世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#265 チェコで1000円コンサートに行ってみた。(2009.8)

f:id:mura306:20200604214236j:plain

プラハでクラッシックのコンサートに行ったので、その時のことを今回は書きます。

 

 

f:id:mura306:20200527095147j:plain

気がつけば4時半。お城近辺に何時間いたんだろうか?笑

で、カレル橋の方に戻ろうとすると、コンサートのチラシがちらほら配られていました。1枚目は4曲のパイプオルガンコンサートでした。しかし、知っている曲がなくて、イマイチピンと来なかったのです。

 

 

f:id:mura306:20200620213701j:plain

もう少し歩いたら、2枚目のチラシをゲットしました。それはバイオリンのコンサートで、15曲くらいのセットリストを見ると、知っている曲が半分くらいでした。てことで、その場でチケット購入。 開演時間までスタバで時間を潰し、いざ会場へ。

 

  

 

f:id:mura306:20200418122035j:plain
5名の演奏者でのクインテッド演奏でした。1曲目はモーツァルトのLittle Night Musicで、私の中で一気にテンションが上がりました。プロの生演奏は本当に迫力があります。他には、トロイメライ美しく青きドナウ、天国と地獄を演奏してくれ、最後のアンコールがハンガリー舞曲でした。

 

 

f:id:mura306:20200604212951j:plain

あっという間の1時間で、思わずCDまで買ってしまいました。笑

 

 

なお、ドレスコードのないカジュアルなコンサートなのですが、チェコ人はドレスなどで着飾っていて、大変素敵でした。まぁ、カジュアルな恰好でも浮くことはないので全然大丈夫でしたよ。ドレスで着飾るチェコ美女は本当に美しかったです。

 

 

f:id:mura306:20200604213450j:plain

その後、夕食は1人でチェコ料理のレストランへ行き、チェコ料理を初体験。

 

 

f:id:mura306:20200604213354j:plain

単品をいくつか頼み、約6000円ほどの高級ディナーでしたが、チェコ料理、ウマイんです。こちらは牛肉のグラーシュ。元々はハンガリー料理のグヤーシュかな?ビーフシチューですね。大好きな味で、1人でウマイ、ウマイと小声でつぶやきながら食べました。

 

 

f:id:mura306:20200604213546j:plain

最後にはスイーツも注文。スタッフのお兄さん(なぜか、ボブサップみたいな黒人)もいい人で、私が1人だからか、気さくに話しかけてきてくれたのも嬉しかったです。

 

 

f:id:mura306:20200620214418j:plain

個人的には、酸味の強いポーランド料理はあまり口に合わなかったので、チェコでおいしい料理に出会えたのは本当にありがたかった!!なお、今気付いたのですが、このレストランの店名がMUCHA(ミュシャで、絵もありますね。笑

 

 

f:id:mura306:20200620214652j:plain

そうこうしてるうちに、20:00になりました。やっと暗くなったって時刻です。 旧市街に行ったら、ライトアップされた夜景がきれいでした。 昼間に見た風景なのに、全然違って見えました。

 

 

f:id:mura306:20200620214833j:plain

この天文時計は旧市庁舎塔の下部にあり、2つの円が並んでいるのがユニークです。感想を言うならば、時間が読めねーーー。笑

それもそのはず、上の円は太陽と月などの動きと共に、年月日と時刻を表しているようです。この写真は2009年8月7日午後6時45分頃に撮ったと思うのですが、読めねーーー !

 

 

f:id:mura306:20200620215419j:plain

下は黄道12宮と農村における式の作業を描いた暦で、一日に1目盛り動くらしいです。

 

 

f:id:mura306:20200620220512j:plain

翌日は、チェスキークルムロフに日帰りで行ってきました。そのことは次回書きます。