#088 激安ポッパ山ツアーに参加してみた。 (2015.12.24)

f:id:mura306:20171016205532j:plain

ポッパ山(Mt. Popa)はバガンの南東約50kmに位置する死火山です。山頂に位置する寺院、タウン・カラ(Taung Kalat)はナッ信仰の総本山とのこと。ナッ信仰とはミャンマーに昔から伝わる宗教なんだとか。何だか、日本の山岳信仰にも通ずるような、神々しさを感じる場所です。

 

 

そんなポッパ山へはバガンから日帰り半日ツアーで行くことができます。私は宿の近くにある日本人宿(ピンサ・ルパ・ゲストハウス)で申し込みました。オーナーのフミヤさん曰く、「ここで申し込むと9000K(≒900円)だけど、他の人は10000Kでやってるから、値段のことは言わないでね」と言われてました。口が固いことで有名な私はこのことをもちろん誰にも言ってはいません。ただ、ここに書いただけです。笑 

 

 

てことで、ここで宣伝したので、皆さん、ポッパ山ツアーはフミヤさんのところで申し込むといいですよ。日本語通じるし。

 

 

ちなみにフミヤさんは日本語ペラペラのミャンマー人で、自称藤井フミヤだから、フミヤと名乗っているそうです。まぁ、雰囲気は何となく似ているかなーという感じですが、親切でとてもいい方です。彼の宿には泊まりませんでしたが、夜wifiを勝手に借りていた感じだと、日本人旅行者たちがロビーで旅の武勇伝をそれぞれ語りながら飲んでるような雰囲気の宿でした。私はそういう輪が苦手なので向いてませんが、日本語が通じるので言葉が不安な方にはこの宿はおすすめです。なお、日本人宿と書きましたが、西洋人もたくさん泊まっているように見えました。

 

 

f:id:mura306:20171016213141j:plain

話が逸れました。9:00になってもお迎えは来ません。しかも、日本人宿で申し込んだから一人ぐらい同行者がいるだろうと思っていたら誰もいません。以前、スロベニアでツアーに置いて行かれた苦い経験があるので若干不安になりましたが、フミヤさんが「遅れているだけだから大丈夫」と言っているうちに15分遅れ位で来ました。

 

↓たぶん一生忘れない、バスツアーに置いて行かれた悲しき一日。涙


 

10人乗りくらいのワゴン車が来たので、真ん中あたりの空いている席に乗りました。すると、ドライバーが「お前はここだ!」と言って、なぜか私を助手席に案内しました。しかも、助手席に座っていた人をわざわざ降ろしてまで…。そして、15分程謎の車内待機…。そして、誰かを新しく乗せるでもなく出発。よくわからん。

 

 

f:id:mura306:20171019195856j:plain

f:id:mura306:20171016214725j:plain

f:id:mura306:20171016214904j:plain

f:id:mura306:20171016215309j:plain

f:id:mura306:20171016214842j:plain

f:id:mura306:20171016214929j:plain

途中でヤシの実工房のようなところで休憩しました。色々なものを売っていたり、牛による実演ショーが行われていたりしました。

 

 

f:id:mura306:20171016215128j:plain

f:id:mura306:20171016215108j:plain

飲み物の試飲ができたので、ジュースだと思って飲んでみたらかなり強いお酒でした…。下戸の私には、一舐めが限界。笑

 

 

f:id:mura306:20171019195105j:plain

 ワゴン車は再び出発し、ポッパ山に向かうのですが、急に「お前はあの車に乗り換えな!」と言われ、なぜか私だけ車を変更。8人乗りの車に乗り換えると、イスラエル人カップル、ドイツ人のおじさま、ロシア人のお姉さま、日本人のおじさまが乗っていて、ドイツ人のおじさまが先ほどの工房で買った甘いドライフルーツをみんなに回してくれました。結構甘かったので、2周目を薦められたものの、私を含め全員が「No,thank you.」と笑顔で断っていました。笑

 

 

うたた寝をして、ふと目を覚ますと、渋滞で全く進まない状態になっていることがわかりました。この日は12月24日で休日だったため、家族連れで道が賑わっているんだそう。ここからポッパ山まで約1キロらしいのですが、ポッパ山の麓まで行くのにどれだけ時間がかかるかドライバーさんもわからないとのこと。

 

 

f:id:mura306:20171019195829j:plainf:id:mura306:20171019200840j:plain

f:id:mura306:20171019200857j:plain

仕方ないので、ポッパ山まで歩くことにしました。地図もないし、どこにポッパ山があるのかもわからない状態だったのですが、とりあえず車の列を頼りにひたすら歩きました。 ドイツ人のおじさまは「さぁ、みんな!さっき一緒に食べたドライフルーツのエネルギーを使う時が来たぞ!」と、やたらと張り切ってました。笑

 

 

f:id:mura306:20171019200604j:plain日本製のバスにも遭遇。いや、もしかしたらシンリョウのバガン校のスクールバスかもしれないけど。笑

 

 

f:id:mura306:20171019201149j:plain

f:id:mura306:20171019201208j:plain

f:id:mura306:20171019201239j:plain

f:id:mura306:20171019222514j:plain

道中には色々な像を発見。なかなかシュール&ツッコミどころ満載で面白かったです。そういう意味では、歩いてよかったです。

 

 

f:id:mura306:20171019201013j:plainf:id:mura306:20171019201106j:plain

この竹内力のコワモテおじさまは、聖人ボー・ミン・ガウン氏。かつてポッパ山で修行をしていた方なので、ポッパ山周辺にたくさん彼の像がありました。

 

 

f:id:mura306:20171019201905j:plain

ポッパ山が見えてきました。方角が間違っていなくて安心。(みんなマイペースに歩くので一人で歩いてました。涙)

 

 

f:id:mura306:20171019202233j:plain

f:id:mura306:20171019202258j:plain

途中で小さいマーケットがありました。ミャンマーの女性は頭に物を乗せて器用に歩いています。その姿は昔の日本にもいた「大原女」のようです。(実物を見たことないけど…)

 

 

f:id:mura306:20171019202443j:plain

f:id:mura306:20171019202525j:plain

ようやくポッパ山の麓に到着しました。ここまでの所要時間1時間弱。

 

 

f:id:mura306:20171019202811j:plain

f:id:mura306:20171019202833j:plain

f:id:mura306:20171019202857j:plain噂通り、がやたらといました。

 

 

 

f:id:mura306:20171019203009j:plain

ポッパ山の猿はお参りの仕方を知っているらしい。

私のお気に入りの奇跡の一枚です。

 

 

途中で裸足にならないといけません。謎の水たまり(?)により、地面がちょっとずつ濡れていたりして、足の裏が徐々に濡れ、汚れていくのを感じます。足が濡れるのはまだ許せるのですが、水の出所がわからないので不快極まりないです。

 

 

f:id:mura306:20171019201931j:plain途中でお祈りの部屋もありました。なお、写真左にある、黒い帽子をかぶった座像も、カリスマ=ボー・ミン・ガウン氏だと思われます。

 

 

f:id:mura306:20171019203723j:plain

f:id:mura306:20171019203435j:plain

階段で頂上を目指します。休日だと言うことで家族連れがたくさんいたのに加え、何故か学生の集団も多くいました。修学旅行なのか、遠足なのか…。彼らがどんどん後ろから押してくるので大変でした。笑

 

 

f:id:mura306:20171019203638j:plain

f:id:mura306:20171019203746j:plain

f:id:mura306:20171019203805j:plain

頂上はやたらと金ピカでした。青い鉄板は、この寺院に寄付をした人の名前です。

 

 

f:id:mura306:20171019203954j:plain

f:id:mura306:20171019204800j:plain

頂上からの眺めがこちら。少なくとも写真1枚目の真ん中あたりの場所からはるばる歩いてきました。頑張りました。

 

