世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#090 インレー湖の水上村をモーターボートで巡ってみた。 (2015.12)

f:id:mura306:20171023203005j:plain

インレー湖には水上生活をしている住民がいます。各家には木製の手漕ぎボートが置いてあり、彼らはそれを使って湖内を移動しています。

 

 

f:id:mura306:20171023203137j:plain

12:00発のモーターボートツアーの予約が取れたので、5人で1隻のボートをシェアしました。1人あたり3000K≒300円という格安ツアーです。メンバーはイギリス人のK夫婦、イギリス人バックパッカーJ氏、日本人男性(とにかく気が合わない人だったので名前を忘れたw)の5人です。

 

 

f:id:mura306:20171023203535j:plain

f:id:mura306:20171023203704j:plain

f:id:mura306:20171023203748j:plain

ライフジャケットを付けて、いざ出発!ニャウンシュエから運河を南下し、インレー湖に入ります。

 

 

f:id:mura306:20171023203806j:plain

インレー湖に入りました。一気に目の前の景色が変わります。

 

 

f:id:mura306:20171023203844j:plain

インレー湖の漁師さんは写真慣れしているため、ボートが通るとポーズを取ってくれます。笑

 

 

f:id:mura306:20171023204207j:plain

f:id:mura306:20171023204302j:plain

湖の中は浮草がたくさん生えており、ボートの上からもはっきり見えました。

 

 

f:id:mura306:20171023204459j:plain

突然湖上に現れた仏像。守り神のような存在なのかもしれませんが、カラスに囲まれてました。笑

 

 

f:id:mura306:20171023204639j:plain

f:id:mura306:20171023204714j:plain

漁師さんたちの動きがとても興味深く、見ていて飽きませんでした。片足でバランスを取りつつ、もう片方の足でオールを漕ぐ独特のスタイルで漁をしていました。その所作がとにかくかっこよかったです。

 

 

f:id:mura306:20171023205044j:plain

親子かな?手伝いをしながら、その匠の技は受け継がれていくのでしょう。

 

 

f:id:mura306:20171023205142j:plain

浮草の量が増えて来ました。 それと同時に景色も一転。

 

 

f:id:mura306:20171023210152j:plain

インレー湖では水耕栽培が行われていて、トマトなどが作られていました。 

 

 

f:id:mura306:20171023210610j:plain

そして、人々が住む水上村に到着。

 

 

f:id:mura306:20171023210634j:plain

f:id:mura306:20171023210717j:plain

f:id:mura306:20171023210815j:plain

f:id:mura306:20171023210845j:plain

木造建築の家は、支柱が傾いたりしていながらも湖の上にしっかりと建っていました。そして、プライベートボートが各家庭に用意されていました。

 

 

f:id:mura306:20171023211205j:plain

f:id:mura306:20171023211252j:plain

f:id:mura306:20171023211320j:plain

水上村内に立派な建物がありました。これ、高校なんだそうです。通学手段はボートかな?

 

 

f:id:mura306:20171023211404j:plain

ちびっこ船乗りたちも、一人前に片足で船を漕いでいるのがスバラシイ。笑

 

 

f:id:mura306:20171023212434j:plain

職場のバックパッカー先輩の言う通り、インレー湖の水上村バンコクの水上マーケットとは全く違いました。この写真はバンコクの水上マーケットを撮ったものです(in 2004)。インレー湖の住民はガチな水上生活をしていますが、バンコクの水上マーケットの家は正確には水上には建てられていません。

…イヤ、これでも私からすれば十分すごい生活ですがね。笑

 

 

f:id:mura306:20171023211720j:plain

この後は工房やお寺巡りが続き、ラストに湖上で夕陽を見ました。写真がいっぱいで長くなりそうなので、ボートツアーの後半は次回に…。