世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#148 台湾で臭豆腐を食べてみた。 (2014.12)

f:id:mura306:20180612224105j:plain

臭豆腐、おそるべし。

 

 

台湾を訪れたことのある方なら、臭豆腐のニオイっていうとわかると思います。何とも形容しがたい発酵臭で、急に風に乗ってプ~~ンと来るんですよ。そして、しばらく歩くと臭豆腐屋さんが必ずあるのです。なお、臭豆腐とは名前の通り、豆腐を発酵させたもので、台湾のB級グルメ的存在なのです。

 

 

f:id:mura306:20180612231900j:plain

初めての出会いは2007年の3月でした。確か、九份を訪れた時です。急に来たんですよ、ニオイが。思わず「くさっ!!何コレ??」と思い、友人と鼻をつまんだものです。あんな屋台、誰が買うんだよって思ってました。あと、お店の人は臭くないんだろうかという、素朴な疑問も同時に浮かびました。笑

 

 

それから、食べる機会も、台湾を訪れる機会もなかったのですが、2014年の年末に、みなさんおなじみのKさんと台湾に行くことになりました。当時、たまたま台湾人と仕事で接する機会があり、臭豆腐のことを聞いてみると「臭豆腐はオイシイヨー。食べたほうがイイヨー。」と言われました。

 

 

どうしようかな…。話のネタ的には面白いよな…。

 

 

2014.12

台湾到着初日に九份に行きました。すると、さっそく台湾の洗礼を受けます。

 

 

f:id:mura306:20180612232341j:plain

あぁ、懐かしいニオイがすると思ったら、やはりあなたがいらっしゃったのですね。涙

 

 

ここで、私は気付いたことがあります。それは、いつも鼻をつまんで逃げるように去って行ったため、臭豆腐自体を見たことがなかったということです。

 

 

f:id:mura306:20180612232921j:plain

これが臭豆腐です。見た目は、厚揚げを赤みそで煮込んだ感じですね。中部人の私にはなじみのある食材です。笑

 

 

どうする…? 

食べるべき…?

 

 

 

f:id:mura306:20180612233024j:plain

f:id:mura306:20180612233057j:plain

とりあえず九份を観光してから考えよう。

アイルビーバック!!笑

 

 

 

~1時間後~

f:id:mura306:20180612224105j:plain

マニュフェスト通り、戻って来ました。(夜の九份はお店が閉まっていて、そこまで見るところがなかった)

 

 

f:id:mura306:20180612224435j:plain

アンタ、相変わらず強烈な臭いを放ってますねぇ。50メートル先にいてもわかっちゃうんだから♪笑

 

 

店の前でも少し躊躇する私たち。でも、せっかく台湾に来たんだし、さらに台湾人J君(超イケメン)に薦められたし、食べようということになりました。

 

 

f:id:mura306:20180612224709j:plain

値段は1本35元≒125円なり。キャベツが添えられてました。

 

 

 

恐る恐る食べてみると…。 

 

 

 

 

 

 

f:id:mura306:20180612234033j:plain

うん、悪くない。ちょっとねっとりとした厚揚げでした。赤味噌みたいなタレは甘くておいしかったです。さらに不思議なことに、食べているときは臭くないんです。

 

 

そんな感じで、臭豆腐自体はマズくなかったです。「おいしかった」と言えない理由は、あのねっとり感を、潔癖な私が何となく拒否しているから。でも、慣れたらおいしいと思えるかもしれません。実際、臭豆腐を食べて以来、臭豆腐屋を見かけても鼻をつまむことはなくなりました。

 

 

f:id:mura306:20180612234258j:plain

なお、臭豆腐九份以外でも屋台で売られています。台湾の思い出に…、もしくは話のネタに…、はたまた珍味と出会うために、興味ある方は是非試してみて下さい。ニオイのような味ではないのでご安心を!笑