世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#235 シェムリアップの宿で飲み会に参加してみた。(2019.8)

居心地の良い町が見つかると、旅人はつい長居してしまうものです。と言っても、多動な私は同じ町には1週間くらいしか滞在しませんがね。行きたいところがたくさんあるんです。笑

 


f:id:mura306:20190903232012j:image

今回シェムリアップで泊まった宿はドミトリーと個室のあるホステルでした。

 


f:id:mura306:20190903232128j:image

ツインルームで1泊11ドルほど。立地を考えるとかなりお得かも。なお、フレディが常駐するイビスホテルは1泊5000円ほどでした。

 

 

我が宿のドミトリーはもっと安い(2.5ドル~)のですが、長期滞在者が少なくとも3人いました。しかも、滞在日数が2年というね。笑

 


f:id:mura306:20190903231221j:image

そんな彼らに誘われて、シェムリアップ滞在最終日の前夜に宿飲み会に参加してきました。宿で定期的に行われているようで、私たちが到着する頃にはアンコールビールの空き缶やラム酒の空き瓶がテーブルに置かれ、みんな出来上がってました。参加者も、カンボジア、イギリス、フランス、イタリア、マレーシア、トルコ、ベトナム、日本(私たち)と多国籍

 


f:id:mura306:20190904064224j:image

2年組は、国を離れた理由はさまざまでしたが、みんなカンボジアで働くこともなく、ひたすら飲んで寝てという暮らしのようでした。旅人の間では、そのような長期滞在者のことを『沈没者』と呼び、インドのベナレス(バラナシ)にもたくさんおりました。そうか、物価の安いシェムリアップも沈没者の集う町だったのか…?

 

 

そんな彼らに、3日間でシェムリアップを離れることを伝えると『そんな短い旅、俺は絶対嫌だ!! 』と我々を完全否定してくるのです。まぁ、旅の仕方は人それぞれだからねぇ。ただ、私からも言わせてもらうと、『そんな長い沈没、私は絶対嫌だ!!』ね。言わなかったけどさ。笑

 

 

すると、隣にいたイギリス出身のおじさんが『でも、日本じゃそんなに長い休みはとれないんだろう?君たちみたいに一生懸命働くってこともいいことだよ』とフォローしてくれました。さすがは紳士の国って思ったら、実は彼もヒッピーで、イギリスの家を捨てて今アジアを廻ってるらしく、10月には日本に行く予定とのこと。そんな生き方もいいよなぁ。でも、真似できないや。

 

 

一番ヒッピーに見えたイタリア人たちは意外にまともで、私たちが日本人だとわかると、1人の美女が『私、シェフだから日本食を作ったことあるよ!サシミとか?』と言い、全員から『切るだけやんけ!』とツッコまれてました。なお、彼らは翌日に空港でも見かけたので、短期滞在だったようです。笑

 


f:id:mura306:20190904064243j:image

しかし、みんなよく飲む。私はお酒を飲むと身体中が痒くなるのでラムコーク用のコーラを飲んでいると沈没者の1人から『は?コーラ?』とバカにされました。体質なんだから仕方ないじゃないか。何でも自分以外を否定しないでよね。(でも、イギリス人紳士ヒッピーは優しくコーラをくれました)

 


f:id:mura306:20190904064255j:image

ちなみに、カンボジアでは、コーヒーコーラ、バニラコーラなど、変わった味のコカ・コーラが売られています。コーヒーコーラは日本でも1年前に売られていたことがあり、私も試しましたが、まさに2つを足した味でした。笑

 

 

ゆるーい会なので、だんだん人が減っていきます。沈没者たちも潰れて部屋に戻ったり、かと思えば急に帰ってきたりしていました。荷造りをしないといけないし、私たちも頃合いを見て部屋に帰りました。

 

 

部屋に戻ってから、沈没者たちの生活について考えてみました。異国で働かず、観光(2年間でアンコール・トムには3回しか行ったことないらしい)も留学もせず、スマホ片手にひたすらゲームをしたり、強い酒で飲み潰れたりする毎日を、私は何日間ならできるのだろうか?彼らは楽しそうではあったのだけども、その沈没生活はいつ終わりを迎えるのだろうか?そのきっかけは?『深夜特急』でも、沢木さんがそのことを書いていたっけ?そんな沈没人生を完全否定はしないのだけども、何だかなぁ。彼らにも何か夢中になれるものが見つかるといいなぁ。でも、こんなこと言ったらキレられそうなので言いませんが。まぁ、好きにしてください。笑

 


f:id:mura306:20190904064453j:image

そんな我らの宿は、Damnak Riverside Bunk Bed Hostels & Bar。スタッフがかなり親切でした。ランドリーも1キロ1ドルで半日で仕上げてくれます。タクシーに宿名を言っても伝わらないので、住所を見せるといいかもです。タイ料理屋の隣でした。

 


f:id:mura306:20190904064520j:image

ナイトマーケットから10分ほど歩きますが、夜でも危険は感じませんでした。むしろ、朝に酔っぱらい?のおばちゃんにクメール語で説教された位。何を言ってるかわからんから叱られ損でしたね。シェムリアップで唯一感じが悪かったのはそのおばちゃんだわ!号泣

 


f:id:mura306:20190904001424j:image

そんなシェムリアップは物価も安いし、治安も良くて人も親切なので確かに長くのんびりしたい町です。が、日本人は短期滞在でもビザがいる国なので、長期滞在する場合は更新をお忘れなく。(2年組も、定期的にビザの更新をしているようです。笑)