世界流離日記

『世界流離(さすらい)日記』と読みます。海外旅行での喜怒哀楽の経験を中心に投稿していきますのでよろしくお願いします。

#215 アンコール遺跡弾丸ツアーに参加してみた。(2013.3)

前回の続きです。2泊3日のバンコク発の21500円シェムリアップツアーですが、1日目は夕方に到着し、3日目は朝食後に国境に向かったのでアンコール遺跡群の観光は正味1日でした。たった1日でアンコール遺跡群を廻れたのか?今回はそのことについて書こう…

#214 カンボジアに入国してみた。(2013.8)

あの時は、ワットに幌がかかっていたんです。 令和最初の投稿です。笑 今夏の旅行先が決まりました。それはカンボジアとベトナムです。 ベトナムに関しては『2度と来ねえからな!』とハノイ空港でタクシーの運転手に捨て台詞を吐いて、ベトナムドンを全て使…

#213 乾季のインドに持っていってよかったものを挙げてみた。

平成最後の更新です。以前、雨季のインド旅行の持ち物について書いたところ、私のブログの閲覧者数の上位記事に常になっております。 いつも読んで下さってありがとうございます。…と、お礼をしたところで、今回は乾季のインド旅行で持っていってよかったも…

#212 冬のヨーロッパ旅行の持ち物について。

今年2月に初めて冬のヨーロッパに行ってきました。今さらながらの投稿ですみません。冬のヨーロッパであるとよかったものを挙げてみます。次の冬旅行で参考にしていただけたら幸いです。笑 なお、今回の私のルートは 日本→(香港・カタール乗継)→パリ(2泊) …

#211 ローザンヌでアールブリュット・ジャポネに行ってみた。(2019.2)

アールブリュットの日本人アーティスト展へ行ってみたシリーズ第2弾。 すみません、気がつけば最後の更新から1ヶ月以上経ってしまいました。この1ヶ月、転居やら転職やらでバタバタしておりました。 ということで、2月半ばにスイスのローザンヌにある、ア…

#210 パリからローザンヌまで電車で移動してみた。(2019.2)

パリで美術館巡りをした私は第2の目的地であるローザンヌまで移動しました。アクセスは三種類あり、飛行機(ジュネーヴ空港から電車)、バス、電車から選べます。バスだとかなり安く行けますが、やはり時間はかかるので、電車で行くことにしました。 電車の予…

#209 パリの北駅を利用してみた。(2019.2)

パリの北駅(Paris Gare du Nord)はド・ゴール空港からの直通電車やパリ郊外へ向かう電車の発着駅です。RER鉄道とメトロが行き交うこの駅は大変便利なのですが、イマイチ治安がよくないようで…。 しかし、今回の旅は何せ時間がなかったため、宿を北駅の徒歩圏…

#208 パリの自動改札に挟まれてみた。(2019.2)

カルネ(carnet)とは、10枚セット販売の回数券のことで、ゾーン制限はあるものの、メトロ・RER(鉄道)・バスで使えます。使用期限はなし。毎回券売機で切符を買う手間も省けるし、値段もお得。私はパリに3日間(時間的には48時間以内w)滞在したため、モビリ…

#207 オルセー美術館でゴッホの絵画を鑑賞してみた。 (2019.2)

絵が光輝いていて、艶やかで、本当に素晴らしかった。 フィンセント・ヴァン・ゴッホはオランダ生まれの画家で、2000点ほど描いた絵画のうち、たった数点しか生前に絵が売れなかったと言う悲運の持ち主です。名画『ひまわり』はあまりに有名ですね。 パリに…

#206 マルモッタンでモネの『睡蓮』を鑑賞してみた。 (2019.2)

印象派のパイオニア、モネの傑作「印象・日の出」。 モネシリーズ第3弾です。 パリにあるマルモッタン・モネ美術館は閑静な地区にある美術館で、名前にもあるように、目玉はモネ。モネの息子ミッシェル氏が寄贈した作品が多く所蔵されています。特に、『印…

#205 オランジュリーでモネの『睡蓮』を鑑賞してみた。 (2019.2)

クロード・モネは印象派代表の画家で、睡蓮(Les Nymphéas)を始めとする絵画が有名ですね。 オランジュリー美術館は印象派の作品が多く所蔵されています。目玉はモネの連作『睡蓮の間』。360度の大パノラマで、睡蓮が壁一面に展示されているのです。 パリ郊外…

#204 モンマルトルの丘を歩いてみた。(2019.2)

モンマルトルの丘から見えたエッフェル塔。 芸術家の集う街、モンマルトルはパリで一番標高が高いところにある街だそうです。また、ムーランルージュを始め、キャバレーの集まる歓楽街と言う別の顔も持っており、私はそれほど感じませんでしたが治安はあまり…

#203 再びパリでスリ未遂に遭ってみた。(2019.2)

今回の旅行では、コンコルド駅にはさんざん振り回されました…。涙 パリのメトロでまたしてもスリ未遂に遭いました。パリ滞在4回中、スリ未遂はこれで2回目。1回目は地下鉄が来るのをホームでカバンを抱えて待っていたら、腕にスリの手が当たって発覚。夏…

#202 アールブリュット ジャポネⅡに行ってみた。

この作品はある日本人女性演歌歌手の顔とのこと。さて、誰でしょうか? 今回の旅の一番の目的である、アールブリュット・ジャポネⅡに行ってきました。パリのモンマルトルにある、アル・サン・ピエール美術館で2018年の9/8~2019年の3/10まで催されています。…

#201 ローザンヌで日本食を食べてみた。(2019.2)