 

そんなポッパ山頂での感想は…

「うーん、苦労して登った割には見どころが少ない…。」

でした。笑

 

 

f:id:mura306:20171019204630j:plain

ということで、帰ります。帰りも大混雑。なお、山頂でドイツ人のおじさまAさんとロシア人のお姉さまAさんと合流できたので、一緒に山下りをしました。

 

 

f:id:mura306:20171019204903j:plain

f:id:mura306:20171019205007j:plain

途中でキンマが売られてました。キンマとは噛みタバコのようなもので、ミャンマー人男性はよく嗜んでいます。

 

 

f:id:mura306:20171019205132j:plain

猛暑の中、帰り道も1kmほど歩きました。ドライバーとはヤンゴンレストランで待ち合わせ」という話になってます。が、誰もヤンゴンレストランの場所を知らないと言う状態…。笑

 

 

f:id:mura306:20171019205851j:plain

f:id:mura306:20171019205920j:plain

f:id:mura306:20171019205942j:plain

帰りも大渋滞。やはり、途中から歩いて大正解だったと思われます。

 

 

f:id:mura306:20171019210042j:plain

途中でヤンゴンレストランらしきお店(看板なし)がありました。というか、そこしかレストランがありませんでした。

そこで飲み物を飲みながら休憩。みんなはミャンマービールを飲んでましたが、下戸の私は栄養ドリンクのSHARKを注文。なお、ミャンマービールモンドセレクションを受賞しているらしく、アジア一おいしいビールという噂。私にはその違いがよくわかりませんが、ビール好きにお土産を飲ませたらウマイと言っていたので、その噂は本当かもしれません。

 

 

f:id:mura306:20171019210551j:plain

ようやく全員揃って楽しく話していたのに、一人の男がやって来て「おい!遅いぞ、お前!早く行くぞ!」と私だけ連れていかれそうになりました。『イヤイヤ、私はこのメンバーで帰りたい』と何度も言ったのですが、「お前は俺の車で帰るんだ!」と言って、泣く泣くみんなとお別れ…。

 

 

f:id:mura306:20171019210918j:plain

帰りもなぜか私には助手席が用意されていました。VIP待遇なんだかそうじゃないんだかよくわかりませんが、なぜ私だけやたらと車を変えさせられるのか?これも100円分ツアー代が安いからでしょうか…?笑

 

 

f:id:mura306:20171019211132j:plain

f:id:mura306:20171019211204j:plain

f:id:mura306:20171019211224j:plain

16:00頃にバガンに戻ってきたら、宿の前でパレードが行われてました。フミヤさん曰く、明日が満月だからお祭りが行われているのだそうです。貴重なものが見られてよかったです。

 

 

f:id:mura306:20171019211332j:plainようやく昼食にありつけました。朝食のシャンヌードル以降、ほとんど何も食べていなかった(=甘いドライフルーツだけ食べた)ので、はらぺこで飢餓寸前でした。宿の隣のレストランでトムヤムスパゲッティを注文。イタリアとタイの融合料理をまさかミャンマーで食べるとは思わなかったけど、そこまで辛くなくおいしかったです。

 

 

f:id:mura306:20171019211730j:plain

20:30発の夜行バスに乗る予定だったので、宿でシャワーや荷作りをした後にチェックアウト。19:00に来る予定の迎えの車がなかなか来なくて再び不安になるも、宿の人が連絡をしてくれたりして対応してくれました。結局ただの渋滞の遅刻だったみたいでした。

 

 

f:id:mura306:20171019212120j:plain

f:id:mura306:20171019212152j:plain

f:id:mura306:20171019212220j:plain

f:id:mura306:20171019212617j:plain

座席がI3と書いてあったので早めに座っていたらスタッフに『お前の席はあそこだ!』と言われ、なぜか最前列の席になりました。今日はやたらと席を変えられる日だなぁ…。涙

 

 

f:id:mura306:20171019212701j:plain

f:id:mura306:20171019212754j:plain

最前列の席からの眺めは、見覚えのある日本語がいっぱい。どうやら、このバスは元・阪神バスのようです。

 

 

バガン→インレーの夜行バスはBAGAN MINN THAR EXPRESSという会社のVIPバスで18500K。距離の問題もあるので一概には言えませんが、ヤンゴンバガン間のE-lite車よりも割高の割にはショボかったです。最前列だったこともあり、対向車のライトが眩しくてほとんど眠れませんでした。(アイマスクがあったのですが、ゴムが伸びきっていて使い物にならなかった…笑)

 

 

ただ、「バガン→インレーの夜行バスは道が危ないからやめたほうがいい」という書き込みをどこかで見たのですが、私が乗っていた感じだとそう思ったことは一度もありませんでした。効率よく廻りたい人にはオススメです。

 

 

f:id:mura306:20171019213336j:plain

翌朝4:00頃、インレーのバスターミナルに到着。乗り合いタクシーのソンテウで宿に到着しました。

 

次回はインレーについて書こうと思います。

#087 バガンの仏塔から朝日を見てみた。 (2015.12)

f:id:mura306:20171016195748j:plain

バガン2日目は早起きして、朝日を見に行ってきました。

 

 

f:id:mura306:20171016195815j:plain

まだ真っ暗な中、朝5時にサイカーで宿を出発しました。運転手は、初日にバスターミナルから宿まで送ってくれたアウンゴさんにお願いしました。空には、沈みかけの黄色い月がありました。地平線に近づくにつれ、徐々に赤くなる月が何とも綺麗でした。

 

 

バガンに数あるサンライズスポットの中から、アウンゴさんはBuledi Pagodaに連れていってくれました。某ガイドブックには載っていない仏塔にも関わらず、多くの観光客がいました。他の仏塔や寺院と同様に裸足になり、仏塔の階段を登るのですが、早朝はレンガが冷えていてなかなかつらかったです。でも、6時から仏塔の段に座り、ひたすら日が昇るのを待ちました。

 

 

f:id:mura306:20171016200011j:plain

f:id:mura306:20171016200623j:plain

6:30頃、徐々に空が明るくなりました。遠くでは気球ツアーが開始し、空に無数の気球が飛び立ちました。

 

 

f:id:mura306:20171016200730j:plain

そして7時頃、遂に太陽が昇りました。真っ赤な朝日、霧でかすむ仏塔や寺院、その上を浮かぶ気球のある風景はとても幻想的でした。

 

 

f:id:mura306:20171009210404j:plain

日が完全に昇っても、青空に気球が映えていて美しかったです。いつまでも見ていたい景色です。

 

 

f:id:mura306:20171016201430j:plain

が、とにかく寒かったので、防寒対策はしっかりした方がいいです。私はダウンジャケットを着て、薄いストールを足に巻いて冷えないようにしていたものの、それでも足元が冷えました。アウンゴさんは塔には登らずに下で待っていましたが、帰り道に改めて見てみるとちゃんと防寒対策をしていることに気付きました。

 

 

f:id:mura306:20171016201614j:plain

f:id:mura306:20171016201639j:plain

9時からポッパ山ツアーがあるので、宿に戻りました。意外にも道が混んでいます。ミャンマー人の朝は早いです。

 

 

f:id:mura306:20171016201746j:plain

現在の時刻は8:30にもかかわらず、朝食をまだとっていない私。宿でも無料の朝食がついていましたが、麺料理が食べたかったので、アウンゴさんのオススメのお店に連れて行ってもらい、一緒に食べることにしました。宿からサイカーで3分くらいのところにあるこの食堂は地元の人で人気でした。

 

 

f:id:mura306:20171016202126j:plain

これがミャンマーの朝食の定番、シャンヌードル(シャン カウソエとも言うようですが、私はシャンヌードルと呼んでいました)。モチモチの麺にからむスープが絶品です。味は濃厚なのに油っぽくないし、辛くもありません。たった800K(≒80円)なのに、このうまさ。日本のミャンマー料理店ではなかなかお目にかかれないのが残念…。日本で1000円出しても食べたい位、私のミャンマー料理ナンバー1です。アウンゴさんは汁に入った麺を食べてました。

 

 

f:id:mura306:20171016202726j:plain

この食堂ではテーブルに揚げ物が置いてあり、食べた分だけ申告する制度でした。三角形の形の春巻きみたいな揚げ物も香ばしくておいしかった!「安い・早い・ウマい」で大満足!アウンゴさん、チーズーベーー(ありがとう)!!

