世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#206 マルモッタンでモネの『睡蓮』を鑑賞してみた。 (2019.2)

f:id:mura306:20190224233219j:plain

印象派のパイオニア、モネの傑作「印象・日の出」

 

#022、#205に続くモネシリーズ第3弾です。



 

 

f:id:mura306:20190225213255j:plain

パリにあるマルモッタン・モネ美術館は閑静な地区にある美術館で、名前にもあるように、目玉はモネ。ジヴェルニーのモネの生家にあった作品を息子ミッシェル氏が寄贈し、所蔵されています。特に、『印象・日の出』はここでしか見ることができません。

 

 

f:id:mura306:20190225215744j:plain

最寄駅はメトロ9号線(もしくRERのC線)のラ ミュエット(La Muette)。しかし、最寄駅と言いながらも、ここから10分弱歩きます…。

 

 

f:id:mura306:20190225215933j:plain

1番出口から出て、西に向かいます。芝生の広場があり、パリ名物ピクニックが行われてました。笑

 

 

f:id:mura306:20190225220116j:plain

こっちでいいのかなぁ?と、少し不安になるのですが、看板があって一安心。

 

 

f:id:mura306:20190225220229j:plain

進行方向左手に公園があります。この辺りは子どもの遊び場なのか、家族連れがたくさんいました。道に広がって、子どもたちが無邪気に遊んでました。土曜だったからかもしれませんが。

 

 

f:id:mura306:20190225220157j:plain

f:id:mura306:20190225220336j:plain

この突き当りがマルモッタン美術館のある、Avenue Raphaelです。

 

 

f:id:mura306:20190225214740j:plain

マルモッタン美術館に到着!入館料は11ユーロで、開館時間は10:00~18:00です。なお、ミュージアムパスは対象外ですので要注意です。

 

 

マルモッタンは2階建てで、クロークで荷物を預けられますが、なぜか上着は預かってくれませんでした。笑

 

 

美術館内にはモネの友人の作品ばかりが並びます。

f:id:mura306:20190225220534j:plainカイユボットの「パリの通り、雨」や、

 

 

f:id:mura306:20190225221945j:plain

マネが描いたベルト・モリゾ肖像画もありました。ちなみに、マネとモネは活動時期が重なっているため、当時のフランスでも間違えられることがお互いにあった(私も表記の違いなだけで同一人物だと思っていたことがあります。笑)そうです。

しかし、モリゾ、美人だなー。このマルモッタンではモリゾの作品を80点も所蔵しているようです。

 

 

f:id:mura306:20190225223344j:plain

マルモッタン一族の肖像画かな?

 

 

f:id:mura306:20190225224043j:plain

f:id:mura306:20190225224106j:plain

f:id:mura306:20190225224135j:plain

f:id:mura306:20190225224151j:plain

Louis Carrogis氏の作品はとにかくかわいらしい。 フランス革命前の18世紀のフランスってきっとこんな感じだったんだね。

 

 

f:id:mura306:20190225225029j:plain

中世の宗教画の展示もありました。

 

 

これで1階も2階も全部見たけれど、モネの作品が一つもありません。まさか、他の美術館に貸出中なのかしら?学芸員のお姉さんに尋ねてみると「モネはミュージアムショップの奥にある階段を下りるとありますよ。」と言われました。

 

 

f:id:mura306:20190225225407j:plain

1階にあるミュージアムショップがこちら。この奥を進みます。なぜ、こんな僻地に…?笑

 

 

f:id:mura306:20190225225503j:plain

階段を下りると…『睡蓮』が出迎えてくれます。

 

 

f:id:mura306:20190225225543j:plain

f:id:mura306:20190225225628j:plain

f:id:mura306:20190225225735j:plain

f:id:mura306:20190225225747j:plain

こちらもオランジュリー同様、ジヴェルニーのモネの池を描いたと思われる絵が多く展示されています。

 

 

f:id:mura306:20190225225814j:plain

f:id:mura306:20190225230251j:plain

Le pont Japonais日本橋)」というタイトルの絵がありました。ジヴェルニーの池に架かっていた、緑色の橋のことです。オルセーのものとはまた違って色合いがいい感じ。しかし、この絵を描いた頃、モネは白内障を患い、色覚障害に悩まされていたのだとか。セザンヌが『素晴らしい眼』と絶賛したモネの色彩感覚は、赤や黄色が見えずに何もかもが青く見えていたからこそ、赤や黄色が強めに使われているのかもしれません。

 

 

f:id:mura306:20190225230033j:plain

『サンラザール駅』や、

 

 

f:id:mura306:20190225230436j:plain

チュルリー公園を描いたものもありました。

 

 

f:id:mura306:20190225230642j:plain

ルーアン大聖堂、発見!オランジュリー、オルセーに続き、本日3回目。笑

 

 

そして、いよいよ、ここの目玉。『印象・日の出』との対面。それは広い地下室の一番奥にありました。

 

 

f:id:mura306:20190224233219j:plain

やっと出会えました。モネ32歳の時の大傑作です。何て美しい朝日なのでしょう。フランスのル・アーブルという都市の港を描いたこの作品は、旅行前日にたまたま読んだ本に、この絵に関する説明があり、印象派の由来の絵であることを知りました。そして、アールブリュット、ルーブルオランジュリー、オルセーに加えてマルモッタン美術館にも行くことを決めたのですが、大満足。正直かなり急ぎ足だったもののはるばる来た甲斐がありました。写真からはこの美しさは伝わらないかなぁ?これで、パリの美術館ミッションは完了です。

 

 

f:id:mura306:20190225231858j:plain

f:id:mura306:20190225231802j:plain

帰り道にパン屋に寄りました。フランスではブーランジェリーBoulangerieの表示があるパン屋がおいしいそうです。なぜかというと、自分たちでパン生地を作っているお店しかBoulangerieと名乗れないからだそう。確かに、ここのクロワッサン、翌朝に食べたけれど、生地がサクサクで、味もバターの塩味が効いている中にコクがあっておいしかった!作りたてはもっとおいしいんだろうなぁ。チョコレート入のデニッシュも甘くなくて食べやすかったです。

 

 

f:id:mura306:20190225232503j:plain

そんな感じで、マルモッタン美術館ではモネの「印象・日の出」を鑑賞することができます。印象派のルーツの絵を見に、是非行ってみて下さい!