世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#065 ジョードプルで靴を直してもらってみた。 (2017.08.24)

f:id:mura306:20170824213127j:image

沖縄のアメリカンビレッジにあるアジア雑貨店(わかりにくいですね…笑)で買った赤い靴を長年愛用しているのですが、ついに底部分が一部とれてしまい、雨の日に履けなくなってしまいました。

 

 

実は今回のインド旅行で、靴職人がいたら直してもらおうと思い、日本からわざわざ持ってきたのです。

 

 

デリーでもプシュカルでも時間がなかったし、職人を見つけることができなかったのですが、遂に今朝、ジョードプルの時計台のそばで発見。お願いすることにしました。

 


f:id:mura306:20170824211725j:image
f:id:mura306:20170824211841j:image

まず初めに、踵部分の糸を取り、刺繍をやり直してくれました。慣れた手つきで器用にやってくれます。『10分後に来ればいいよ』って言われたけど、ずーっと見ていました。

 


f:id:mura306:20170824211959j:image
そしたら、案の定インド人ギャラリーが代わる代わる集まってきます。笑

 


f:id:mura306:20170824212035j:image
そのあと、強化するためにゴム底を足してくれました。まずは釘で固定します。

 


f:id:mura306:20170824212135j:image
f:id:mura306:20170824212250j:image

研いだ刃物ではみ出した部分を綺麗に切り取ります。匠の技に惚れ惚れ。

 


f:id:mura306:20170824212332j:image

f:id:mura306:20170903222003j:plain

バランスを保つためにもう片方もやってもらい、完成。これでまたしばらくは履けそうです。

 


f:id:mura306:20170824212401j:image

おじさん、ありがとう!

 

 

f:id:mura306:20170824212428j:image

両足分が完成した頃には、30人以上のギャラリーが私たちを囲っていました。見事にみんなメンズ。笑

 

 

靴の修繕費用は300ルピー、日本円で600円です。たぶん、もっと安くすることもできたと思うけど、おじさんの靴職人としての技を見て、安くするなんてとてもできませんでした。日本だとこの10倍以上するだろうし、気持ちよく払って、大満足でジョードプルの街を歩きました。

 


f:id:mura306:20170824212833j:image

おじさんが働く時計台付近がこちら。漫画『ワンピース』の舞台らしいですが、私は見たことがないのでわかりません。笑

 

 

ジョードプルは本当にブルーシティでした。この事はまた次回書こうと思います。

 

 

今から、『悪党都市』デリーまで電車で戻ります。ああ、帰りたくない…。涙