 

 

f:id:mura306:20171016203100j:plain

そして、急いで宿に戻り、9時ギリギリにすぐ近くの日本人宿へ行き、9000Kのポッパ山ツアーに参加しました。このツアー、なかなかすごいツアーだったので、#088で詳しく書こうと思います。笑

#086 タナカを塗って、夕陽を見てみた。 (2015.12)

f:id:mura306:20171012210442j:plain

f:id:mura306:20171012210408j:plain

ミャンマー女性の美の秘訣と言ったら『タナカ』。 何となくアンガールズの彼を思い浮かべてしまいますが、「田中」ではなく「Thanaka」です。当たり前ですが、「タナカ」はあっても、「ヤマネ」はありません。笑

※ちなみに、アンガの田中さんは性格よさそうだし、私は結構好きだったりします。笑

 

 

f:id:mura306:20171012211522j:plain

f:id:mura306:20171012203205j:plain

タナカとは、タナカという木を擦って、水と一緒に混ぜてペースト状にしたものです。これが、保湿と日焼け止めの役割を果たすようで、ミャンマー女性はみな顔に塗っているのです。色は薄い黄色をしていて、朝の洗顔後にタナカを塗り、一日過ごします。中には模様を入れてるツワモノも…。おしゃれと美容を兼ねているんです。

 

 

出発前にミャンマーについて調べているときにタナカの存在を知ったので、実はやってみたいと思ってました。 そしたら、その機会は突然やってきたのです。

 

 

バガンに着いて早々に馬車で寺院仏塔巡りをしたことは#085で書きましたが、その日の続きを今日は書こうと思います。

 

 

f:id:mura306:20171012211337j:plain

f:id:mura306:20171012212216j:plain

とある寺院で子犬の写真を撮っていたら「あそこにリスもいるよ!」とお姉さんに言われました。

 

 

そのお姉さんは、馬車の運転手のスースーさんの友だちらしく、寺院のすぐ横で土産店を経営されてる人だそう。だから、たぶんスースーさんもこのお寺に寄ったんだと思います。そしたら、そのお姉さんが「タナカ、やってみる?」と言ってくれたのです。

「やりますとも!!」

 

 

f:id:mura306:20171012203042j:plain

f:id:mura306:20171012212737j:plain

その場で擦ってくれ、ペースト状になった出来立てを私の顔に塗ってくれました。さらに、爪楊枝を使って、器用に葉っぱのデザインをしてくれました。徐々に乾燥していくにつれて、タナカの色が白くなっていきます。

 

 

f:id:mura306:20171012212614j:plain

お姉さんの土産物屋でミャンマー語の書かれたTシャツが売っていたので、それをさんざん交渉して購入しました(固形タナカのお土産付き)。私が「お願い!」と拝んで値段交渉する様子を勝手に動画におさめたスースーさんは大爆笑し、「いい土産ができた」と言ってました。笑

 

 

f:id:mura306:20171012213129j:plain

f:id:mura306:20171012213410j:plain

f:id:mura306:20171012213324j:plain

その後はエーヤワディー川のクルーズに行きました。15000K→13500Kに交渉。贅沢に、白い船を独り占めしました。

※1K(チャット)≒0.1円

 

 

f:id:mura306:20171012213646j:plain

f:id:mura306:20171012213712j:plain

f:id:mura306:20171012213506j:plain

船からはミャンマー人の日常生活を垣間見ることができました。洗濯物が干してあったり、川で遊んでいたり、おしゃべりしていたり、仕事をしていたり…。なぜ川の近くにバス(しかも日本製)があるのかは謎ですが。笑

 

 

f:id:mura306:20171012213949j:plain

そして、船の揺れが心地よくなり、途中で眠くなり、寝てしまいました。船に乗ると毎回眠くなるのは私だけですか?笑

 

 

f:id:mura306:20171012214337j:plain

船乗り場のすぐそばにブー・パヤー(Bu Paya)があり、黄金に輝いていました。私は外から見ただけですが、ここから見る夕陽は美しいようです。

 

 

f:id:mura306:20171012214516j:plain

確か、ブー・パヤーの入り口付近だったと思いますが、エビのかき揚げ(500K)が売られてました。パリパリで香ばしくて本当においしかったです。

 

 

f:id:mura306:20171012214822j:plain

f:id:mura306:20171012214849j:plain

f:id:mura306:20171012214922j:plain

f:id:mura306:20171012214942j:plain

f:id:mura306:20171012215006j:plain

f:id:mura306:20171012215033j:plain

クルーズの後も、4か所くらい巡ったのですが、さすがにお腹いっぱいになってしまい、何て言う名前の寺院や仏塔なのか忘れてしまいました。ごめんなさい。

 

 

f:id:mura306:20171012215243j:plain

そして、念願のサンセットの時間がやってきました。スースーさんが連れて行ってくれたのはシュエサンド・パヤー(Shwesandaw Paya)という仏塔。バガンの夕陽の名所としてあまりにも有名な場所です。

 

 

f:id:mura306:20171012215514j:plain

f:id:mura306:20171012215628j:plain

f:id:mura306:20171012215648j:plain

f:id:mura306:20171012215710j:plain

アンコールワットの時みたいに急な階段を上りました。もう少し階段で上ることもできたのですが、混んでいて怖かったし、私は一つ下の階で日の入りを待つことにしました。名所なだけにすごい人。

 

 

f:id:mura306:20171012215846j:plain

f:id:mura306:20171012215919j:plain

写真ではそこまで綺麗に撮れませんでしたが、美しい夕陽を拝むことができました。

 

 

f:id:mura306:20171012220230j:plain

偶然近くにいた日本人が「沈んでからも幻想的で美しいんだよ」って言っているのが聞こえ、彼らは空が紫になるのを待つことにしたみたいですが、私は人が少なくなったのを待って降りることにしました。

 

 

f:id:mura306:20171012220404j:plain

宿に戻り、スースーさん&馬車とお別れ。夕陽まで見ることにしたので延長料金を取られたけど、満足でした。一日チャーターで30000K位だったと思います。タナカの時の動画で安くしてもらったら、最後に、『アンタ、ずーっとディスカウントしてたね』って言われちゃいました。笑

 

 

馬車で観光するってのも、珍しくてたまにはいいと思いますよ。件の日本人たちはバイクを借りて、廻っていたら故障して大変だったみたいですが。自転車で廻っている人も見かけましたが、道が凸凹しているので走りづらそうでした。個人的には、サイカーか馬車がオススメです。値段交渉をしっかりして、是非乗ってみて下さい。

 

 

f:id:mura306:20171012220815j:plain

f:id:mura306:20171012220848j:plain

そして、夕食は宿近くのレストランでバガン名物のエビカレー3500K。ちょっとオイリーだけど辛くないし、トマトが効いていてエビ好きの私には絶品でした。また食べたい。

 

 

f:id:mura306:20171012221517j:plain

でも、この夕食の一番のヒットは、ナッツサラダ。香ばしくて、本当においしかったです。が、生の千切りキャベツが使われているので、心配な方は避けた方がいいかもしれません。私はまったく平気でした。

