世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。なお、このブログの無断転載および画像の無断使用は禁止とさせていただきます。

#185 エビアンの源泉を飲んでみた。 (2016.8)

f:id:mura306:20181215025126j:image

エビアンの源泉、発見!!

 

 

ご無沙汰しております。何となく、ブログ更新をやめてましたが今無性に『フランス行きたい病』が私の体内に蔓延しておりまして…。そういえば、エビアンのことを書いてなかったなぁとふと思い出し、振り返ってみることにしました。

 

 

f:id:mura306:20181216224417j:plain

エビアン(Evian)はフランスにある都市で、ミネラルウォーターのブランド、エビアンの発祥地です。2週間前にいたパリと比べて、人も少なく、のんびり&ゆったりとした時間が流れてました。天気にも恵まれ、日光がまぶしくて暑かったです。

  


f:id:mura306:20181215231324j:image

私は当時ヨーロッパを廻っていて、スイスからUAE経由で日本に帰国予定だったのです。スイスに来た1番の目的はマッターホルン。国連本部で有名なジュネーブ空港から帰国するため、マッターホルンのあるツェルマットから、ジュネーブにほど近いローザンヌまで電車で移動してきたんです。

 


f:id:mura306:20181215231302j:image

ツェルマットでスイスの絶景は十分満喫したし、正直なところ、ローザンヌジュネーブ空港のために立ち寄っただけのつもりでした。が、ローザンヌで1泊するにあたり、ガイドブックで一応調べました。

 

 

ローザンヌの観光名所と言えば…。

 

 

①オリンピック博物館f:id:mura306:20181216223403j:plain

そう、ローザンヌにはIOC本部があるんです。だから、駅にもオリンピック関連の装飾がありました。私がローザンヌにいた時にリオ五輪が開催中だったので、カウントダウンの表示が0でした。ちなみに、私たちはこの博物館を訪れなかったので、展示内容は不明です。笑

 (写真は、ウーシー駅近くにあるオリンピックカウントダウンのモニュメントです)

 

 

②アールブリュット美術館

f:id:mura306:20181215231558j:image

ここ、ヤバかったです。もちろん、いい意味で…。是非行って頂きたいです。いつかスイスを再訪するときにまた行きたい!色々書きたいところですが、ここは一応エビアンの紹介記事ですので、詳細は#016をご覧ください。笑


 

レマン湖

f:id:mura306:20181215231623j:image

ローザンヌの町の南側には、レマン湖と呼ばれる巨大な湖があります。日没の時間帯に行くと、水面に映る雲が次々と色を変えていき、本当にロマンチックで美しいんです。

 

 

f:id:mura306:20181216224218j:plain

そんなレマン湖にはプライベートボートを含め多くの船が停泊しており、その中にエビアン行きの船がありました。そう、スイス(ローザンヌ)とフランス(エビアン)は湖が国境となっているのです。本当はローザンヌ近郊のブドウ畑に行く船が気になってましたが、時間が合わず断念。

 

 

f:id:mura306:20181216221918j:plain

代わりにあったのが、エビアン行きでした。

 

 

f:id:mura306:20181215231712j:plain

『行っちゃいますか…?』

 

 

f:id:mura306:20181216221140j:plain

ということで、相方Kさんと急遽エビアンに渡りました。あまりに急すぎて、ユーロを持ち合わせていないほど。笑

 

 

f:id:mura306:20181215231750j:plain

まっ、何とかなるっしょ?笑

なお、運賃はスイスパスが使えたため払いませんでした。スイスパス、ローザンヌのメトロでも使えたし、アールブリュット美術館の入館料も無料になったし、相当便利です。

 

 

f:id:mura306:20181216221238j:plain

11:00に船はローザンヌを出港。船内はとても綺麗でした。

 

 

f:id:mura306:20181216221401j:plain

なお、2016年8月当時はポケモンGOが大流行中でしたので、こんな注意看板が埠頭にありました。笑

 

 

 

f:id:mura306:20181216215448j:plain
f:id:mura306:20181215231805j:image

11:35にエビアンに到着。わずか35分の船旅でした。まさか、フランスに再入国することになるとは思いませんでしたが、こんな弾丸旅行、嫌いではないです。むしろ、大好き。笑

 

 

一応、某ガイドブックのローザンヌのページには、エビアン日帰り旅行の口コミが書いてありました。それによると、エビアンにはあのエビアン』の源泉があるのだというのです。

 

 

f:id:mura306:20181215231836j:plain

きゃー、あのエビアンの??

