世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#110 チェンマイで象や虎と触れあってみた。(2017.12.24)

f:id:mura306:20180108170756j:image

時系列が逆になりますが、チェンマイ初日に遠出をして、象乗りと虎に触れる体験をしました。

 

 

f:id:mura306:20180106142619j:plain

交通手段はトゥクトゥク象+虎+お寺で往復1000→800バーツ。ドイステークにはトゥクトゥクでは行けないから、途中で息子さんの車に交代しつつ、チャーターしました。

 

 


f:id:mura306:20171226021529j:image

まずはエレファントキャンプ。思ったよりも遠くてトゥクトゥクでかなりの時間がかかりました。

 

 

1人1500バーツで、

①牛乗り

②象乗り

③象ショー

④ラフティング

⑤ビュッフェランチ

がついてました。

 


f:id:mura306:20171226153612j:image
f:id:mura306:20171226153640j:image

まずは牛乗り。高台に上り、そのまま牛の荷台に乗り込めます。

 


f:id:mura306:20171226153753j:image

ラクダ、象、馬に乗ってきた私ですが、牛に乗るのは初めての体験でした。『牛歩』という言葉の意味がわかるほど、なかなかのんびり歩きます。快適で楽しいです。

 

 

途中で相方Kさんがバナナのエサ(20バーツ)を買ったら、急に速度を速め、張り切るところが現金でかわいかったです。笑

 

 


f:id:mura306:20171226154103j:image
f:id:mura306:20171226170545j:image

続いて、象乗りバンコクとジャイプール(インド)で乗ったことがありますが、長く乗ったのは今回が初めてでした。川を渡ったり、坂を上ったり下ったりするのがスリリングでした。冷や汗たらたら。

 

 
f:id:mura306:20171226154209j:image

というか、落ちるか不安で怖かったです。地に足がついていないと不安なんです。1人で叫んでしまいました。絶叫していたのは私だけでしたが。笑  

 

 

ツアーによっては、象の背にそのまま乗ってる人もいたけど、見ている方が怖かったですよ。

 


f:id:mura306:20171226154153j:image
2回くらい、さとうきびポイントがあり、30バーツでエサをあげることができます。象のムックラーちゃん(25歳、♀)はまだまだ食べ盛り。 

 

 


f:id:mura306:20171226155207j:image

続いて、象のショーを鑑賞。

 

 


f:id:mura306:20171226155240j:image
f:id:mura306:20171226155325j:image
f:id:mura306:20171226155356j:image
象たちがサッカーのシュートをしたり、マッサージをしたり、ちび象がごろんと寝転んでほっこりしたりと、芸達者な象たちが楽しませてくれます。その中でも私たちが見たかったのは…。

 

 


f:id:mura306:20171226155530j:image

f:id:mura306:20180106142914j:plain

お絵描き象!象が絵の具を使って、器用に象の絵を描く姿に感動。

 


f:id:mura306:20171226155636j:image
絵は一点1000バーツで販売されました。もちろん、売店でも買うことができます。できたてを買いたいなら、その場で買うべし。早い者勝ち。 

 

 
f:id:mura306:20171226155744j:image

そのあとはタイガーキングダム。虎と写真を撮ることができます。

 

 

虎のサイズによって値段は異なります。年齢や身長制限があり、小さい虎しかだめかと思いきや、最大サイズのジャンボを選択することができました。10枚の写真撮影とCDがついて1300バーツ=4736円。

 

 


f:id:mura306:20171226170728j:image

誓約書を読んでから、いざ、檻の中へ…。

 


f:id:mura306:20171226170802j:image

目の前に虎がいる光景は、人馴れしていて安全だとは思っても怖かったです。ただ、この虎は所謂獣臭が一切しなくて清潔でした。毛並みもツヤツヤで気持ちよかったです。Kさんが尻尾をさわると嫌がりましたが。笑

 

 

f:id:mura306:20180108170621j:plain

噛まれなくてよかった。号泣

 


f:id:mura306:20171226171039j:image

触っていい場所などの制限があるジャンボと違って、小さいホワイトタイガーはこんな感じで寝ていました。何て無防備。笑   

やはり、虎もネコ科なんだなぁと実感。

 

 

 

チェンマイは動物にふれあうツアーがたくさんあるように思います。日本ではできない体験を是非!