 

 

f:id:mura306:20171012221641j:plain

この後、レストランと宿の間にある日本人宿でwifiを勝手に使ってから宿に帰還。ヤモリ氏が迎えてくれました。笑

 

 

バガン初日は色々な場所に訪れて忙しい日でしたが、翌日は日の出を見に行ってからポッパ山に行きました。その日も色々あったので、また書きたいと思います。

#085 馬車でオールドバガンを巡ってみた。 (2015.12)

f:id:mura306:20171009222105j:plain

古都バガンにはなんと2000以上の仏塔や寺院があります。全てを見ることは不可能なので、バガンに到着したその日に馬車を一日チャーターして、オールドバガンを廻ってもらうことにしました。

 

 

f:id:mura306:20171010193629j:plain

バスターミナルで会った馬車の運転手スースーさんと9:00に宿で待ち合わせる約束をしておいたのです。

 

 

f:id:mura306:20171010193754j:plain

f:id:mura306:20171010193814j:plain

馬車の乗り心地は悪くないです。が、時々馬が言うことを聞かないと私の眼前で鞭を打たれるので、それを見るのはちょっとつらいものがありました。頭の花飾りが可愛らしいです。

 

 

f:id:mura306:20171010193958j:plain

f:id:mura306:20171010194023j:plain

ミャンマー仏教国なので、お坊さんがよく歩いています。男性の法衣の色はえんじ色で、女性はピンク色の法衣を着ています。

 

 

f:id:mura306:20171010194215j:plain

f:id:mura306:20171010194835j:plain

まず初めに行ったのはTha Gyat Hit

 

 

f:id:mura306:20171010194920j:plain

これはミャンマーに限らず、東南アジア全体の寺院に共通していることですが、土足厳禁。履物を入口で脱いでから裸足で入ります。なので、寺院巡りの日はビーサンなどの着脱の楽な履物を用意することをオススメします。

 

 

f:id:mura306:20171010195142j:plain

f:id:mura306:20171010195233j:plain

内部には仏像と仏画がありました。古い建造物なので、絵は結構色あせていました。

 

 

f:id:mura306:20171010195427j:plain

 狭くて急な階段を上って屋上まで行きました。知らないおじさんが説明を色々してくれました。何者かと思いきや、絵描きさんらしく、入り口近くで絵を売っていました。彼だけでなく、一つの寺院内で何人もの絵描きさんが同じような絵を広げて売っています。

 

 

f:id:mura306:20171010201538j:plainf:id:mura306:20171010201607j:plain

次に訪れたのが、ティーローミンロー寺院(Htilominlo Temple) 。ここは有名な寺院なのか、観光客がたくさんいました。

 

 

f:id:mura306:20171010201739j:plain

f:id:mura306:20171010201824j:plain

f:id:mura306:20171010201851j:plain

f:id:mura306:20171010203041j:plain

この寺院には、黄金に輝く仏像が4体あり、それぞれ顔が違うのが面白かったです。ここではミャンマー人に倣い、日本とは違うミャンマー式の参拝方法を学びました。説明が難しいのですが、正座をして、胸の前で合掌した手を上げてから下ろしつつ、そのままひれ伏す…って感じです。

 

 

f:id:mura306:20171010203744j:plain
f:id:mura306:20171010221226j:image

観光地には、子どもの売り子もいます。ちゃんと学校に行っているのかと心配しましたが、冬休み中だから働いていて、普段は学校に通っているようなので安心しました。一番右の子の絵は全部自分で描いたものですが、他の2人は大人が描いた下書きに色を塗ったものです。それぞれ個性があって面白い。大人顔負けの英語力&商魂にビックリ!4枚セットでそれぞれ1ドルだったので購入しました。

 

 

f:id:mura306:20171010203843j:plain

この少年は、ピヨピヨ君(12)。無名な寺院で絵を売っていました。どこかで拾った宝物を「これはダイヤモンドなんだよ!」と、目をキラキラさせながら話してくれました。どこの国でも、子どもは純粋そのもの。

 

 

f:id:mura306:20171010205154j:plain

f:id:mura306:20171010205232j:plain

ピヨピヨのいた寺院ではミャンマーの日本統治時代(1942〜1944年)の紙幣を売ってました。特に紙幣コレクターという訳ではないのですが、何となくほしくなってしまい(私は『そこでしか手に入らないもの』に弱い。笑)、さんざん交渉して3枚で3500Kで買ってしまいました。なお、画像一番下の紙幣は、スーチー氏の父親です。 恥ずかしながら、ミャンマーが元日本領だったことを私は知りませんでした。当時の通貨単位はルピーだったんですね。また何かの機会に仕事で役立てたいです。

※1K(チャット)≒0.1円

 

 

で、このおじさんをてっきりピヨピヨのお父さんかと思ったので、聞いてみたら、話は予想外の方向に…。

私「この人が、ピヨピヨのお父さんなの?」

ピヨピヨ「違うよ。パパは家にいるし!」

おじさん「私が2番目の父親だ」

ピヨピヨ「ノー!」

私「え?この人がお父さんなの?」

ピヨピヨ「違うってば!」

おじさん「私が本当の父親だ」

ピヨピヨ「ノー!!」

私「え?そうなの?」(以下、無限ループ)

大人2人で幼気な12歳をイジリ倒しました。

ごめんね、ピヨピヨ。教科書通りの返事が可愛かったんだもん。笑

 

 

f:id:mura306:20171010210227j:plain

ミャンマー語で私の名前を書いてもらいました。

 

 

f:id:mura306:20171010210339j:plain

ちょっとピンボケしてますが、ピヨピヨ(Phyo Phyo)はこう書くようです。

 

 

f:id:mura306:20171010204632j:plain

この仏像の写真撮影は禁止なのですが、お札を買ったら偽ピヨピヨパパと仏像とのスリーショットを撮ることができました。お金で解決するんかい。笑 

(撮影:ピヨピヨ)

 

 

f:id:mura306:20171010211750j:plainf:id:mura306:20171010211814j:plainf:id:mura306:20171010211852j:plain

で、ランチはミャンマーカレー。その店はメニューが1種類で、マトン、ポーク、ビーフカレー+ライス+付け合わせで4000Kでした。次々と私の前に料理が運ばれてきます。ひとつ言っていいかな?量が多いって!

 

 

しかも、何に対しても油がたくさん入ってる。もこみちもビックリの油量だわ。てか、moco'sキッチンをミャンマーでやったら流行るんじゃないかな。あんま見たことないから知らんけど、オリーブオイルをもこみちは多用するんですよね?笑

 

 

f:id:mura306:20171010212311j:plain

ミャンマー料理は確かに油っぽいんだけど、ごはんや野菜と一緒に食べると、そこまで油っぽさは感じませんでした。むしろ、油っぽさが徐々にクセになるのです…。もやしのスープがやさしい味で箸休めにぴったり。

 

 

f:id:mura306:20171010212605j:plain

昼食後はバガンで一番有名なアーナンダ―寺院(Ananda Temple)へ。黄金の立像が珍しくて見入ってしまいました。多くの寺院に共通していることですが、ここでも東西南北に1体ずつ(計4体)ありました。

 

 

f:id:mura306:20171010212733j:plain

床のタイルもおしゃれ。

 

 

f:id:mura306:20171010212802j:plain

これを1000Kで購入。何だと思いますか?