人生初の2000円ラーメン! 海外で日本食シリーズ第3弾。アンドラ、フィジーに続き、ローザンヌでも日本食を試してみましたよ。そのレポートをします。 スイスのローザンヌは駅から北側は上り坂、南側は下り坂となっています。アールブリュット美術館方面に…

#200 ドーハのシティーツアーに参加してみた。(2019.2)

カタール航空機内より、祝、200回目★笑 先ほど、シティーツアーから帰ってきました。どんな内容だったか、早速報告したいと思います。ちなみに、フリーWi-Fiを使って機内から。笑 私が申し込んだのは20:00発のシティーツアーでした。集合時刻の18:50になると…

#199 カタール航空のシティーツアーに申し込んでみた。(2019.2)

今、ドーハのハマド国際空港にいます。カタール航空の乗継待ちの乗客限定でシティーツアーを行っていることを知り、申し込んでみました。 事前に調べたネットや某歩き方情報だと、無料で3時間弱のツアーに参加できるらしいとのこと。先着順の人気ツアーらし…

#198 ジレ・ジョーヌを目撃してみた。(2019.2.16)

パトカーの音をさんざん耳にした1日でした…。 ジレ・ジョーヌ(Gillets Jaunes=黄色いベストという意味)とは、黄色いベストを着たフランス市民が政府に対して毎週末に行っている反政府運動をする団体のことで、先週末(2/9)の段階で13週目が行われていました…

#197 カタール航空を利用してみた。(2019.2)

カタール航空を初めて利用してみたので、その経緯と感想について今回は書きたいと思います。 パリ旅行の計画は出発の1か月前くらいから始めました。トラベルコちゃんのHPを毎晩チェックし、一番安くて要領のいい日時をひたすら模索しました。 ある日にタイ航…

#196 香港空港で暇潰ししてみた。(2019.2)

ただいま、香港国際空港にて、ドーハ行きの乗継便待ちです。皮肉にも隣のゲートはパリ行き。それに乗ればそのままパリに行けるのですが、私は一旦ドーハに寄らなければなりません。これも格安航空券の運命です。笑 乗継待ち時間はおよそ5時間。香港市街地に…

#195 非常口近くの席を利用してみた。(2019.2)

今、香港にいます。今年は2/5~2/19が春節のため空港はお祭りモード。これから更にドーハ経由でパリに向かう途中です。 カタール航空で航空券を取ったのですが、香港まではキャセイパシフィック航空とのコードシェア便で来ました。というか、キャセイです。…

#194 一人旅の機内での過ごし方について。

私は一人で海外旅行に行くことがよくあります。一緒に行こうとしてた人と予定が合わなかったり、現地合流だったりと、理由は様々ありますが、時には終始日本人とすれ違うことすらない一人旅というときもあります。涙 そんな一人旅のときって暇をもて余すんで…

#193 ヴァチカンでスリ被害に遭ってみた。(2007.8)

この時だ!! 絶対、この時だ…。 ローマ3日目は観光地を色々巡ったのですが、その前に、スリ被害に遭った件を先に書きます。 私がスリ被害に遭ったのは正確に言うとヴァチカン市国内でした。でも、実はいつ盗られたのかはまだ不明なんです。さすが、プロの…

#192 カプリ島で青の洞窟に行ってみた。 (2007.8)

洞窟は 水位高いと 入れない…。 前回の続きです。ミラノからローマまで電車で移動しました。 テルミニ駅は影まで計算されたデザインがおしゃれでした。 でも、地下鉄は落書きだらけ。当時はびっくりしましたが、ヨーロッパ全土で当たり前の光景なことに気付…

#191 ミラノで『最後の晩餐』を見てみた。(2007.8)

『最後の晩餐(Cenacolo Vinciano)』はイタリア・ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会にある壁画です。作者は、あのレオナルド・ダヴィンチですので、あまりにも有名な宗教画だと思います。イエスが十二使徒と共に死の前夜の食事をしながら、『…

#190 ミラノで詐欺&スリ軍団に遭遇してみた。(2007.8)

まずは結論から。ミラノ…いや、イタリアでは詐欺師たちに要注意! イタリアというと、日本人観光客がスリや詐欺の被害に遭うことが多いことで有名な国です。これはもちろん、日本人が海外旅行先にイタリアを選ぶ人=分母が多いこともあるのですが、もちろん…

#189 日本国パスポート、最強説について。(2019.1現在)

本日、ブータン人の友人が祖国に帰国しました。直行便はないため、バンコク経由なのですが、乗継便待ち時間でタイに入国しようとしたところ、観光ビザと10000バーツ分の現金が必要とのこと。そうか、日本人だとビザ不要の国も、国籍が異なると状況は変わりま…

#188 タイとラオスの国境に行ってみた。 (2012.12)

ラオスの首都ビエンチャンからバスでタイのノーンカーイ(Nong Khai)という町に行くことができます。国境はメコン川。川向かいに異国があるって、私たち日本人からすると変な感じですね。今日はそのときのことを書こうと思います。実は1年前に書きかけてい…

#187 イギリスの食事事情について。(2005&2007)

個人的ナンバーワンはこれです。 イギリスと言えば、御飯がマズいということで悪名高き国なのですが、それも曇天が多い気候→農作物が育ちにくいという事情もあるようで、一概にイギリスを責めることもできない私なのですが、まぁ美食の国ではないことは間違…

#186 モン・サン・ミッシェルで名物オムレツを食べてみた。(2007.8)

名物オムレツは星いくつ…? ふと沸き上がったフランス熱により、10年以上前のフランス旅行について振り返ります。今回はモン・サン・ミッシェルについてです。 モンサンミッシェルは、フランスのノルマンディー地方にある修道院(と島全体を指している時もあ…