世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#218 カンボジアのeビザを申請&取得してみた。(2019.6)

先ほど、カンボジアのeビザをスマホから申請&取得したので、早速その報告をします。

 

 

前回の2013年3月はタイから陸路で入国したため現地取得したので、実はカンボジアでのeビザ取得は初めて(ミャンマーのeビザはある)なのです。時が経ち、文明が進み、カンボジアビザはネットで簡単に取得できるようになったのですね。笑

 

 

とりあえず用意するものは、

①パソコン、スマホタブレットなどの、インターネット接続ができる端末

 

②パスポート(データ)

 

③クレジットカード

 

④写真(データ)

 

⑤プリンタ(すぐプリントアウトする場合)

 

の5点です。

 

 

 

①公式HPにアクセス

まずはこちらのサイト↓にアクセスしましょう。変な日本語ですが、公式サイトです。笑

 「Cambodia e-visa」で検索をかけても出てきます。ただし、「カンボジア eビザ」で検索をかけると似たような名前のサイトが出てきます。それらは代行会社なので気を付けてください。

 

 

 f:id:mura306:20190611163714j:image
f:id:mura306:20190611160731j:image
f:id:mura306:20190611160747j:image
HPはこんな感じ。eビザを取るにはわずか3ステップ!便利ですねー。笑

 


f:id:mura306:20190611164111j:image

色々と説明がありますが、まずは「Apply now」をクリックしましょう。

 

 

②セキュリティー認証
f:id:mura306:20190611164211j:image

6文字の英数字を見たまま入力します。大文字小文字はちゃんと使い分けましょう。私の場合、S4AbPBと入力してから、「今すぐ申し込む」をクリック。上手くいかない場合は「助けが必要?」をクリックするといいと思います。

 

 

③ 個人情報入力

個人情報を入力します。ここで写真が要ります。

f:id:mura306:20190611165245j:image

証明写真のデータを選び、貼り付けます。私は昔の証明写真をスマホで撮ったものを貼り付けました。この写真はあとでビザに残るので、それなりの写真写りのものを選びましょう。笑

 

 

f:id:mura306:20190611165322j:imagef:id:mura306:20190611165331j:image

そのあとは

姓名

電話番号

e-mailアドレス(同じものを2回書いてOK)、

性別

生年月日(左から、日、月、年の順)、

出生国(国リストからJapanを選択)、

国籍の国

住宅アドレス(日本の住所を市町村名から英語で。番地→町→市の順で書きましょう。例えば国会議事堂(東京都千代田区永田町1-7-1)の場合、1-7-1 Nagata-cho Chiyoda-kuまでを書きます)、

都道府県名(例:Tokyo)、

訪問時の住所(カンボジア滞在時の住所。ホテル名でOK。宿未定の人は適当にホテル名を書けば大丈夫!笑)、

私たちについて聞いたことはありますか?は、どこでこのサイトを知りましたか?って感じだと思います。私はGoogleを選びました。何でも、どーでもいいと思います。笑

 

 

③ パスポート情報、ビザタイプ・入国日・入国先入力

パスポート添付

f:id:mura306:20190611194850j:image

まずはパスポートを見ながら、パスポート番号、発行年月日、有効期限、発行国を入力します。必ずパスポートに記載されている通り入力しましょう。

 


f:id:mura306:20190611180340j:image

そのあとはビザについて。eビザでは、Touristビザしか取れません。しかも、シングル。つまり、一度入国したら無効になってしまうため、例えばカンボジアベトナムカンボジアのルートでの再入国はできません。そういう旅をしたい方はMultipleタイプをアライバルで取るか、大使館で事前取得しましょう。あと、eビザは取得後3か月有効なので、早く取りすぎないようにしてくださいね。

あと、パスポートデータは顔写真だけじゃなく、写真のついているページ全体を撮影し、添付しましょう。入力したら、「同意する」にチェックを入れてから、「セーブ」。

 