 

 

 

 

 

答えは…。

 

 

 

f:id:mura306:20171010213227j:plain

f:id:mura306:20171010213326j:plain

金箔でした!売り子が日本語で「キンパク」と言いながら売っています。観光客が金箔をたくさん貼るので、仏像がどんどん丸くなっているように思えました。

 

 

f:id:mura306:20171010213632j:plain

f:id:mura306:20171010213507j:plain

f:id:mura306:20171010213527j:plain

f:id:mura306:20171010213657j:plain

同じ敷地内ではセパタクローに勤しむ少年たちがいました。ミャンマー版『蹴鞠』ですね。すごく楽しそう。タイでも流行してました。

 

 

f:id:mura306:20171010213833j:plain

9世紀に建てられたタラバ―門(Tharabha Gate)は、バガン最古の建造物です。

 

 

f:id:mura306:20171010214135j:plain

f:id:mura306:20171010214246j:plain

f:id:mura306:20171010214456j:plain

その後、Mahabodhi Templeに行きました。ミャンマー8曜日制がとられており、水曜日が午前と午後に分かれています。寺院によっては曜日によって祭壇が違ったりするので、どのミャンマー人も自分が何曜日生まれなのかを知っています。なお、画像の左から順に

日曜日…鳥

月曜日…虎

火曜日…ライオン

水曜日午前…牙のある象

木曜日…ネズミ

金曜日…モグラ

土曜日…竜(ナーガ)

水曜日午後…牙のない象

が、守り神なので、その前でお参りします。ちなみに、私は日本だと日曜日生まれですが、ミャンマーだと水曜日午後生まれのようです。

 

 

f:id:mura306:20171010215516j:plain

この後、写真を撮っていたら面白い体験ができました。長くなりそうなので、馬車ツアーの続きはまた次回書こうと思います。 

#084 ヤンゴンからバガンまで夜行バスで向かってみた。 (2015.12)

f:id:mura306:20171009210404j:plain

そういえば、2015年のミャンマー旅行についてほとんど書いてなかったので、何回かに分けて書こうと思います。

 

 

f:id:mura306:20170802000420j:plain

日本からミャンマーへの直行便は飛んでいないので、私はバンコク経由で入国しました。

名古屋11:00→バンコク15:40

バンコク18:05→ヤンゴン18:50

 

 

f:id:mura306:20171009210938j:plain

f:id:mura306:20170802000724j:plain

タイ国際航空は当時初めての利用でしたが、快適ですぐに気に入りました。乗り継ぎ待ち時間も丁度いいし…。

 

 

なお、日本とミャンマーの時差はマイナス2.5時間。3.5時間差のインドでもですが、この0.5時間=30分の計算が苦手な私は超文系です…。笑

 

 

f:id:mura306:20171009210509j:plain

ミャンマーの通貨単位はチャット(Kyat=K)で、1K≒0.1円です。USドルもあると何かと便利です。ミャンマーには硬貨はなく、すべて紙幣の国なので、ちょっとしたお金持ち気分になれます。笑

 

 

f:id:mura306:20171009211221j:plain

飛行機は予定通り19:00前にヤンゴンに到着しました。ところが、入国審査に予想以上の時間がかかりました。外国人専用窓口が少ない上、ビザチェックに時間がかかったからです。

 

 

なお、私はeビザで入国しました。出発1週間前に行くことを決め、そこから航空券とビザを取ったので、正直間に合うか心配でしたが、ビザ申請翌々日にはメールでデータが届きました。プリントアウトして、現地空港の入国審査で出せばOK。

 

 

2015年当時はヤンゴンマンダレーネーピードーの3空港のみ有効でしたが、HPによると、2017年現在はタチレイ、ミャワディ、コータウンの陸路3国境でも利用できるようです。


 

何とか入国審査を抜けたものの、預入荷物が一番遅く出てきたこともあり、20:00頃にようやく到着出口を出ました。それから、急いでタクシーを拾いました。と言うのも、ヤンゴン到着の日にそのままバガンまで移動しようと思っていたのです。

 

 

f:id:mura306:20171009211858j:plain

アウンミンガラーバスセンターまでは約1時間かかるとのことで、 21:30発の夜行バスに間に合うか不安でした。一応バスの予約はしてあるのですが、30分前には受付を済ませて下さいと言われていたからです。

 

 

f:id:mura306:20171009212828j:plain

21:05にバスターミナルに到着。急いで、カウンターに行きました。

 

 

そこで名前を言うと、「あなたの名前は20:00(だったかな?)の便にあったわよ。」と言われました。実はネットでのバス予約の仕方がわからず、某SNS上でやりとりをして、E-liteのスタッフに席を押さえてもらっただけだったのです。そのスタッフとのやりとりメールを見せ、そちらの間違いだということを伝え、無事に21:30のバスの席を確保することができました。

 

 

f:id:mura306:20171009213254j:plain

f:id:mura306:20171009213437j:plain

ミャンマーには色々なバス会社がありますが、私がネットで調べた限りヤンゴンバガンの最終便は21:30発のE-lite Expressでした。意外にもバス内は満席でした。私はたまたま1席空いていたから、運よく乗ることができたのです。まぁ、乗れなかったらターミナルで野宿して、早朝便でバガンに向かう覚悟はできていましたが…。笑

 

 

f:id:mura306:20171009213637j:plain

f:id:mura306:20171009213658j:plain

ミャンマーでは夜行バスを3回利用しましたが、E-liteが一番綺麗で快適でした。歯ブラシとウェットティッシュはどのバスでももらえますが、さらに軽食とホットコーヒーのサービスがありました。14200Kでこのサービスは本当にありがたかったです。席も広かったし、とにかく快適でした。

 

 

f:id:mura306:20171009214043j:plain

夜中の3時頃、休憩がありました。少し小腹が空いていたので、食堂で炒飯を注文しました。これが私の初ミャンマー料理です。ミャンマー料理は基本的に油っぽいと聞いてましたが、そこまでくどくなくパラパラでおいしかったです。値段は何と850K。たぶん、ドライブインだから高めの値段設定だとは思いますが、85円とは思えないおいしさに大満足。これからのミャンマー料理が楽しみになりました。

 

 

f:id:mura306:20171009214617j:plain

f:id:mura306:20171009214636j:plain

ドライブインのトイレはこんな感じ。ここはマークと英語表記がありますが、ミャンマー語表記だけのときもあるので要注意です。それにしても女性マークの頭部がないのは何ででしょうね?笑

 

 

f:id:mura306:20171009214842j:plain

6:00到着予定でしたが、少し遅れて翌朝7:00過ぎにバガンに到着しました。バスターミナルは閑散としていましたが、アジアの他の国同様に囲まれます。しかも、この町では3種類の運転手に。笑

 

 

バスターミナルに着いてから宿までの交通手段は

①タクシー(7000K)

②馬車(6000K)

③サイカー(5000K)

があるようです。

 

 

f:id:mura306:20171009215428j:plain

私はもちろん1番安い③を選択しましたが、5000K→3500Kで交渉成立。インレー行きの夜行バスを予約してから、宿のあるニャウンウーへ向かいました。

 

 

f:id:mura306:20171009215555j:plain

サイカーは運転手の横に座るタイプの人力車です。風を切って進むので気持ちよくて快適でした。

 

 

f:id:mura306:20171009215812j:plain

f:id:mura306:20171009215841j:plain

30分ほどでニャウンウーに到着しました。350円の快適な移動もおしまい。

 

 

f:id:mura306:20171009220152j:plain

バガンでの宿はこちら。出発ギリギリに予約したので、便のいい宿は満室ばかりでした。後で出会った日本人も、現地で宿を取るのに苦労したようなので、バガンの宿は事前に抑えておいた方がいいかもです。

 

 

f:id:mura306:20171009220215j:plain

f:id:mura306:20171009220239j:plain

f:id:mura306:20171009220303j:plain

 さらに、オールドバガンは観光地、さらに年末のハイシーズンということもあり、全体的に宿代が高めでした。このMay Kha Lar Guesthouseも、一泊26000K。ギリギリに予約した割には便利な場所にあったし、目の前にセブンイレブンがあったし、部屋は古いけど綺麗に掃除されていたのでまぁまぁオススメですが、wifiが不安定でほぼ使えませんでした。停電もよくあるし…。

