世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。なお、このブログの無断転載および画像の無断使用は禁止とさせていただきます。

#188 タイとラオスの国境に行ってみた。 (2012.12)

f:id:mura306:20190120002003j:plain

ラオスの首都ビエンチャンからバスでタイのノーンカーイ(Nong Khai)という町に行くことができます。国境はメコン川川向かいに異国があるって、私たち日本人からすると変な感じですね。今日はそのときのことを書こうと思います。実は1年前に書きかけていてそのままにしてあったのですが、何となく仕上げたくなり、本日めでたくアップした次第です。笑

 


f:id:mura306:20170716223227j:image

ノーンカーイへは、ビエンチャンのバスターミナルから向かいます。ここがラオス側国境。

 


f:id:mura306:20170716223257j:image

f:id:mura306:20190120002812j:plain

出国審査は混んでますが、審査自体はスムーズでした。

 


f:id:mura306:20170716223402j:image

友好橋をバスで渡ります。ここがまさに国境です。2つの異なる国旗がなびく姿はまさに友好の証ですね。

 


f:id:mura306:20170716223525j:image

入国審査を経て、遂にタイに入国。

 

 
f:id:mura306:20170716223601j:image

乗り合わせのソンテウで、宿に向かいます。

 


f:id:mura306:20170716223646j:image

本日のお宿はこちら、バーン メー リム ナム (Baan Mae Rim Nam)。メコン川に面していて、とても綺麗な宿だったのに、シングルで1300円くらいでした。

 


f:id:mura306:20170716223803j:image

エアコンがガンガンに効いて、快適でおすすめ!ビン詰めの水もサービスでもらえました。

 


f:id:mura306:20170716225421j:image
f:id:mura306:20170716223837j:image

川沿いは散歩コースみたいになってました。綿菓子屋さんがいるのが、何だかかわいらしい。

 

 
f:id:mura306:20170716225223j:image

ラオスでもあった、お金の木ラオスで僧侶に聞いたところ、商売繁盛の意味があるらしいですよ。

 


f:id:mura306:20170716224102j:image
宿のすぐ近くにアーケードがあり、服屋、食べ物屋、お土産屋に混じって、宝くじ屋発見。タイでは宝くじ屋の売り子さんがそこら中でいます。

 

 

f:id:mura306:20190120002320j:plain
f:id:mura306:20170716223925j:image

昼食はアーケード内でカオマンガイ!安定のおいしさ。やはり、プラスティックのお皿の料理は裏切りません!笑 

お皿の色はピンクか水色ね。笑

 

f:id:mura306:20170716224405j:image
今は亡き、プミポン国王。タイには王様の肖像画がいっぱい飾られています。

 


f:id:mura306:20170716225127j:image

アーケード内は自動車とバイクの乗り入れ禁止。そりゃあ、そうですよ、歩行者天国だもの。

 


f:id:mura306:20170716225157j:image

と思ったら、原付発見。お巡りさん、捕まえてください。笑

 


f:id:mura306:20170716225402j:image
f:id:mura306:20170716225551j:image

焼きバナナや五平餅?の屋台もありました。五平餅は食べてないですが、焼きバナナは干し芋みたいな味がしました。私は普通のバナナの方が好きです。笑

 


f:id:mura306:20170716225643j:image

メコン川沿いの歩道には、こんなモニュメントが。

何となく、浪漫飛行(by米米CLUB)が脳内をよぎります。笑

 


f:id:mura306:20170716225950j:image

日が暮れてきました。雲も美しい景色に彩りを加えてくれます。

 


f:id:mura306:20170716230101j:image

凧をあげる姿もサマになります。

 

 


f:id:mura306:20170716230146j:image

そんな中、いきなり象発見。近くに飼い主がいるので、野良象ではないんだけども、散歩中の象がいる光景にびっくり。これってタイではよくある光景なんだろうか。写真を一緒に撮ってもらいましたが、お金は取られませんでした。

