世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。なお、このブログの無断転載および画像の無断使用は禁止とさせていただきます。

#126 エフェスで遺跡巡りをしてみた。(2010.5)

5月13日
翌朝9時に迎えが来て、エフェス遺跡巡りツアーへ。なお、パムッカレで一緒だったドクター夫妻はいませんが、Sさんはいるので安心です。


 

f:id:mura306:20180305213059j:plain

イスタンブールで出会ったアリというトルコ人(日本語ペラペラ)が、パムッカレよりもやたらとエフェスを薦めてきました。日本人が熱海温泉よりも登呂遺跡を薦める感覚でしょうか。よくわからん。紀元前7年ごろから作られた、ローマ遺跡で有名な街がエフェスです。

 

アリについてはコチラ↓


 

ここだけの話なので小さい声で言いますが、正直、私は古代遺跡にはそれほど興味がないのです…。あ、しまった、つい大きい声になってしまった!だって、ローマでも見てきたし、石の遺跡をさほど目新しいものとも感じられず…。あ、また大きい声に…。

 

 

f:id:mura306:20180305215640j:plain

引き続き、小さい声で言いますが、エフェスの見どころと言えば、この遺跡だけなのです。だから、拠点地として来たものの、来たからにはエフェス遺跡に行くしかないのです。笑

 


Sさんも同じ気持ちのようで、ガイドさんがとにかく熱く説明してくれたけど、日中のエフェスはかなり暑くて私たちは完全にうわの空…。というか、私たち以外にも、 ツアーにいたインド人夫妻は、勝手に失踪して、話も聞かずに先にスタスタとゴールしてましたからね。笑

 

 

しかし、エフェスの名誉のためにも、当時の記憶とガイドブックを頼りに、エフェス遺跡について紹介していきます。

 

 

f:id:mura306:20180305213853j:plain

『ケルスス図書館』2世紀に建てられた図書館。ここがエフェス遺跡の目玉らしいです。

 

 

f:id:mura306:20180305214355j:plain

『娼館の広告』 世界最古の広告らしい。足の形の左上にあるハートが可愛らしい。当時は図書館から娼館への秘密の通路があったということで、いつの時代も男性は助平なのです。笑

 

 

f:id:mura306:20180305214707j:plain

『公衆トイレ』実際に座ってみたところ、冷たいし、硬いし、とても踏ん張れそうにありませんでした。あらためて、文明の発展に感謝した瞬間です。笑

 

 

f:id:mura306:20180305213539j:plain

『オデオン』1500人を収容した小劇場。当時は屋根があり、コンサートや集会が行われていたそうです。

 

 

f:id:mura306:20180305214902j:plain

f:id:mura306:20180305214934j:plain

ハドリアヌス神殿』メドゥーサに注意。笑

 

 

f:id:mura306:20180305215028j:plain

『ニケ』勝利の女神ニケ、発見。ナイキの名前の由来となった神様として有名ですね。

 

 

f:id:mura306:20180305213827j:plain

聖母マリアの家』聖母マリアはエフェスで余生を送ったとされているらしいです。

 

 

遺跡見学はこんな感じでした。その後、バスで2か所の工房に連れていかれました。

 

 

f:id:mura306:20180305215920j:plain

f:id:mura306:20180305215800j:plain

まずはトルコ絨毯工房。正直、イスタンブールで絨毯屋にはさんざん行ったのですが、ツアーに組み込まれているので、仕方なく話を聞きました。次々と床に並べられていく絨毯を見ながら「誰も買わないのにな…」なんて思っていたら、先ほどツアーを抜け出したインド人夫婦がまさかの一枚お買い上げ。笑 

 

 

f:id:mura306:20180305220133j:plain

続いて皮工房へ。謎のファッションショーを見学。エフェスに来て、何見てんだかって感じでした。笑

 

 

f:id:mura306:20180305222028j:plain

夕方に遺跡(&工房見学)ツアーが終了。Sさんはイスタンブールへ、私はカッパドキアへ夜行バスで移動するので、ここでお別れです。またいつか再会できますように。

 

 

f:id:mura306:20180305215550j:plain

エフェスの遺跡巡りは、ローマやギリシャの遺跡が好きな方にはオススメだと思います。日中は40度近い気温なので、熱中症には気を付けて廻って下さいね。