 

 

バガンでは多くのレストランでもフリーwifiが使えるのですが、通信状況が不安定なため、よく途切れるし、通信速度が遅いです。我が宿のすぐ近くに日本人宿ピンサ・ルパゲストハウス(Pyinsa Rupa GH)があり、そこのwifiはなぜかよくつながるので、そこにこっそり行って使ってました。笑

※そこで翌日のツアーを申し込んだので、宿泊客ではないけどwifiを自由に使っていいはず!と自分に言い聞かせてました。え、図々しいですか?笑

 

 

f:id:mura306:20171009222105j:plain

宿でシャワーを浴びたり、荷物を整理した後、9:00から仏塔巡りをしました。そのことについてはまた次の記事で書こうと思います。

#083 モスタルで「平和の橋」を渡ってみた。 (2011.8)

モスタル(Mostar)は、サラエボから南西に位置する都市で、バスで約3時間弱かかります。

私はサラエボからバスで向かいましたが、クロアチアの観光地であるドブロヴニク(Dubrovnik)から日帰りツアーも出ています。

 

 

f:id:mura306:20171002222844j:plain

モスタルのシンボル的存在なのが、このスターリ・モスト(Stari Most)。この美しい橋にも、ボスニア内戦で破壊された悲しい歴史があります。

 

 

f:id:mura306:20171002225314j:plain

予定よりも少し遅れ、17:45にモスタルのバスターミナルに到着しました。モスタルには1泊予定なので、必要な荷物をボストンバッグに入れて、スーツケースはコインロッカーに預けました。

 

 

f:id:mura306:20171002225529j:plain

山の頂上に巨大な十字架を発見しました。モスタルボスニア・ヘルツェゴビナの都市なのでイスラム教徒が多いはずなのですが、この十字架は2000年にクロアチア人(=カトリック教徒)によって作られたそうです。詳しくは後で書きますが、この町では宗教や民族による住み分けがされているのです。

 

 

f:id:mura306:20171002225955j:plain

f:id:mura306:20171002230023j:plain

f:id:mura306:20171002230044j:plain

ここでも、ボスニア内戦で被害を受けた建物がいまだに残っています。

 

 

f:id:mura306:20171002230110j:plain

このモスクは中に入ろうとしたら、ムスリムしか入らせてもらえませんでした。残念。

 

 

f:id:mura306:20171002230358j:plain

f:id:mura306:20171002230431j:plain

橋の方面に更に歩くと、土産物店が立ち並んでました。地面には石をはめ込んでいるので、ゴツゴツしていてちょっと歩きにくいです。スーツケースを預けて来て正解でした。

 

 

f:id:mura306:20171002230940j:plain

f:id:mura306:20171002231044j:plain

f:id:mura306:20171002231002j:plain

f:id:mura306:20171002230825j:plain

f:id:mura306:20171002230802j:plain

f:id:mura306:20171002230916j:plain

イスラム国家なだけに、アラビアーンなお土産がいっぱい売られていました。ヨーロッパにいることを忘れてしまうような雰囲気です。それから、モスタルクロアチア同様、ラベンダーの産地のようです。

 

 

f:id:mura306:20171002230849j:plain

中には、内戦グッズと思われるものも…。

 

 

f:id:mura306:20171002231404j:plain

f:id:mura306:20171002231442j:plain

『DON'T FORGET』という石碑には『内戦の悲劇を忘れてはいけない』という意味があるのでしょう。

 

 

f:id:mura306:20171002231831j:plain

いよいよ、スターリ・モストのすぐ近くまでやってきました。

 

 

f:id:mura306:20171002231942j:plain

とても綺麗なこの橋は、1993年11月にクロアチア人兵により破壊され、2004年に再建されました。そして、2005年にはこの地区がボスニア・ヘルツェゴビナで初の世界遺産に登録されました。

 

 

f:id:mura306:20171002232321j:plain

スターリ・モストはとても滑りやすい素材でできています。そのためか、凸凹の段差が滑り止めの役割をしているようにも思えました。それでも滑るけれども…。この時も「スーツケースをバスターミナルに置いてきてよかった」と心から思いました。笑

 

 

 

f:id:mura306:20171002231647j:plain

橋の下には、ネレトヴァ川が流れています。橋の高さは24メートル。毎年夏には飛び込み大会が開催されているそうです。これができるようになったのも平和な証拠ですね。

 

 

f:id:mura306:20171002232912j:plain

橋を渡ったところにあった、『DON'T FORGET '93』の文字。左後ろの写真が橋が壊された後に作られたつり橋だと思われます。

 

 

f:id:mura306:20171002233040j:plain

f:id:mura306:20171002233725j:plain

f:id:mura306:20171002233748j:plain

モスタルでは、橋の西側がムスリム人地区、東側がクロアチア人地区で住み分けがされています。バスターミナル側から橋を渡った私は、たった今クロアチア人地区に入りました。つまり、先ほどの十字架のある側です。今まであったエキゾチックな雰囲気はなくなりました。こちらも内戦の銃弾痕がいまだに残っています。なお、クロアチアの主な宗教はキリスト教ですが、クロアチア人地区にもモスクはあります。

 

 

f:id:mura306:20171002233856j:plain

f:id:mura306:20171002233951j:plain

f:id:mura306:20171002234020j:plain

f:id:mura306:20171003205747j:plain

私が宿泊した宿(Kriva Cuprija)がこちら。クロアチア人地区にあります。カッパドキアで泊まった洞窟ホテルのような、石を削って作られた部屋でした。豪華なビュッフェ朝食付き。(€39) 

 

 

f:id:mura306:20171003205912j:plain

f:id:mura306:20171003205824j:plain

夕食は宿の近くのレストランで取りました。この辺りでは鱒が捕れるからか、名物となっています。私も鱒のグリルを注文しました。焼き加減もよく、おいしかったです。レモンを絞って味を変えてもこれまた絶品。付け合わせのほうれん草のソテーもいい脇役ぶりでした。(29KMマルカ≒1600円)

 

 

f:id:mura306:20171003210727j:plain

f:id:mura306:20171003210858j:plain

満腹で大満足した私は、再び橋を渡って、ムスリム地区に向かいました。夕暮れになると街がライトアップされていい感じでした。個人的意見ですが、イスラム国家が最も美しく見える時間帯は日没直後の夕暮れだと思っています。アラビアンなランプと、街中に流れるアザーンが本当にいい味を出してくれるのです。

 

 

f:id:mura306:20171003211009j:plain

帰り道(確か、クロアチア人地区)に、ジェラートのお店があったので買いました。これは何味のジェラートだと思いますか?

