世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#151 モンゴルに行ってみた。 (2013.8)

超久々の投稿です。もうすぐツバルへ旅立つのですが、その前にモンゴル旅行について書こうかと思います。

 

 

f:id:mura306:20180731141315j:plain

モンゴルに行ったのは2013年の8月なので、今から5年前のことです。どこまでも続く大草原の中でゲルに泊まり、180度大パノラマの星空を眺めたい…。少しだけ、乗馬もやってみたいかな。(ささやき)

そう思って、行くことを決めました。

 

 

みなさんおなじみの旅仲間Kさんとの初旅行がこのモンゴルで、某歩き方HPの旅仲間募集BBSで出会い、初めてご本人と会ったのは関空でした。笑

 

 

が、色々な共通点があり、現在に渡ってもお付き合いがある仲ですので、出会い系のような場でも、気の合う人には出会えるんだなぁと思いました。もちろん、当たり外れはあると思いますが。笑

 

 

モンゴルのウランバートル行きの飛行機は成田と関空から出ており、私たちは中間地点の関空から出発することにしました。出発日も(メールのやり取りで)決めて、いざチケット予約!

 

 

しかし、出発2週間前ではなかなか空席が見つからず、色々なツアー会社をあたりました。すると、Kさんが見つけたとあるモンゴルのツアー会社がチケットをすんなりと取ってくれました。しかも、破格(直行便往復で約65000円!)で。モンゴルからだからこそ取れたのですかね?よくわかりませんが、これで行けることは決まりましたー、パチパチ!!笑

 

 

Kさんは乗馬を目的にモンゴル旅行を決めた方なので、私も乗馬をがっつりすることにしました。そのため、2人とも①乗馬用ブーツ(長靴可)②帽子(あご紐付き)③レインコート④上着を持参。

 

 

そして、出発の日。関空のとある場所でKさんと待ち合わせしました。なお、顔写真とかは送らず、スーツケースの色だけ教えました。すると、それらしき方が見つかったのでドキドキしながら声をかけるとKさんでした。きっと、出会い系で出会う男女もこんな感じでドキドキするんですかね?新鮮な気持ちでした。笑

 

 

f:id:mura306:20180731132152j:plain

私は前夜から関空入りし、国内線のカウンター近くのベンチで一晩を明かしたのですが、ふと目が覚めたら、目の前に搭乗手続きをする人の列があったので、とても恥ずかしい思いをしました。 今ならこうします。↓笑


 

f:id:mura306:20180731132121j:plain

Kさんも夜行バスで来たため、さっそく朝食をとってから、ラウンジのような場所でシャワーを浴びました。なお、ツアー会社から、ゲルに止まってる間はシャワーを浴びることはできないと言われているため、以降3日間は体が洗えません。15分で500円くらいのコインシャワーでしたが、時間ギリギリまで存分にシャワーを堪能しました。

 

 

嗚呼、これでしばらくシャワーも洗髪もできないんだなぁ…。

 

 

f:id:mura306:20180731132431j:plain

モンゴル航空(以下、MIAT)が2013年は夏季のみ関空から運行していました。意外にも…と言ったら失礼ですが、観光客が予想よりも多くてびっくりです。笑

 

 

なお、帰りの便では、(エコノミーの中で)一番遅く搭乗して振り返ったら、モンゴルの英雄、ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏つまり元横綱朝青龍関が搭乗してきて会話&握手&写真撮影を快くして下さりました。ニュースを見ると近寄りがたい人かと思っていたけど、とっても気さくないい人だったため、今更ながら少しファンになっちゃいました。笑 

 

 

f:id:mura306:20180731132241j:plain

MIATの機体はこんな感じ。3列×2だったかなぁ。

 

 

f:id:mura306:20180731132315j:plain

ウランバートルって英語だとこう書くんですね。Aがいっぱい。笑

 

 

f:id:mura306:20180731132458j:plain

f:id:mura306:20180731132516j:plain

MIATの機内食はこんな感じ。まぁ、ふつうです。笑 

 

 

f:id:mura306:20180731122551j:plain

無事に16:00頃、ウランバートルに到着。なお、日本との時差はー1時間です。首都ウランバートルの空港の名前は別名チンギスハーン空港です。

 

 

f:id:mura306:20180731124719j:plain

車窓からはモンゴルの国旗が見えて、モンゴルに着いたことを実感。

 

 

f:id:mura306:20180731145139j:plain

ウランバートルの市街地は日本車もたくさん走っていて、とても栄えている印象でした。 カラオケ店がたくさんある理由は、『モンゴル人の冬の娯楽』なんだとか…。

 

 

f:id:mura306:20180731125056j:plain

オボは石を集めて作った、遊牧民の大切な道しるべです。

 

 

f:id:mura306:20180731124743j:plain

おぉ、ゲル発見!

 

 

f:id:mura306:20180731124538j:plain

と同時に、西洋式の家屋もチラホラ見えてきました。ツアー会社のFさん曰く、『最近のウランバートルは近代化が進んでいて、遊牧民も減ってきているんだよ』とのこと。

うーん、色々考えさせられます…。

 

 

f:id:mura306:20180731125510j:plain

f:id:mura306:20180731125529j:plain

道路の両脇に立つ人がいました。彼らはキノコやベリーなどの売り子で、運転手に買ってもらうために立っているのです。

 

 

f:id:mura306:20180731125752j:plain

ツアー会社のFさん(日本人)は、夏季のみモンゴルに滞在しているのですが、毎年訪問する度に道路がきれいになっているそうです。この道も新しい道です。

 

 

f:id:mura306:20180731125959j:plainf:id:mura306:20180731125851j:plainf:id:mura306:20180731125928j:plain

と思っていたら、未舗装の道に遭遇。体が前後左右に揺れ、重力に弄ばれます。こんなの、カンボジア以来だなぁ…。この後、ブータン(2017.3)でこれ以上の酷道に出会いますが…。号泣


 

 

f:id:mura306:20180731130311j:plain

でも、モンゴルでは少し前まで砂利道が普通だったんだよなぁ…。 

 

 

f:id:mura306:20180731130147j:plain

ようやく拓けたところに出ました。 

 

 

f:id:mura306:20180731130251j:plain

ウランバートルの北東50kmに位置するテレルジ(Terelj) が私たちの目的地であり、ようやく街の入り口に入りました。

 

 

f:id:mura306:20180731130706j:plain

のどかな光景が広がっています。まさに、私のイメージ通りのモンゴルの景色です。

 

 

f:id:mura306:20180731130541j:plain

すると途中で川にぶち当たります。どうするかと言うと…。

 

 

f:id:mura306:20180731130629j:plain

車で川を渡ります。Fさんの車はトヨタランクルなので、こういう技ができるのです。

 

 

f:id:mura306:20180731130958j:plain

しばらくすると馬に乗ったモンゴル人が来ました。私たちが滞在するゲルのオーナー兼馬乗りのTさん。川を渡っての登場です。

 

 

f:id:mura306:20180731145024j:plain

登場の仕方が暴れん坊将軍みたいで、超かっこよかったんですよ。笑 

 

 

f:id:mura306:20180731131024j:plain

ゲルの一番手前の川の水位が上がっているため、渡れるかどうかを相談中。さすがのランクルも水没するんじゃないか…? 

 

 

f:id:mura306:20180731144837j:plain

まぁ、渡りましたけどね。笑

 

 

f:id:mura306:20180731131120j:plain

そして、川に沈むことなく、ゲルに無事到着。ここで3泊します。 次回はゲルの内部を紹介します。