世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。なお、このブログの無断転載および画像の無断使用は禁止とさせていただきます。

#223 ベトナム航空に乗ってみた。(2019.8)

f:id:mura306:20190809173246j:image

ベトナム航空に乗り、カンボジアシェムリアップに向かいました。ベトナム航空は2012年の年末以来ですが、その乗り心地をレポートしたいと思います。

 


前回はセントレア発でしたが、今回は関空発です。前回は目的地はラオスだったため、セントレアホーチミンプノンペンビエンチャンと言う、謎の3回乗継をした上に、機内で乗客のiPadが行方不明になり、全員が疑われると言う、とんでもない便でした。サービス自体は悪くなかったでしたけどね。

 


さあ、今回の関空ホーチミンはどんな感じだったのでしょうか?

 


10:30関空発のため、空港には8:00に到着し、即チェックインしました。早めのチェックインのため、ほとんど並ぶことなく行けました。最終目的地がカンボジアのため、カウンターのお姉さんがビザの確認までして下さいましたよ。

 


f:id:mura306:20190809173332j:image
9:50頃まで時間があるので、朝食を取りました。うどんからの…。

 


f:id:mura306:20190809173351j:image

たこ焼きのはしご。笑

 


f:id:mura306:20190809173406j:image
それから、出国。2月に利用したセントレア同様、関空日本国籍の人はセルフ出国でした。パスポートの顔写真のページをモニターでスキャンし、正面の鏡を見て顔のスキャンが終わるとゲートが開きます。まぁ、相方Kさんは何回やっても開きませんでしたけどね。笑

 


出国スタンプは必要な方のみもらえます。セントレアはパスしましたが、今回は何となくもらうことにしたら出国審査官から『え、要るの?』って顔をされました。

イヤイヤイヤ、働いて下さいよ。笑

 


f:id:mura306:20190809173422j:image
その後は免税店をプラプラしつつ、29番ゲートへと向かいました。モノレールに乗って移動します。そういえば、ここで元朝青龍関に会って、写真を撮ってもらったっけ。そして、その時もKさんが隣にいて、モンゴルに行ったんだよなぁ。あれから丸6年。ちなみに、Kさんはあのときと同じように某巨人漫画の最新号を関空内のTSUTAYAで購入してから出国。笑

 


f:id:mura306:20190809173246j:image
とまぁ、そんなこんなでゲートに到着。ベトナム航空の紺碧の機体が待ち構えてました。

 


f:id:mura306:20190809173525j:image
9:50になると、ボーディングタイム。並んでも疲れるので、のんびり座り、人が減ってから搭乗しました。どーでもいいのですが、ホーチミンのスペルって、ホー・チ・ミンなんですよ。

 


f:id:mura306:20190809173508j:image

中国語表記だと胡志明

 


f:id:mura306:20190809173541j:image
新聞のサービスはもちろんベトナム語。全く読めんですがお土産にいいかもね。笑

 


f:id:mura306:20190809173615j:image
今回の座席は17A。座席は3-3-3席と言う珍しい配置でした。更に、前の3席と、Kさんの隣が1席空いていました。というか、結構空きがありました。少し意外。雨季だからかな?

 


f:id:mura306:20190809173627j:image

ブランケットの色がかわいいのです。

 


f:id:mura306:20190809174532j:image
シェムリアップまでオープンジョーで10万円ほどの安いチケットでしたがプライベートモニター完備。USBでならスマホの充電もできます。

 

 


f:id:mura306:20190809173650j:image
私たちが感動したのが、この窓の下のボタン。何のためだと思いますか?

 


f:id:mura306:20190809173714j:image
f:id:mura306:20190809173722j:image
答えは遮光ボタン。窓のカバーがない代わりに、ボタンで窓の明暗が変えられ、窓全体が青っぽくなったり、戻したりできます。そのため、外は快晴でも、座席には日差しが全く入ってきません。

 


f:id:mura306:20190809173845j:image

写真では伝わりにくいのですが、真っ暗になります。あまりにも暗くて、昼夜の感覚がなくなるほど。いやぁ、これは画期的でしたわ。なお、離着陸時の操作は無効となっております。

 


f:id:mura306:20190809173915j:image
離陸前におしぼりが配られました。このおしぼり、相変わらずいい匂いがします。

 


離陸はほぼ定刻通りでした。旋回時に見えた大阪湾の眺めが壮大でした。人口が多いのも納得。

 


f:id:mura306:20190809173927j:image
それから飲み物とスナックが配られました。

 


f:id:mura306:20190809174630j:image

f:id:mura306:20190809174645j:image

少ししてからランチタイム。和食と洋食から選べました。

 


f:id:mura306:20190809173936j:image
私は洋食をチョイス。海鮮焼きそばはスパゲッティのような太さでしたが、味付けは悪くなく、イカに細かく切り込みが入っていたり、1センチ四方ほどのエビの殻が丁寧に剥かれていたところに感動。

 


f:id:mura306:20190809173948j:image
昼食後は映画ボヘミアン・ラプソディを見ました。2月にパリ旅行をしたときも見たのですが、やっぱりいいね。Kさんは復路も観るほどハマっていました。帰国後にDVDを買おうかな。笑

 


f:id:mura306:20190809174741j:image

ベトナム航空の映画を見るときは1分半ほどの航空会社製作の宣伝動画を見ないといけません。それが結構めんどいかな。さすがに何回も見ると、覚えちゃったし。笑


f:id:mura306:20190809174718j:image
それでも折り紙の作り方のYouTube風動画を見たり、SUDOKUなどをやりつつ、機内のエンターテインメントを楽しみました。

 


f:id:mura306:20190809173958j:image

7時間ほどでホーチミンに到着。空からのホーチミンシティは都会そのものでした。あとで観光するのが楽しみだなぁ。

 

 

~おまけ~

空港到着後、乗継をしようとしたら、Transferマークに沿って行ったら、乗継カウンターに辿り着きました。スタッフに聞くと、『ここじゃなくて、真後ろのあっちに行って。で、階段を上って。』と言われました。言われた先は、入国者の待機場所のようなところでした。うーん、ここは違うな。

 

 

近くにいたセキュリティのおじさんに聞くと、『あのカウンターで聞いておいで。』と、先程いた乗継カウンターを指差されました。

 

 

そこでもう一度戻り、別のスタッフに聞いたところ、『左手に行って、階段を上って!』と言われました。先ほどは左にそれてないので道が違います。

 

 

うーん、みんな言っていることが違うな。まぁ、最後のお姉さんの言う通りに行くか…。笑

 

 


f:id:mura306:20190809175512j:image

あれ?人がいない…。

 

 


f:id:mura306:20190809175525j:image

←に進んでるから、表示→と逆走してるし…。でも、お姉さんが左に行けって行っていたし…。

 

 

 

数分後、行き止まり。笑

 

 


f:id:mura306:20190809175631j:image

撤収!!!笑

 

 

あれ?何で上り階段がないんだろうか?ドラクエみたいに、隠れた階段がどこかにあるのかいな?笑

 

 

もう一度、別の空港スタッフに聞きました。『あのぅ、乗継をしたいんですけど…。』

 

 

『(指差しながら)あぁ、あそこだよ。』

 

 


f:id:mura306:20190809175815j:image

振りかえったら発見。笑

 

 

スタッフが言ったとおり、乗継カウンターの正面を少し左手に逸れてすぐのところにありました。もちろん、その先には上り階段が。笑

 


f:id:mura306:20190809180058j:image

乗継ゲート付近で、小腹が空いたためポップコーンを二人でつまんでおります。笑