。(私は天橋立→京都間を電車にしたため、時刻が↑と異なっております)

 


f:id:mura306:20210103213141j:image

車内デザインもかなりおしゃれで、木と青を基調とした内装も落ち着くんです。

 


f:id:mura306:20210103213251j:image

現デザイン(丹後の海)になったのは2015年12月からだそう。ほんと、ピカピカでした。

 

  
f:id:mura306:20210103213342j:image

こんなオシャレなフレームが座席の間に飾られていて、それぞれ違うんですよ。

 

 

 

電車(乗換あり) 

なお、乗り継ぎを重ねていけば更に安く行けますが、乗り換えが気にかかって道中で寝られなかったりするので、個人的にはオススメしませんが、一応その方法も説明します。例えば、11:00位に京都駅を出発したいとすると、バスも「はしだて」も運行していません。そういう中途半端な時間にどうしても移動したい方や、「とにかく安く移動したい!!」と言う方には、こんなルートがオススメです。

 

 

11:08 京都駅

   ↓ JR山陰本線快速(園部行)

11:44  園部駅

 

11:46 園部駅

   ↓ JR山陰本線(福知山行)

13:02 福知山駅

 13:13 福知山駅

   ↓ 京都丹後鉄道宮福線 大江山3号(宮津行)

14:02 宮津駅

 

14:10 宮津駅

   ↓ 京都丹後鉄道宮豊線(豊岡行)

14:16 天橋立駅

ふぅ、打つだけで疲れました…。トータル2320円で移動できるので最安です。11時過ぎに移動しても、12:25発の「はしだて5号」と到着がそれほど変わらない上、乗換3回というルートなのであまりオススメしませんが、こんな感じで移動も可能のようです。

 

 

 

 

天橋立駅→京都駅のアクセスについて

①で色々書きましたので、②は時刻表をシンプルに書いておしまいとします。「はしだて」を使わない電車ルートは省略させていただきますが、①のルートを逆走する感じですね。(調べるのが億劫になったのです。笑)

 

 

バス

 7:18天橋立 →  9:30京都

12:58天橋立 → 15:08京都

17:05天橋立 → 19:15京都

値段は片道2900円です。(時刻表、値段ともに2020年11月現在)

予約は↓から。予約のメールを送ると後日天橋立観光協会から返信があり、予約完了となります。

天橋立⇒京都 | 【天橋立】高速バス予約サイト【伊根】

 

 

電車

はしだて2号  10:01天橋立→12:07京都

はしだて4号 13:48天橋立→16:07京都

はしだて6号 14:55天橋立→17:07京都

はしだて8号 18:05天橋立→20:21京都

はしだて10号 19:18天橋立→21:19京都

値段は片道4010円(自由席の場合。指定席なら4990円)です。(時刻表、値段ともに2020年11月現在)

 

 

f:id:mura306:20210102223122j:plain

 と言うことで、同じ京都府内でも公共交通機関で2時間以上かかる京都~天橋立間ですが、行く価値は十分ありますよ。次回はその魅力について触れたいと思います。

#273 東寺の弘法市に行ってみた。(2020.11.21)

f:id:mura306:20210101191805j:image

京都の東寺では、毎月21日に弘法市が行われているのをご存知でしょうか?私は最近まで知らなかったのですが、京都に詳しい方に旅行日を告げたところ、21日に京都にいるなら行ってみては?と薦められたのです。と言うことで、2020年の11月21日(三連休の初日)に弘法市に行ってきましたので、その時のことをレポートしたいと思います。

 

 

弘法市が毎月21日に行われる理由は、弘法大師つまり空海の月命日が21日だからだそうです。空海と言えば真言宗の開祖ですね。

 


f:id:mura306:20210101192359j:image

東寺は京都駅から歩いて行ける距離にあります。京都駅の南側である八条口から西に20分ほどひたすら歩くと行けるんです。この写真で言うと東寺は左方面にあるので、行くときは高架を右手にして歩き、帰りは高架を左にして歩くと京都駅に着く感じです。途中で某サイエンスの施設があったりしますが、前を通る分には何も問題なかったです。笑

 


f:id:mura306:20210101192711j:image

弘法市に到着しました。朝早くから色々なお店が出ています。9時には既にたくさん出店していました。

 


f:id:mura306:20210101192756j:image

着物や巻物などが売られているのも京都ならではかな?

 


f:id:mura306:20210101192835j:image

乾物や一味なども売られてました。屋台も出ているので、食事をすることもできます。

 


f:id:mura306:20210101192913j:image

古着屋さんもありました。このレディース古着はオール1000円でした。

 


f:id:mura306:20210101193010j:image

と言うことで、1枚お買い上げ。日本の古着のようで、シャツとしても上着としても着こなせそうです。

 


f:id:mura306:20210101193113j:image

風変わりなところで言うと、ペルー産のファッション小物の店もありました。アルパカの毛で出来た上質な小物が売られてます。そうです、ペルーと言えばアルパカで、以前ペルーに住んでいた知り合いから「アルパカのセーターは温かい」「でも、日本ではなかなか手に入らないし、値段も高い」と聞いたことがあります。

 


f:id:mura306:20210101230430j:image

私が買ったアルパカ混の手袋がこちら。肌触りが抜群にいいです。アルパカ模様などの細かい柄が編み込まれています。普段ウールでチクチクする私ですが、これは気になりません。(汗をかくと少しチクチクしますが、基本的にはセーフ)

 


f:id:mura306:20210101230403j:image

そして、この手袋はスマホユーザーのために考えられたデザインになっており、親指には小さなスリットが入ってるので、手袋を脱がずに指先を出すことができます。更に、ほかの指は先端が出ていて、寒いときはミトンで指先を隠せるようになってるんですよ。

 

 

オーナーのアレックスさんの人柄もとても良かったです。高品質を求める日本人に買ってもらえるよう、ペルーの工房でのチェックを厳しめにしているとか。地方のデパートに出展することもあるようなので、気になったかたは是非!通販もしてるようです。アルパカ100%のものは値段が張りますが、そうでない場合はリーズナブルな値段で買えますよ。これ、ステマとかではないですからね。私が勝手にブログ内で薦めているだけです。笑



f:id:mura306:20210101230924j:image

作家さんのお店もいくつかありました。マスクに付ける小さな真鍮製のブローチも買いました。毎日着ける布マスクのアクセントになって、良い感じです。色々なデザインがあって可愛かったですよー。こちらはhütte(ヒュッテ)さんという方(店名かも?)のものです。

※購入時に封入されていた名刺によるとインスタをやられているようなので、気になる方はhutte_kyotoでフォローしてみては?

 

 


f:id:mura306:20210101231053j:image

弘法市は、コロナの影響で中止していた時期もあったようで、11/21が久しぶりの開催だったそう。だから、普段よりも小規模なのかなとも思ったのですが、たくさんの方が出展していて、それを求めてやってくるお客さんもたくさんいて何か安心しました。蚤の市で自分だけの宝物を探すのってワクワクしますよねー。もし、京都に21日に行く際は是非弘法市に行ってみては?