 

 

 

答えは、コーラ味。感想は… 二度と買うことはないと思います。めちゃ甘いコーラ味で、マシュマロのような食感でした。笑

  

 

f:id:mura306:20171003212157j:plain翌朝、ネレトヴァ川のほとりまで行き、スターリ・モストを下から眺めました。改めてみると、高くて細い橋です。

 

 

 

f:id:mura306:20171003212118j:plain

ほとりにこんな石碑がありました。おそらくボスニア語で書かれているのですが、数字とスターリ・モストという言葉を拾った感じだと、『1993年の11月9日にスターリ・モストが破壊された』という旨が書かれているように思えます。(※あくまで予想です)

 

 

f:id:mura306:20171003213603j:plain

橋の東側には展望台みたいなところがありました。あと、内戦中の写真を展示したギャラリーも。そこにあった写真には、避難する子どもの写真などだけでなく、兵士や死傷する市民の姿もあり、私の想像を遥かに超えた残酷なものばかりでした。今でもはっきりと覚えているのが、ひれ伏す市民に対して冷たい銃口を向ける兵士の写真と、真っ白な雪が積もった土に真っ赤な血が大量に流れている写真です。

 

 

f:id:mura306:20171003214318j:plain

橋を渡り、ムスリム地区に入ってすぐの所にも、ギャラリーがありました。こちらは固定ビデオカメラで撮影された、スターリ・モストがクロアチア人によって破壊されていく映像を無料で見ることができます。クロアチア人兵士たちが何度も何度も砲撃を重ねていき、橋が徐々に破壊されていく姿には心が痛みました。そして、とどめのロケット弾により、橋は粉々になり、川へと崩れていくのです…。

 

 

f:id:mura306:20171002222844j:plain

2004年にユネスコの協力により橋が再建されるまで、弧のない橋の両端で宗教や民族による住み分けがされていました。橋は復元され、通行は可能になりましたが、今でも住み分けは実質行われています。島国の日本に生まれた私には、宗教や民族の大きな対立というものを経験したことがないし、『橋を越えた先は異なる国や民族だから行ってはいけない』というイメージができないのですが、民族や宗教による考え方の違いから今日も戦争が起きているように思えます。なかなか根が深く、難しい問題であるし、ボスニア内戦の概要しか知らない私には偉そうに語る資格はないのですが、少なくとも「お互いの違いを認め、理解しようとする」ということができたら、世界はもっと上手く回るのではないかと思います。

 

 

f:id:mura306:20171003221526j:plain

ドブロヴニク行きのバスが12:30に出発なので、バスターミナル方面に戻りました。スターリ・モストを北に行く(バスターミナル付近)と、ネレトヴァ川がより美しい色で流れていました。

 

 

f:id:mura306:20171003221907j:plain

f:id:mura306:20171003221936j:plain

ドブロヴニク行きのバスは4番のバス停から出発していました。(25KM≒1400円)

 

 

f:id:mura306:20171003222057j:plain

サラエボに続き、モスタルでも日本から贈られたバスが走っていました。

 

 

f:id:mura306:20171003222242j:plain

f:id:mura306:20171003222349j:plain

バスは定刻に出発し、ほどなくしてクロアチア国境に到着。警察官がパスポートを回収してスタンプをもらい、無事に入国しました。

 

 

このモスタル→ドブロヴニク行きのバスですが、満席だった上、ぐねぐね山道が続いたので、普段バス酔いしない私でも少し気分が悪くなりました。酔いやすい方は酔い止めを飲んでから乗ることをオススメします。

 

 

 

以上、ランダムに2011年夏の旧ユーゴ旅行を挙げてきましたが、廻った順は以下の通りです。

 

モスタル(今回)

ドブロヴニク

ザグレブ

 

という流れで廻りました。なお、ドブロブニク2011は省略しましたが、昨年8月のクロアチア旅行記はまとめてありますのでよろしければこちら↓をどうぞ。


 

クロアチアは景色も美しいし、ごはんもおいしいので、個人的にはオススメの観光地です。ただ、その美しい街並みの裏には内戦から復活した悲しき歴史があるということを忘れずに旅をしてもらえたらと思います。そして、お時間があればボスニア・ヘルツェゴビナにも是非寄っていただきたいです。 

#082 サラエボで戦場跡地を巡ってみた。 (2011.8)

f:id:mura306:20171001215557j:plain

サラエボ(Sarajevo)はボスニア・ヘルツェゴビナの首都です。この地では、2つの大きな戦争が勃発し、戦地となりました。1つ目は1914年に始まった第一次世界大戦サラエボ事件がきっかけで世界大戦にまで拡大してしまいました。2つ目は1992~1995年のボスニア内戦。中学生だった私は当時その惨状を全く理解していませんでしたが、それでもサラエボから中継です」という言葉をニュースでしょっちゅう耳にしたことは覚えています。なお、そのサラエボからの中継地だった場所がこの写真のホリデイインホテルです。

 

 

f:id:mura306:20171001220501j:plain

このブログで2011年夏のクロアチア旅行について時々書いていますが、実はザグレブに着いてすぐにサラエボに夜行バス(約200kn)で移動しました。バスターミナルでバスを待っていると、見知らぬ人に「なんでサラエボなんかに行くんだ?」と不思議がられました。理由は単にクロアチアから近いから行ってみただけなのですが、内戦の跡地を見てみたいという思いも正直ありました。うまく言えないのですが、とにかく「楽しかったー!」だけの旅で終わらせたくなくて、戦争などの負の歴史から目を背けてはいけないと思ったからです。仕事柄、子どもたちにも見せたいと思いました。

 

 

元々、クロアチアボスニア・ヘルツェゴビナも、同じ国でした。それが、今は無きユーゴスラビア連邦です。

 

 

『七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家』と呼ばれていたほど、多民族・多宗教の国家でした。1991年から次々とユーゴスラビアから独立し、今では地図上にユーゴスラビアという国は存在せず(国連でのマケドニアの正式名称として「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」は残っているようですが…。)、スロヴェニアマケドニアクロアチアボスニア・ヘルツェゴビナセルビアモンテネグロコソボの7つの国家(※コソボの独立を認めていない国もありますが、日本は独立承認国です。K氏によると、日本人は独立を認めているからビザなしでコソボに入国できるそうです。)にそれぞれ独立しています。サッカーがさかんな地域なので、日本で大活躍したピクシーことストイコビッチセルビア出身、現日本代表監督のハリルホジッチボスニア・ヘルツェゴビナ出身です。

 

 

スロヴェニアマケドニアの独立ではそこまで血が流れなかったようですが、クロアチアボスニア・ヘルツェゴビナでは多くの死傷者が出ました。特に、ボスニア内戦では、1992年から1995年の約3年半で20万人の死者と200万人の難民が出たそうです。

クロアチア紛争 - Wikipedia

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争 - Wikipedia

 

 

f:id:mura306:20171001223524j:plain

私がサラエボを訪れたのは2011年で、ボスニア内戦終戦から15年ほど経っていた頃でした。それでも、バスの中から見たサラエボの景色には、恐らく内戦で破壊された廃屋の姿がありました。

 

 

f:id:mura306:20171001223753j:plain

22:00にザグレブを出発し、翌朝6:00頃にサラエボのバスターミナルに到着しました。ロッカーに大きい荷物を預けて、バスで一緒だった韓国人Jadeと一緒に廻りました。彼女とは年齢が一緒だったこともあり、すぐに仲良くなりました。

 

 

f:id:mura306:20171001224004j:plain

f:id:mura306:20171001224223j:plain

サラエボ中央駅でトラムに乗り、中心部に向かうことにしました。旧社会主義国によくある、無機質な建物が並んでいました。

 

 

f:id:mura306:20171001224049j:plain

f:id:mura306:20171001224114j:plain

f:id:mura306:20171001224742j:plain

新しいようで少し年季の入ったトラムがやって来ました。MIKADOと書かれた広告が気になります。チョコレートのようですが。帝?笑

 

 

f:id:mura306:20171001215557j:plain

f:id:mura306:20171001224246j:plain

トラムは先ほど少し触れたホリディインの前を通りました。内戦当時、記者たちは皆このホテルに宿泊していたそうです。ホテルの前の大通りはスナイパー通りと呼ばれているのですが、これはボスニア内戦の頃、ここを通る者は全て(動物さえも)撃たれたことから来ているそう。よーく見ると、今でも銃弾の跡があるのがわかります。ここから当時命がけの中継が行われていたのですね。

 

 

