世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#086 タナカを塗って、夕陽を見てみた。 (2015.12)

f:id:mura306:20171012210442j:plain

f:id:mura306:20171012210408j:plain

ミャンマー女性の美の秘訣と言ったら『タナカ』。 何となくアンガールズの彼を思い浮かべてしまいますが、「田中」ではなく「Thanaka」です。当たり前ですが、「タナカ」はあっても、「ヤマネ」はありません。笑

※ちなみに、アンガの田中さんは性格よさそうだし、私は結構好きだったりします。笑

 

 

f:id:mura306:20171012211522j:plain

f:id:mura306:20171012203205j:plain

タナカとは、タナカという木を擦って、水と一緒に混ぜてペースト状にしたものです。これが、保湿と日焼け止めの役割を果たすようで、ミャンマー女性はみな顔に塗っているのです。色は薄い黄色をしていて、朝の洗顔後にタナカを塗り、一日過ごします。中には模様を入れてるツワモノも…。おしゃれと美容を兼ねているんです。

 

 

出発前にミャンマーについて調べているときにタナカの存在を知ったので、実はやってみたいと思ってました。 そしたら、その機会は突然やってきたのです。

 

 

バガンに着いて早々に馬車で寺院仏塔巡りをしたことは#085で書きましたが、その日の続きを今日は書こうと思います。

 

 

f:id:mura306:20171012211337j:plain

f:id:mura306:20171012212216j:plain

とある寺院で子犬の写真を撮っていたら「あそこにリスもいるよ!」とお姉さんに言われました。

 

 

そのお姉さんは、馬車の運転手のスースーさんの友だちらしく、寺院のすぐ横で土産店を経営されてる人だそう。だから、たぶんスースーさんもこのお寺に寄ったんだと思います。そしたら、そのお姉さんが「タナカ、やってみる?」と言ってくれたのです。

「やりますとも!!」

 

 

f:id:mura306:20171012203042j:plain

f:id:mura306:20171012212737j:plain

その場で擦ってくれ、ペースト状になった出来立てを私の顔に塗ってくれました。さらに、爪楊枝を使って、器用に葉っぱのデザインをしてくれました。徐々に乾燥していくにつれて、タナカの色が白くなっていきます。

 

 

f:id:mura306:20171012212614j:plain

お姉さんの土産物屋でミャンマー語の書かれたTシャツが売っていたので、それをさんざん交渉して購入しました(固形タナカのお土産付き)。私が「お願い!」と拝んで値段交渉する様子を勝手に動画におさめたスースーさんは大爆笑し、「いい土産ができた」と言ってました。笑

 

 

f:id:mura306:20171012213129j:plain

f:id:mura306:20171012213410j:plain

f:id:mura306:20171012213324j:plain

その後はエーヤワディー川のクルーズに行きました。15000K→13500Kに交渉。贅沢に、白い船を独り占めしました。

※1K(チャット)≒0.1円

 

 

f:id:mura306:20171012213646j:plain

f:id:mura306:20171012213712j:plain

f:id:mura306:20171012213506j:plain

船からはミャンマー人の日常生活を垣間見ることができました。洗濯物が干してあったり、川で遊んでいたり、おしゃべりしていたり、仕事をしていたり…。なぜ川の近くにバス(しかも日本製)があるのかは謎ですが。笑

 

 

f:id:mura306:20171012213949j:plain

そして、船の揺れが心地よくなり、途中で眠くなり、寝てしまいました。船に乗ると毎回眠くなるのは私だけですか?笑

 

 

f:id:mura306:20171012214337j:plain

船乗り場のすぐそばにブー・パヤー(Bu Paya)があり、黄金に輝いていました。私は外から見ただけですが、ここから見る夕陽は美しいようです。

 

 

f:id:mura306:20171012214516j:plain

確か、ブー・パヤーの入り口付近だったと思いますが、エビのかき揚げ(500K)が売られてました。パリパリで香ばしくて本当においしかったです。

 

 

f:id:mura306:20171012214822j:plain

f:id:mura306:20171012214849j:plain

f:id:mura306:20171012214922j:plain

f:id:mura306:20171012214942j:plain

f:id:mura306:20171012215006j:plain

f:id:mura306:20171012215033j:plain

クルーズの後も、4か所くらい巡ったのですが、さすがにお腹いっぱいになってしまい、何て言う名前の寺院や仏塔なのか忘れてしまいました。ごめんなさい。

 

 

f:id:mura306:20171012215243j:plain

そして、念願のサンセットの時間がやってきました。スースーさんが連れて行ってくれたのはシュエサンド・パヤー(Shwesandaw Paya)という仏塔。バガンの夕陽の名所としてあまりにも有名な場所です。

 

 

f:id:mura306:20171012215514j:plain

f:id:mura306:20171012215628j:plain

f:id:mura306:20171012215648j:plain

f:id:mura306:20171012215710j:plain

アンコールワットの時みたいに急な階段を上りました。もう少し階段で上ることもできたのですが、混んでいて怖かったし、私は一つ下の階で日の入りを待つことにしました。名所なだけにすごい人。

 

 

f:id:mura306:20171012215846j:plain

f:id:mura306:20171012215919j:plain

写真ではそこまで綺麗に撮れませんでしたが、美しい夕陽を拝むことができました。

 

 

f:id:mura306:20171012220230j:plain

偶然近くにいた日本人が「沈んでからも幻想的で美しいんだよ」って言っているのが聞こえ、彼らは空が紫になるのを待つことにしたみたいですが、私は人が少なくなったのを待って降りることにしました。

 

 

f:id:mura306:20171012220404j:plain

宿に戻り、スースーさん&馬車とお別れ。夕陽まで見ることにしたので延長料金を取られたけど、満足でした。一日チャーターで30000K位だったと思います。タナカの時の動画で安くしてもらったら、最後に、『アンタ、ずーっとディスカウントしてたね』って言われちゃいました。笑

 

 

馬車で観光するってのも、珍しくてたまにはいいと思いますよ。件の日本人たちはバイクを借りて、廻っていたら故障して大変だったみたいですが。自転車で廻っている人も見かけましたが、道が凸凹しているので走りづらそうでした。個人的には、サイカーか馬車がオススメです。値段交渉をしっかりして、是非乗ってみて下さい。

 

 

f:id:mura306:20171012220815j:plain

f:id:mura306:20171012220848j:plain

そして、夕食は宿近くのレストランでバガン名物のエビカレー3500K。ちょっとオイリーだけど辛くないし、トマトが効いていてエビ好きの私には絶品でした。また食べたい。

 

 

f:id:mura306:20171012221517j:plain

でも、この夕食の一番のヒットは、ナッツサラダ。香ばしくて、本当においしかったです。が、生の千切りキャベツが使われているので、心配な方は避けた方がいいかもしれません。私はまったく平気でした。

 

 

f:id:mura306:20171012221641j:plain

この後、レストランと宿の間にある日本人宿でwifiを勝手に使ってから宿に帰還。ヤモリ氏が迎えてくれました。笑

 

 

バガン初日は色々な場所に訪れて忙しい日でしたが、翌日は日の出を見に行ってからポッパ山に行きました。その日も色々あったので、また書きたいと思います。