といいつつ、あんまりエビアンを飲まないけどさ…。笑

 

 

 

ただ、地図もWi-Fiもユーロも持たぬ私たちにとって、エビアンの唯一の観光情報が『源泉』なのです。こうなったら探すしかない。涙

 

 

f:id:mura306:20181216215920j:plain

しかし、到着早々にすんなりと『evian』の文字を見つけてしまった私たち。早くも、この日帰り旅行の目的達成かと思いきや、こちらはエビアン社による施設でした。もちろん、その中に源泉はなさげ。そもそも閉まってました。

 

 

f:id:mura306:20181216220127j:plain

f:id:mura306:20181216220101j:plain

その後も、街中で蛇口を見つけたら『今度こそ源泉か?』と思いつつも、ただの蛇口に遭遇すること複数回。正直、水は飲み飽きました。笑

 

 

f:id:mura306:20181215231222j:plain
f:id:mura306:20181215232514j:image

f:id:mura306:20181216220344j:plain

しかし、水の街エビアンには、エビアンのブランドロゴが溢れています。どこを歩いていても、視界のどこかにエビアンありって感じです。笑

 

 

f:id:mura306:20181216220451j:plain

f:id:mura306:20181216220526j:plain

途中でエビアンの旗艦店も発見。日本にはないエビアングッズの展示や販売もされてましたが、源泉はなし。

 

 

f:id:mura306:20181216222253j:plain

お腹もすいたし、腹ごしらえをしてからローザンヌに戻ろう…。そう思っていたら、乗ろうとしていた13:15の船の時間に間に合わず、次の船の時間まで1時間半の滞在延長決定。涙

 


f:id:mura306:20181215231857j:image

しかし、エビアンの埠頭周辺はそんなにやることないんですよ。カジノとかもありますが、ギャンブルやらないし…。さらに、日曜だったからか、店は営業していないことが多いし…。

 

 

f:id:mura306:20181216222404j:plain

そんな中、かわいいアトリエにてかわいいポストカード、発見。現金払いのみのお店だったのですが、スイスフランを使うことができました。お姉さん、merci!

 


f:id:mura306:20181215231929j:image

そんなときです。先程通ったエビアンの旗艦店の近くでこの看板を見つけたのは。英語やフランス語で『源泉』って何て言うか知りませんでしたが、source=源の意味から、これが源泉の看板だってのはわかりました。矢印の指す方向に向かいます。

 


f:id:mura306:20181215232114j:image

あったーー!!

 


f:id:mura306:20181215232134j:image

こちらがエビアンの源泉です。無料で注ぐことができます。本来なら、エビアンのペットボトルに詰め込みたいところですが、クロアチア製のペットボトルでご容赦下さいませ。笑

 

 

f:id:mura306:20181216222547j:plain

肝心の源泉の味は…。勿論おいしいのですが、水の味の違いがわからない私には、『これこそエビアンの味だ!』と言えないのが悲しいですね…。私、普段からミネラルウォーターを飲む人じゃないので…。号泣

  

 

ちなみに、偶然中国人グループと一緒になりましたが、彼らは聖なる源泉で靴を洗ってました。笑

 

 

埠頭からエビアン旗艦店に向かう時に『源泉』の看板は視界に入っていたはずなのに、蛇口ばかり探していたら見落としてました。この記事を読んで、エビアンに興味を持たれた方がいらっしゃったら、地元の人に『source cachat』と言えばきっと教えてくださるはずです。

 


f:id:mura306:20181215232234j:image

最後に、おいしそうなケーキ屋さんで休憩。ここのケーキ、おいしかった!あとで気づいたことですが、閉店寸前に入ったのに、快く中で食べさせてくださり、感謝です。

 


f:id:mura306:20181216224739j:image

そういえば、エビアンのご当地ピンバッジもゲット。コレクションが増えました。

 

 


f:id:mura306:20181215232324j:imagef:id:mura306:20181215232349j:image

帰りの船に無事乗り、ローザンヌを目指します。湖の対岸に見えるのが、ローザンヌの街です。帰りもあっという間に到着。

 

 

ローザンヌに戻ってからは、件のアールブリュット美術館でエネルギッシュな作品からパワーをもらい、宿で荷物を受け取ってからジュネーブ空港に向かいました。大事なことなのでもう1回言います。

エビアンもいいけど、アールブリュット美術館もオススメッ!!笑


 

f:id:mura306:20181216223321j:plain

エビアンの源泉の味はエビアンの味なのか?残念ながら私にはまったくわかりませんでしたが、ローザンヌからの日帰り旅行先として、是非エビアンも候補地にどうぞ!