世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#038 インドでアノーキーミュージアムに行ってみた。 (2011.12)

f:id:mura306:20170711231358j:plain

インドにはANOKHI(アノーキー)というテキスタイルブランドがあります。インドの物価としては高級店らしいのですが、日本人の感覚からすれば格安でかわいい布製品が購入できます。系統としてはPaul&Joeといった感じでしょうか?模様や服の形はインドっぽいところもありますが、「本家」の10分の1で買えます。ハンカチは100円くらいで買えてしまうし、細かい模様が一面にちりばめられていて、とてもかわいいのです。

 

 

HPもあります。

 

f:id:mura306:20170711235610j:plain

デリーはもちろん、インド中に支店がある(でも、ベナレスにはない)のですが、本店はジャイプール

 

 

f:id:mura306:20170711235637j:plain

本店は広くてインテリアもおしゃれでした。

 

 

f:id:mura306:20170711235716j:plain

カフェも併設しています。

 

 

f:id:mura306:20170711235743j:plain

私がアノーキー本店で買ったのがこちら。15000円くらいだったと記憶しています。買いすぎ?笑

 

 

f:id:mura306:20170711231716j:plain

さらに、ジャイプールには、アノーキーミュージアムというテキスタイルの博物館まであるのです。

 

 

f:id:mura306:20170711231951j:plain

この看板が目印。アンベール城から結構近かったと思います。私は車で向かいました。

 

 

f:id:mura306:20170711232238j:plain

ミュージアム内にもお店があり、購入ができます。

 

 

f:id:mura306:20170711232140j:plain

テキスタイルミュージアムなので布地が展示されていたり、

 

 

f:id:mura306:20170711232405j:plain

ショッピングバッグの展示も。

 

 

f:id:mura306:20170711232439j:plain

道具も展示されています。

 

 

f:id:mura306:20170712000029j:plain

内装もいい感じ。

 

 

f:id:mura306:20170711232538j:plain

そして、このミュージアムでは自分でオリジナルハンカチを作ることができるのです。(確か、Tシャツも作れたはず。)模様は決まっているので選べません。当日予約でできました。てか、他に作っている人がいませんでした。笑

 

ちなみに、某ガイドブック2011年版では「ハンカチは無料で作ることができます」って書いてありますが、おもいっきり有料ですので注意です。値段は忘れましたが、1000円もしなかったはず…。

 

 

f:id:mura306:20170711232908j:plain

まずは練習用の布で作ります。スタンプを押す感じで作っていきます。

 

 

f:id:mura306:20170711233116j:plain

枠はこんな感じ。

 

 

f:id:mura306:20170711233241j:plain

内側にも模様スタンプを打って、練習用の布、完成。

 

 

f:id:mura306:20170711232707j:plain

インストラクターさんが付いてくださるので安心して作ることができる…。

 

 

 

 

訳ないじゃん。笑

 

 

 

「オレ、お茶してくるから、頑張ってー。」と言って、インストラクターは途中でいなくなりました。涙

 

 

f:id:mura306:20170711233630j:plain

15分くらいで戻って来ましたが、その間に本番用の布のスタンプの向きを間違えた私。そして、それを険しい顔で確認するインストラクター。↑

 

 

イヤイヤ、アンタのせいですよ??号泣

 

 

f:id:mura306:20170711233837j:plain

内側にもスタンプを押します。不在を反省したのか、手を添えて教えてくれるインストラクター。(でも、絶対反省する訳ないよね。笑)

 

 

f:id:mura306:20170711234057j:plain

何だかんだでできました。若干向きが違うのが目立つけど、ノープロブレム!!

 

 

f:id:mura306:20170711234144j:plain

インクを乾かすために、アイロンがけをしてくれました。

 

 

f:id:mura306:20170711234243j:plain

完成した作品がこれ。いかにも芸術家という感じのインストラクターでした。

 

 

f:id:mura306:20170711234439j:plain

練習用の布は彼が色を付けてくれ、お土産にしてくれました。向かって一番奥が彼の作品なのですが、「ほしい!!お願い!!」と頼んだら、内緒でくれました。旅仲間Yちゃんとじゃんけんをしたら私が勝ったのでゲット。笑

 

 

f:id:mura306:20170711234651j:plain

入場料は2011年当時で30ルピー。インドでアノーキーのテキスタイルに魅せられた方にはオススメのミュージアムです。