 


f:id:mura306:20170716230415j:image

情報がほとんどない街なので、夕食の店を適当に探し歩きました。今夜もやっぱり屋台だな、うん。

 


f:id:mura306:20170716230526j:image

本日の夕食はこれ。スープとパクチーの相性は最強においしいんだけど、個人的には付け合わせの生のもやしは苦手です…。タイではよく出てくるけどね。

 



f:id:mura306:20170716233133j:image
f:id:mura306:20170716230732j:image

なぜか節電中のセブンイレブンでご当地プリッツ購入。ラーブ味は結構スパイシーです。

 

 

f:id:mura306:20180117232754j:plain

なお、2017年末にタイのセブンイレブンで売られていた、グリル海老味のプリッツはかなり再現度高くてオススメ!エビ好きな方には是非♪コーン味も甘くて美味しいです。タイ語表記もあり、お土産にいいと思います。

 

 


f:id:mura306:20170716233327j:image

翌朝、托鉢中のお坊さんに遭遇しました。ラオスだとオレンジの袈裟を着てますが、タイのお坊さんは辛子色の袈裟を着ています。

 


f:id:mura306:20170716233611j:image

朝食はお寺近くのジョーク(お粥)屋台にて。鶏のだしと胡椒が効いていて、本当においしかった!!揚げた麺もパリパリでいい感じ。昼間に通ったときには営業してなかったので、朝しか営業してない店なんじゃないかな。このお店のジョークは本当にオススメ。バンコクの安宿街である、カオサンの有名ジョーク屋台、全然おいしくなかったもん。ノーンカイを訪れたら是非食べてほしいです。今度ラオスに行く機会があったら、必ずビエンチャンからノーンカイに行ってこのジョークを食べるつもりでいます。笑

 


f:id:mura306:20170716233811j:image

地元の人にも人気店のようで、金魚すくいで使いそうなビニール袋に入れて、次々とテイクアウトしていく地元の方の姿を見かけました。タイのテイクアウトって、麺でも飯でもみんなこの金魚すくいスタイルなんですよ。笑

 


f:id:mura306:20170717005245j:image
f:id:mura306:20170717005308j:image

この石像のあるお寺のすぐ近くで営業してました。このちびっこ坊主たち、いい顔してる。

 

 

f:id:mura306:20190120002357j:plain

ジョーク屋台の近くのお寺の装飾はとにかくゴージャス!お寺の名前、何だったっけな。調べてわかったらまた訂正します。

 


f:id:mura306:20170717005439j:image

別の店でサテも購入。東南アジア全体でサテは食べられてますが、ハズレなし。もれなくおいしいです。日本人好みの焼き鳥の味ですね。

 

 
f:id:mura306:20170717005950j:image
天気がよく、お散歩日和。昨日、象と会った遊歩道を再び歩いてみました。

 


f:id:mura306:20170717005652j:image

私は乗りませんでしたが、メコン川には遊覧船が運行してます。

 


f:id:mura306:20170717005753j:image
f:id:mura306:20170717005815j:image

ラオス行きの船も運行しており、初めはそれを使って出入国しようとしましたが、どうやら地元の人専用らしく、外国人は利用できないようです。

 

 

そうでした。私は友好橋で国境を見るのでした。

ここに来た目的を危うく忘れてました。笑

 

 

とりあえず、遠くに見える友好橋を目指して、ひたすら歩きました。汗だくになりながら、遊歩道から30分くらい歩いたと思います。

 


f:id:mura306:20170717010111j:image

そして、辿り着いたのがここ。残念ながら、徒歩で国境を渡ることはできないため、ここが徒歩で行ける限界でした。タイ語で「進入禁止」の看板が出ています。 

 

 

f:id:mura306:20190120001632j:plain

ズームで写真を撮ってみました。何となく、国境に近づいた気分。ここまで行きたかったなー。

 

 

f:id:mura306:20190120001737j:plain

午前中のメコン川。茶褐色なのに美しいのは何でだろう。インドのガンジス川も然り。

 

 

その後は、暑さでぼーっとしつつも宿まで歩いて帰り、荷物をもって国境へ行き、ビエンチャンに戻りました。

 

 

ノーンカイには他にもカオスなお寺があるとのことですが、そこ行く時間はなかったため、またいつか行けたらと思います。しかし、あの屋台のジョーク、おいしかったなぁ…。