 

 

③ クレジットカード情報入力→支払
f:id:mura306:20190611180406j:image

まず初めに、値段について。空港でのシングルビザは30米ドルですが、eビザは30+6(手数料)=36米ドルです。高いじゃん!と思うかもですが、アライバルビザには

①空港で並ばなくてはならない

②30米ドル紙幣を用意しなければならない

③パスポートサイズの写真を用意しなければならない(有料で現地撮影も可)

という手間がありますからね。写真とか米ドルの両替手数料とかを準備していたら、eビザの方が結局安いような気がします。

 

 

で、クレジットカード会社は6社から選べるので、希望の会社のマークをクリックするとカード情報入力画面になります。

カード番号16桁

カード所有者氏名(カードに書かれている通りの名前→苗字の順ですべて大文字で入力)、

有効期限(月→年の順で。これもカードに書かれている通りで)、

CVV number(カード裏にある3ケタのセキュリティコード)

を書きます。

 


f:id:mura306:20190611191207j:image

入力の時間制限がある(確か3分以内でカウントダウン付)ので、必ずカードを手元にご用意下さい。そして、CONFIRM AND PAYをクリックしたらこれで終了です。

 

 


f:id:mura306:20190611180422j:image
f:id:mura306:20190611180612j:image
このような画面が出たら申請終了。おつかれさまでしたー。あとは先ほど書いたアドレスにPDFファイルで添付されるのを待つのみです。



f:id:mura306:20190611180537j:image
しかし、この日本語は何とかならんもんかねぇ。笑

 

 

 

 

 ~45分後~

f:id:mura306:20190611191116j:image

15:15に申請が終了したのですが、なんと16:00にメールが届きました。その間、45分。カンボジア人、仕事早すぎだろ。笑

 

 

PDFファイルを開き、A4用紙1枚にプリントアウトしました。白黒でもいいのですが、私はカラーにしました。

 


f:id:mura306:20190611191150j:image

注意事項が載っています。この11箇条を簡単にまとめますと、

①内容を確認し、間違いがあればメールをすること。

②クレジットカード明細にはCambodia e-Visaと記載される。

③このビザでは1回の入国しか認めない。

④eビザではビザシールが現地発行されないため、自分で2枚プリントアウトして、そのうちの一枚を入国審査官に渡し、あと一枚は出国時に渡す。ビザ部分を切って、パスポートに留めておくと便利かも。

⑤到着地の入国システムの情報をあらかじめチェックしておくべし。

⑥eビザは白黒コピーでもカラーコピーでもどちらでも大丈夫。

⑦ビザがあっても、出入国の都市で出入国カードは書かないといけない。

⑧eビザが無効な場所での入国は認められない。(プノンペンシェムリアップなどの有名都市は大丈夫。詳しくは↓⑪にて。)

⑨eビザの代金は返金不可。

⑩入国日時や入国地など、ビザ記載の情報に変更があった場合、HPのCheck and Changeにアクセスすべし。

⑪eビザで入国できるのは、プノンペン空港、シェムリアップ空港、Sihanoukville空港、ポイペト(タイ国境)、Bavet、Cham Yeam、Tropaeng Kreal国境である。(これは今後増える可能性もあるので、出発前に確認しましょう。減ることはないと思いますが、治安によっては変わる可能性ありですね。)

 


f:id:mura306:20190611180641j:image下部分にビザがついています。プリントアウトしたら、必ず間違いがないかチェックしましょう。間違いがなければこれを切り取り、カンボジア入国時に入国審査官に見せればOK。必ず2枚用意し、クリップやホッチキスでパスポートに留めておきましょうね。

 

 

そんな感じで、カンボジアのeビザは予想以上に取得が簡単でした!必要なものを準備さえしておけば1時間で申請&取得ができてしまいます。皆様、ぜひ参考にしていただいて良い旅をーー!!!