世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。なお、このブログの無断転載および画像の無断使用は禁止とさせていただきます。

#224 シェムリアップでは米ドルを準備すべし。(2019.8)

f:id:mura306:20190811164645j:image

カンボジアの通過単位はリエルです。日本円に換算すると難しいのですが、だいたいリエル÷330=日本円くらい。300で割ると安く感じすぎちゃうし、350で割ると計算しにくいので、400でとりあえず割ってそこから少し端数を切り捨てる感じで私は行ってました。

 

 

はっきり言っていいですか?リエルから円の換算、結構めんどいんですよ。簡単に計算できたら、値段のイメージがしやすいですよね?

 


f:id:mura306:20190811165214j:image

そんなあなたに、声を大にして朗報です!シェムリアップでは米ドルが基本です。6年前も米ドルは使えましたが、2019年はほぼドル表記です。リエル表記はほぼ存在しません。笑

 


f:id:mura306:20190811164828j:image

屋台でも

 

 

f:id:mura306:20190811164842j:image

レストランでも

 


f:id:mura306:20190811165441j:image

スーパーでも米ドル表記のみです!!!

 

 

空港の両替所で円から両替するときにリエルと米ドルが選べるのですが、リエルを選んだ私たちが愚かでした。二択を間違えるとは…。てか、6年前ってここまで米ドルが流通してなかったよね?

 

 

キリの悪い値段(4.75ドルとか)の時にドルで払うと、お釣りがリエルで返って来ます。

 

 

もちろん、米ドル表記しかなくてもリエルでも払えます。1米ドル≒4000リエルくらいで計算してくれます。米ドルで払って、端数をリエル払いということもできる店もありました。そこらへんはフレキシブルです。

 


f:id:mura306:20190811170315j:image

レートはこんな感じ。リエル表記がないんです。

あれ、ここはアメリカでしたかね?笑

 


f:id:mura306:20190811170634j:image

ということで、これからシェムリアップに行かれる方は米ドルのご準備を!シェムリアップでフットマッサージを受けながらの更新でした。笑