世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。なお、このブログの無断転載および画像の無断使用は禁止とさせていただきます。

#195 非常口近くの席を利用してみた。(2019.2)

f:id:mura306:20190214215134j:image

今、香港にいます。今年は2/5~2/19が春節のため空港はお祭りモード。これから更にドーハ経由でパリに向かう途中です。

 

 

f:id:mura306:20190220225907j:plain

カタール航空で航空券を取ったのですが、香港まではキャセイパシフィック航空とのコードシェア便で来ました。というか、キャセイです。満員御礼のため、早めにカウンターに着いたのにも関わらず、名古屋~香港間は通路側の座席が取れないとのこと…。

 


ところが、『非常口のところでしたらご用意できますが…。』という、カウンターのお姉さんの鶴の一声により、非常口のすぐ横の席をゲットできました。窓側ですが、前に人がいないため、トイレなどの離席が簡単なんです。

 


f:id:mura306:20190214215000j:image
ちなみに、セントレアキャセイではセルフカウンターが有人カウンターの前にあり、そこでチェックインする…はずなのですが、私もその前の人もうまくいかず、有人カウンターでいつも通りやっていただきました。便利なんだかどうだか。笑

 


f:id:mura306:20190214215046j:image
とにかく、非常口近くの席が無事に取れました。

 

 

1つ前のブログでも触れたばかりですが、この体験談を今回は書きたいと思います。乗りたてホヤホヤですよ。笑


 


f:id:mura306:20190214215103j:image
16:05に名古屋発の香港行きのキャセイパシフィック航空CX539便では59という列が非常口席の1つのようです。3人×3列で構成されており、左右の列3人ずつが非常口席をあてがわれてます。

 

 

f:id:mura306:20190220230516j:plain

ちょっと見にくいですが、USBケーブルがあれば携帯の充電もできます。

 


f:id:mura306:20190214215315j:image
当たり前ですが、非常口と機材が目の前にあります。そして、CAさんの席が向かい合わせにあり、離着陸時は誰かがここに座ります。

 


f:id:mura306:20190214215407j:image
さらに、目の前に座席がないため、いつものエコノミー席のように、前の席の人の背中を借りてモニターやテーブルがありません。どこに隠れているかわかりますか?答えはこの写真の中にありますよ。

 


f:id:mura306:20190214215432j:image
テーブルは肘掛けの下に仕舞われています。左翼側だからか、右側部分にしまわれてました。そのため、隣の方が肘をかけてしまうと出し入れが大変です。食事提供の際はお互い様ですが、私は食後にタイミングを失い、テーブルを仕舞えなかったので、隣の方が体制を変えた瞬間にしまいました。肘掛けのシェアって気を遣いますね。笑

 


f:id:mura306:20190214220003j:image

なお、モニターも肘掛けの右側部分に備え付けられてますが、そちらは足元にあるので特に問題なく片付けられます。が、出し方がよくわからず、通路側のお兄さんに全部やってもらいました。手すり部分の足元に隠れていて、手で引き出す感じでした。こちらにUSBタイプの充電スペースがありました。

 


f:id:mura306:20190214215820j:image

ヘッドホンや雑誌類は窓側に3人分備え付けられています。非常口席は窓側の方がいいですね。そこに小さなゴミなら入れておけます。

 


f:id:mura306:20190214215510j:image
夕食はこんな感じ。味が濃かったので、最後に胃がもたれました。

 


f:id:mura306:20190214215518j:image
そして、キャセイ名物、ハーゲンダッツ今回はクッキー&クリーム味で、帰りはバニラ味でした。

 


そうそう、本などの荷物をしまうポケットがないため、非常口席は自分の荷物を頭上の荷物棚にしまわないと行けません。でも、カメラとかほしいですよね。

 


しかし、私は見つけてしまったのです。自分の左側に、座席と機体とのすき間があることを…。そこに最低限の荷物をいれたカバンを押し込み、ブランケットを足元まで伸ばして隠しました。たまーにCAさんに見られたような気がするのでたぶん大丈夫だと思うのですが、航空会社やCAさんによってはダメかもしれません。窓側だからこそできた技です。笑

 


トイレも近いので、便利な席です。が、時にはトイレ渋滞が起こり、自分の前に人が並びます。あと、機内トイレ特有のニオイ(芳香剤?)が漂ってきます。笑

 


それでも、キャセイはやっぱり快適そのもので、携帯電話も機内モードにしてあれば問題なく終始(離着陸時も)使えました。私が堂々と使っていても、目の前に座っているCAさんが何も言ってこなかったし、そんな機内放送が入りました。

 


f:id:mura306:20190214215622j:image

エンターテイメントも充実しており、私は柄にもなく映画を見てしまいました。『ボヘミアン・ラプソディを。クイーン好きだし、実は前から劇場で見ようかと思っていたのです。3年に一回くらいしか映画を見ない私ですが、私に薦めてきた友人NAの言う通り、いい映画でした。エンディングの選曲が最高でした。♪Don't stop me now~♪

 


話は戻って、この非常口席のデメリット

①座席のポケットがないため、手荷物が身近に置けない

②モニターが特殊なため、着陸体制になるとエンターテイメントが楽しめない

③窓が横にないから、外の様子がわからない

ことですかね。そこだけ妥協すればなかなかいい席だと思いますよ。あてがわれるかどうかは運次第ですが、提案をされたら一度は経験してみるといいかもしれませんよ。ただし、万が一の緊急時は避難の手伝いをしなければならないため、そこだけはお忘れなく。

 

 

なお、離陸後シートベルトサインがなくなる前に、足元のカバンを試しに出してみたら、CAさんに頭上を指差すハンドサインをされました。おそらく、『荷物棚に入れておけよ!』だと思います。やはりダメなんですね。ごめんなさい。笑