 

f:id:mura306:20171001224953j:plain

f:id:mura306:20171001225323j:plain

ボスニア・ヘルツェゴビナの主な宗教はイスラムなのですが、モスク以外にもカトリックセルビア正教(画像2枚目)の教会やユダヤ教シナゴーグが徒歩圏内に集まっていました。旧ユーゴ内でも地域によってメジャー宗教が異なっていたからこそ独立運動が起こったのかなぁ、とも思ってみたり。そう思うと、多宗教でも国がちゃんと成り立ち、お互いを認め合っているインドってすごいなぁ、と改めて思います。

 

 

f:id:mura306:20171001225223j:plain

トラムを降りると、もうサラエボ中心部でした。ミリャツカ川沿いを歩くと…。

 

 

f:id:mura306:20171001225510j:plain

橋、発見。これが有名な『ラテン橋』です。何で有名なのかというと…。

 

 

f:id:mura306:20171001225257j:plain

f:id:mura306:20171002204749j:plain

この場所が、第一次世界大戦のきっかけとなったサラエボ事件の現場(※正確には、橋を渡った北側にある、この石碑付近が事件現場)だからです。1914年6月28日にここでオーストリア皇太子夫妻が暗殺され、最終的には世界中を巻き込んだ第一次世界大戦が勃発してしまいました。戦争のきっかけというのは本当に些細なことだったりします。当時も、まさかこの暗殺事件から世界戦争になるだなんて、予想していなかったことでしょう。

 

 f:id:mura306:20171001225614j:plain

f:id:mura306:20171001225539j:plain

このラテン橋も内戦で破壊されたので、現在架けられているのは2004年に再建されたものだそうです。大理石で作られています。 

 

 

f:id:mura306:20171001225945j:plain

ラテン橋を渡って北側を歩いてみると、新市街がありました。古いものもありますが、大半はとても綺麗です。綺麗ということは内戦で破壊され、再建された街並なのではないかと思ってしまいます。

 

 

f:id:mura306:20171001230026j:plain

f:id:mura306:20171001231210j:plain

至る所に銃弾の跡が残っています。サラエボ市民は内戦中の3年半をどれだけの恐怖や悲しみを抱えながら生活をしていたんだろうか…。

 

 

f:id:mura306:20171001230231j:plain

有名な『ツァレヴァ・モスク』の手前にも内戦の爪痕が残っていました。

 

 

f:id:mura306:20171001230004j:plain

f:id:mura306:20171001230114j:plain

時々、名前の書かれたプレートやお墓を見かけました。作成された年を見ると、内戦中に亡くなった方のものであることがわかります。

 

 

f:id:mura306:20171001230135j:plain

大戦の犠牲者を偲ぶ永遠の炎(Vječna vatra)サラエボ五輪の時から現在も絶やさずに灯され続けています。それでも、内戦中は燃料不足のため消えていたとのことなので、サラエボの平和のシンボルだと私は思っています。

 

 

1984年に社会主義国初の冬季オリンピックが開催されました。それがサラエボ五輪です。サラエボにはそれを記念した五輪博物館があるので、行ってみることにしました。

 

 

f:id:mura306:20171001230205j:plain

f:id:mura306:20171001230317j:plain

中心部から離れてるのでタクシーに乗って向かいました。途中で野良犬の集団に遭遇。 

 

 

f:id:mura306:20171001230454j:plain

f:id:mura306:20171001230515j:plain

こちらが五輪博物館です。すぐ近くにスタジアムもあります。

 

 

f:id:mura306:20171001230536j:plain

f:id:mura306:20171001230556j:plain

f:id:mura306:20171001230617j:plain

近年のものから東京五輪のものまで、歴代オリンピックのポスターがズラリ。 

 

 

f:id:mura306:20171001230643j:plain

f:id:mura306:20171001230736j:plain

f:id:mura306:20171001230717j:plain

内戦前のオリンピックなので、当時のサラエボは『ユーゴスラビア』の一都市でした。マスコットキャラクターの『ブチコ(Vučko)』は、ユーゴに生息しているとされた幻のオオカミがモチーフになっているのだそう。

 

 

f:id:mura306:20171001230804j:plain

f:id:mura306:20171001230828j:plain

すぐ隣ではサッカーをやっている学生らしきグループがいました。

 

 

しかし、この後私は衝撃の光景を目のあたりにします。私の眼前に無数に現れたのは、どこまでも続く、悲しき内戦の産物でした。

 

 

 

f:id:mura306:20171001230852j:plain

f:id:mura306:20171001230911j:plain

それは内戦の被害者の方々の墓地でした。内戦中にお墓を作る土地が不足し、やむなくオリンピックの補助グラウンドを墓地に充てたそうです。当然ながら、お墓に刻まれている亡くなられた日は1992~95年に集中しており、ここで内戦が起き、多くの被害者が出たことを改めて肌で感じた瞬間でした。思わず感涙。どうぞ安らかに。

 

 

f:id:mura306:20171001230937j:plain

f:id:mura306:20171001231000j:plain

そんな中、一本の木を見つけました。石碑に『桜』という漢字が刻まれていました。日本のボランティア団体が2002年に植樹したもののようです。戦争の過去は消えませんが、この桜の木が大きく咲き誇る頃には世界が平和で溢れていることを願うばかりです。 

 

 

f:id:mura306:20171001225637j:plain

なお、サラエボにはJAPANと書かれた路線バスが走っていました。日本の中古バスがサラエボ新たな人生を歩み、今日も市民を乗せて走っています。

 

 

f:id:mura306:20171001231113j:plain

f:id:mura306:20171001231134j:plain

五輪スタジアムから戻って来てから、再度トラムに乗っていたら、パンッ!! という轟音が車内に響き渡りました。銃声か?地雷か?と怯えていたら、ただのタイヤのパンクでした。笑 

 

 

f:id:mura306:20171001225824j:plain

自分で選んだとは言え、元戦地を見ていると食欲が全く湧かないのですが、とりあえず昼食を取りました。チェヴァプチチ(ćevapčići)と呼ばれる料理です。味付けや食材がやはりイスラム国家なんだなぁと感じる味でした。中のお肉がジューシーでおいしかったです。トルコのキョフテみたいな感じ。 

 

 

f:id:mura306:20171001225800j:plain

私は8時間ほどのサラエボ滞在の後、モスタルというボスニア・ヘルツェゴビナの都市にバスで向かいました。(18KM(マルカ)≒990円)

ここでJadeとお別れ。彼女はサラエボに数泊した後にセルビアに行くようです。

 

 

f:id:mura306:20171001231257j:plain

f:id:mura306:20171001225856j:plain

モスタルへの道は山越えが中心でした。14:30にサラエボを出発し、モスタル到着は17:00到着予定。

 

 

サラエボを出てしばらく経つけど、今何時だろ?携帯で確認しよっと。えーっと、携帯はどこだっけ?(ごそごそ) 

 

 

 

あれ? あれれ??

 

 

 

け、携帯がない。

 

 

どこを探しても私の携帯はありませんでした。サラエボに着いてからの記憶を反芻すると、「永遠の炎」は携帯のカメラで撮影したことが判明。そこから一度も使っていないはず。

 

 

結局見つからないためいまだに原因不明ですが、可能性としては

①『永遠の炎』の後、街中で落としたor盗まれた

②タクシーの中に置いてきた

のどちらかだと思われます。ガラケーではあるものの、以降の道中で待受画面にしたいような絶景を携帯で撮影できなかったのが悲しかったです。

 

 

f:id:mura306:20171002215000j:plain

サラエボには、今もなお内戦の爪痕が残り、街を歩くと心が痛みます。ただ、戦争を知らない私たちが戦争の悲惨さを知るには実際に目で見てそれぞれ感じることが大切なのではないかと私は考えているので、行ってよかったと思います。

 

この後、モスタルでも内戦跡地を訪れたので、また書こうと思っています。